こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

田んぼに「絵文字」描き方教えてください

2013年09月22日 07時01分18秒 | Weblog


 午後5時ごろ帰宅すると妻から「糸島に赤米で絵文字の田んぼがあるので見に行こう」と言われ出かけてきました。
場所は、「まむし温泉」の少し上のほうに登ったところで、40分ほどで着きました。
 
 田んぼの中に「やっぱあ!!糸島だ」と描かれていました。
展望台も設けてあり、「どうして描いたのだろう」と不思議です。
来年は、自分もやってみたいと、少し好奇心が湧いてきました。知っている方は教えてください。
「ひがん花道路」を少しドライブして帰ってきました。 




コメント

江里地区の彼岸花は満開

2013年09月22日 06時40分47秒 | Weblog


 佐賀での会議の後、佐賀市議選で2人から3人に増やし「議案提案権で市民の声を届けます」というビラと中山重俊市議を紹介するビラをセットで山口勝弘北部地区委員長と「大和地区」をポスティングしました。
残暑が厳しく汗びっしょりなりました。それでも勝ってほしいとせっせと一戸一戸郵便受けに届けました。

 帰りに、小城市江里地区の「彼岸花」を見ようと立ち寄りました。
江里地区は、天山山系の中腹に位置し、標高250㍍に広がる棚田約600枚を数える農村地帯です。
この棚田に萌えるような朱色のじゅうたんを敷き詰めたように彼岸花が咲いていました。
ここは、日本棚田百選。農村景観百選。22世紀に残す佐賀県遺産にも選ばれているそうです。

 この日のために、地区民が協力し草払いや出店などで迎えてくれました。
今年は、天気の加減で「時期を過ぎているのか」と思って見ました。
それでも、多くの観光客が散策し、カメラに彼岸花の美しさを納めていました。







コメント

ランキング

blogram投票ボタン