そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気持ちが小さいんでしょうか

2016-02-27 21:27:56 | 日記
末っ子の、いろいろを、夫が全部やりたがって、ありがたいと思うのが普通なのに、とても悔しい。

朝ごはんも少し他の事をしていると、夫が先に作ってしまう。
しかも、末っ子と自分のぶんだけ。

しまじろうも楽しみにしているのに先にやられてしまう。

ありがたいと思うのが普通なのにな。

泣きたくなるほど嫌なんだな。

それを言えない自分。
今までの事が積もりすぎて、何も言えない。

思い出したくもないいろいろ。
このブログ以外は全部捨てた日記に、それは書かれてあった。
忘れ去ったつもりだった。

ぶり返すのは危険。だけど…。

単純に、末っ子だけを特別にかわいがっているのが嫌。

人として許せない。

でも、伝えても変わらないことがわかったし、彼は自分が間違っているとは思っていない。虐待してるわけじゃないからね。
でも、精神的に、他の3人の子どもたちは寂しい思いをしている。

そういう人間もいる。
私とは違う、考えを持つ人がいる。
それがたまたま夫なだけ。
全て同じ考えを持つ人なんてありえない。

違いがあるだけ。

理想的な、夫なんて、そんないない。と思いたい。

話し合いができない夫婦は本当はダメな夫婦だけど、そこは見て見ぬフリでいくと決めた。

掘り下げて、原因を明らかにして、それで良くなる事は微塵もないと知ったから。

気持ちをわかってくれない、どうやったら相手が傷つくかもわからない、かわいそうな人。

相手に対して、私もそれくらいの感じになってしまう。

傷つけてくるんだから、傷つけていいだろう。なんて、最低な感じにしてしまう事もある。

こんなだから、子どもたちは、うまく育たないんだろう。

不登校なったりしてるしね。

ちゃんと親が悪いってわかっている。

符号が合わない、パズルが合わない?

だけど、完璧な夫婦は少ないとも思う。

でも、うちみたいな仮面夫婦より、良い夫婦はたくさんいるとも思う。

ケンカして、お互い言い合って、ぶつかって、一緒に成長して、という人たちもいる。

そうしたかった。
そうしてみた。
でもダメだった。
恐怖しか残らなかった。

怖い、許せない、に、フタをして、
ごまかして生きてる。

いつまでこのままかって、一生なんだろうな。

末っ子が、巣立ったら、私もフリーになりたい。
末っ子が高校卒業まであと13年くらい。
別れないまでも、どこか違う所へ行って、自分の好きなことをやりたい。

違う場所で、ものを作ったり、何かを見に行ったり、自分だけのために生きたい。

子どもたちが育てば目的は達成だから。
結婚は、それだけが目的。
子孫を残せただけで充分過ぎる。

夫婦お互いが
我慢しっぱなしなんだから、
お役御免したら、お互い好きなようにしたらいい。

娘の友だちのお母さんが、離婚して、東北へお嫁に行くことになった。

自由すぎるが羨ましい。
一度きりの人生だからな。

楽しい場所を見つけたいな。
コメント

不安(^_^;)

2016-02-23 15:41:14 | 日記
次男の中学校の話。

行かないことにした中学校の説明会を断る電話をして、明日は教育委員会へ相談しにいく。

明日相談して、もう気持ちに変わりがないかを多分再確認して、行くつもりの中学校の手続きのことを聞けると思う。

本人はわりと穏やかで、気持ちもそんなに荒れてはいない。

気持ちがざわざわしているのはむしろ私かも。

この後いつものように小学校へ顔を出しに行って、というお仕事が残っている。

そういった日常ですら、ちょっとしたことが不安感を引き出してしまう。

心をうまくトレーニングしないといけない感じ。

たくさんたくさん、いろんな不満をぶちまけた日記を土曜日に処分した。

読み返せばパニックの状態で書かれたものがほとんどで、泣きながら、出口が見えずに苦しんで、ほんともうひどい有様。

とっておくことに意味があるのか、と、思えるようになった。

とっておいても、私か誰か読み返したとして、これはどうなんだろう。
恨みみたいな事、相手の正体を暴いたみたいな事、どれほど私が苦しんだかわかるかっていう記録。
なんか、苦しみ抜いたらどうでもよくなったというか。

人のせいばっかにしている私、ほんとうにくだらない。
私が私を苦しめているだけ。

そんだけ。

自分が自分を苦しめているだけだとわかったら、自分を苦しめなきゃいいんじゃん、って。

だから、相手の事を掘り下げて考えたり、相手に変わってくれなんて、思わなくていいし、何かあっても、それはそれだけの事であって、それによって自分が影響を受けたとしても、事実は事実でしかなく、そこから考えすぎて自分を苦しめる必要もない。

