こんにちは浦田関夫です

市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。

フジテレビ「とくだね!」

2011年06月22日 05時29分48秒 | Weblog


 昨日朝のフジテレビ「とくだね!」で数秒間私のコメントが放送されました。



 一昨日、議会終了後に控え室で1時間ほど取材されました。
 番組の内容は、レポーターの平野早苗さんが、玄海原発周辺部の住民の声を聞くもので「玄海町は沈黙の町」と藤浦晧玄海町議が紹介していました。

 



 玄海2~3号機の再稼働問題で、26日に国が県民向けに「説明会」を開くとしています。
そのやり方が姑息です。
国が県民なかから4~5人を選任し、保安院職員が説明し、その人が質問する様子をケーブルテレビやインターネットで生中継するというものです。
視聴者は質問があれば、FAXやメールでうけつけるというものです。

 国の担当者は「準備期間の問題もあり、広い会場で大人数はやることは検討していない。CATVやインターネットで見てもらえる」と説明しているといいます。

 こんなやり方をよくも思いつくもですね、こんな発想を「上から目線」というのではないでしょうか。
これは、「県民排除の説明会」にしか見えません。
古川知事は、「国にキチンと説明責任を果たすべき」としながらも、このやり方に黙りです。

 県民説明会というのは、「県民の誰でもが参加でき、質問が保証」されるてこそ説明会というものです。(しかも複数箇所)
こんなやり方を「再稼働のアリバイづくり」といわずに何というのでしょうか。

 国は、そんなに自信がないのであればやはり「原発は危険」ということを認めたことになります。

 
コメント (1)

宮崎からの贈り物

2011年06月22日 05時24分56秒 | Weblog


 昨日の朝、一人の青年(29歳)がミニトマトを持って訪ねてきました。
その青年は、数年前に「就農したい」と私の使っていない畑を貸していた事がありました。

 その青年が宮崎の就農支援を受けて移住していたことは知っていました。
突然の訪問にびっくりしました。
当時は、ひ弱な感じがしていましたが、今ではたくましく男らししい青年に成長していました。

 22アールのハウスにミニトマトを育てているそうです。
忙しいときは近所の方をパートにお願いしていると、少しずつ自信をつかみつつある姿を感じました。
そんな青年がもっと増える事を期待したいものです。
農産物が生産価格を上回るような流通システムを作ることが、後継者支援につながると思います。

 頂いたミニトマトを仏様にあげて、彼の成功を念じました。

コメント

ランキング

blogram投票ボタン