そもそも普通の家族ってどんな家族?

うちって、普通の家族だって思っていた。でも、なんか違うことにやっと気づきました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モヤモヤ

2015-10-26 09:02:36 | 日記
そりゃ、もやもやはします。

スパッと切り替えられるわけもない。

何十年もこの思考回路。

目からウロコ!
と思うことがあっても、
無意識のところまではコントロールできない。

「お父さんをひとりにしない!」
と、戦隊モノのセリフみたいにかっこよく末っ子が言う。
なんか、全部わかってんのね。

私と兄弟たちがお父さんに対して疎遠なのは、やっぱりどうしても末っ子ばかりかわいがるのが面白くないからで、でも、それすら慣れてきて、諦めたとたんみんなしらっとなってるみたい。もう怒りをあらわにすることさえなくなったな。
ま、しょうがないな、じゃあ、こちらもこちらでやらせてもらうわ。という感じ。
家族があちこち違う方見てる。

直視できない。
自分に湧く嫉妬なんて感情は、見たくない。蓋をするんだ。
だから、見ないようにしてしまう。
お父さんと末っ子が二人の世界に入れば入るほど、みんなはそれを見ないようにする。
それが、疎遠のもと。

私は、末っ子ばかりひいきしないほうがいいよ、とは言ったけど、どうすることもできないんだろうな。
したいんだもん。それで、他のことが犠牲になろうとも、この子には最高の教育を与えたいし、たくさん楽しい思い出を作りたい。
気持ちはわかる。
他の子の気持ちを考えていたら何もできない。こじれてしまった長男次男を置き去りにしてまで、あんなに三男に力入れたいのも、今じゃないと無駄になってしまうから。
難しい年頃になってからかわいがっても見向きもしなくなるし、(いうなれば長男次男がそんな感じ。小さい時かまってくれなかったから。)年齢的にも早期教育をしたいので、今お兄ちゃん達に遠慮していたらタイミングを逃してしまう。

でも、この代償は大きい。

やるなら、お兄ちゃんにも全力で向き合いながら、が、正解なんだろう。

長男と、話していると、やはり、お父さんに対する信頼、尊敬は薄れていると感じる。反抗期だから、と、片付けてもいいかもしれないけど、大事な時に末っ子の方にそっぽ向いていたら、しっぺ返しくるのは目に見えている。
それも親子の形なのかもしれないけど。

理想的でなければならないなんて、そんなに思わないし。

孤独な夫を、救いたい、とかとも違う。
自業自得だよね、って思うだけの悪魔な自分。

なにこれ、妻サイテーだな、と思うけど、今まで伝えても伝えても、夫は自分のやり方を変えない。それなのにさみしそうな顔してるから、だったら少しチビひいきを緩和すればいいのにって思う。
緩和したところで、あとの子どもたちの信頼が戻るかはなぞなのですが。

多分、こじれ方も人それぞれ、立ち直りかたも人それぞれ。
とにかく時間がいることだけはわかる。
また自分を見失わないようにするしかないんだ。
そのために自分の心に風を入れる。
それを忘れてはいけないんだな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実家 | トップ | ココア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事