シンプルにいこう。

今の不安感は、いろいろ落ち着いてこれば大丈夫になると思うし。

もう、楽しく過ごしたい。
細かい事は気にせずに、楽しむ事に注力したい。

そうじゃないともったいない。
長生きできるとも限らないからな。
コメント

中学校

2016-02-22 13:44:04 | 日記
次男の中学校、隣の地区の中学校へ、と決意はしたのだけど、まだこれから教育委員会へ行ったりしなければならない。

長男の高校と、長女の専門学校が決まったので、残るは次男。
隣の中学校となると、わからないことだらけで、準備もどうなるんだろ。

兄弟とも制服なんかを買ったり、こまごまと用意しなくちゃ。

長女はあと定期を買うくらい。
3人重なると大変だな。

末っ子は、来年一年生だから、少しずれてありがたい。
これで4人ともだったらもっと困ったけど。

来月半ばには全部買い揃えないとな。

ちょっとしたストレス。

でも、高山とか長浜とか、行こうね、と義妹と約束しているので、息抜きしながらがんばろう。
コメント

決まった?

2016-02-16 19:48:24 | 日記
長男が高校の私立を受けて、次は公立高校だ、と思っていたのだけど。

不登校の子は申告書を書かないといけないそうで、それを書いてね、と言ったらなんかキレちゃって、布団にもぐりこんでしまった。
その様子は普通じゃないけど、普通なら学校行けてるからな。

先生に言ったら、どうしても書かなければならないわけではなく、書いたほうがわかってもらえるので受かる確率が、なんて話みたいで。

そんなこんな話すうちに、重要な事を先生が言った。
実ははっきり知らなかった。公立高校受かったら公立高校に入るのが鉄則らしい。
受けた後で私立か公立か選べると思っていたので、それを長男に言った。

今週末願書を出すとのことで、ハッキリさせようか、となった。

やっぱり公立高校よりも、私立に行きたいとはっきり言ったので、公立高校の方は願書を出さないことにした。
こないだ受けた私立が自分に合っていると思ったんだな。

公立高校を受けない、と決めたら、憑き物が落ちたように明るくなった。

思った通り、重荷だったんだ。
公立公立、と、周りは言うし、公立高校じゃないと、という自分の中でも変なこだわりを持っていた。
テスト恐怖症なのに受験をしなければならない。
自分を追い詰めて追い詰めて、精神的におかしくなってる感じもしたし、それなのに勉強する気が起きなくて現実逃避のように眠り続ける。
公立の受験当日、キャンセルするかもしれないと、私は思っていた。
やめたらいいのに、と正直思っていた。
いらないストレス受けて、わざわざ負荷をかけなくても、と思っていた。

大事なのはそこじゃなくて、この先の3年間。
どれだけ自分が自分らしく頑張れるかにかかっている。

まずは、引きこもりから脱出して通い続ける事が大事。
本人も、その決意はあるみたい。
やっぱり中学校のクラスの雰囲気が嫌だったのかな?そんなことを少し話していた。
いろいろな原因はあったんだろうけど、居心地が良くなかったのは確かみたい。

彼にとって、次の場所がいい居場所になるといいな。
コメント

よかったな

2016-02-14 16:41:23 | 日記
長男が私立の高校を受験した。
不登校の子対応の高校で、ほぼ半分中学校へ行けなかった長男には、適した高校だと思う。

待ち時間、岐阜駅のあたりで娘と暇つぶし。
岐阜駅はほんとに何にもない。
年齢層が高めの服とか、趣味のものが満載なお店なんかが並んでいる。
和紙なんかが売っている雑貨屋さんは素敵だな、と思って見たりしたけど、やっぱり私たちはLoFtが楽しい。
10:30に、ならないと開かないので、ドトールでコーヒーでも、と思ったら、オルゾーラテというのがあった。
香ばしいな、と思ったら、大麦らしい。
コーヒーは体調的に無理だなあ、という時はいいかもしれない。

終わった長男と合流。
数学と国語はおおかた書けたけど、英語はダメやったとのこと。
成績はこれから取り返せばいいし、ここのところ朝はなんとか起きれるみたいだし、顔色もいい。

長男、面接受けて、この学校いいな、と思ったみたい。
ちょっと肩の荷がおりたみたいで、私も嬉しくなった。
この調子で、社会復帰できたら嬉しい。

公立にこだわっていた期間があって、併願はしているので公立の試験が残ってはいるけど。一段落したな。

朝、長男、朝ごはん食べれなくて、夜眠れなかったなんて言ったから緊張してる?って聞いたら緊張なんかしてないよって言ってたのに、終わったら腹減った!と言い出して、やっぱり緊張してたんじゃんってみんなで笑って、コンビニで食べ物買って食べた。

こうやって、停滞期から抜け出せる感じがして、なんか嬉しい。
中学校の卒業式は出るの?と聞いたらそりゃそれは出るよと。
長女が、出ないと1人で後で授与式やるんだよ、なんて言ってた。
そうなったりしてな。
コメント