イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

そういえばアルコールストーブ

2018-09-02 | ハンドメイド
所々へこんで黒くすすけたコッヘルを一目見るなり、寺崎さんは「キレイなコッヘルだね」と笑った。
思い出すのは「風の谷のナウシカ」のワンシーン。
ゴル爺さんが「……わしらの姫様はこの手を好きだというてくれる。働き者のキレイな手だというてくれましたわい」
働きもののキレイなコッヘル!
寺姫さまっ!

えー、アルコールストーブもちょこまかと進化中です。

5代目


6代目


4代目と比較

アルコールストーブはこの子でもう6代目になりました。
(5代目は燃焼促進させる針金を仕込んでの実験でしたが、大した効果なし)
本調子になるまでの時間を短くしたくて中空の真鍮パイプを渡してジェネレーターをつけてみました。
独自に考案したのですが、同じことを考える人は幾らでもいますよネ。
すでにネットにアップされていて驚きました。
さらに今回は空きスプレー缶を利用しています。ゼロ円~!
こいつはアルミの厚みがあるのでとても頑丈です。
その分、上下パーツの嵌合が難しく、上パーツを「へら絞り」の要領で広げてから合わせています。

さてさて、立ち上がりの時間は……
1分半。使用中の4代目さんと、さして変わらないなぁ……
直上に吹く炎はロスも少なそうだし、炎が消えにくいから良しとするかぁ。


ブッシュクラフト用のナイフはブレードの研磨に入ってます。
マジックで黒く塗った部分からケガいたベベルラインまでを平らに削っていきます。
ナイフらしい形をなしてくる最も楽しい工程です。
今回はベベルラインのエッジは出さずに滑らかに仕上げるので、緊張は少ないかな。
老眼がひどくて細かい作業は疲れるなぁ~
コメント   この記事についてブログを書く
« 休刊のお知らせ | トップ | 静岡県清水区北方攻め(前半) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハンドメイド」カテゴリの最新記事