goo

母の目

毎年、母の日に花は贈らない。 母は花が大好きだけど、切り花は苦手なのだ。 花壇や鉢植えで花を育てているので、切り花が劣化していくのを見るのがつらいのだと言う。 地植えの花は強い。 花びらが散っても、茎はしっかりしていて、そのうちに果実が膨らんでくる。 立ち枯れても何とか見られるものだ。 えーと、 去年は帽子をあげたんだったかな。 あまりモノに執着しない人だから、プレゼント選びが難しい。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GW日記 3

5月4日。 冬ものを片付けた。 ロングブーツ、ジャケットと毛糸のベストやセーター。 椅子のコーナーも、ニットのカバー類を外して、春っぽくする。 敷毛布とフェザーケットを仕舞う。 ベッドカバーの上に掛けていた、ウールの毛布も外すと、ベッド全体の嵩が減ってすっきりとした。 手洗いしたり、干したり。 でも電気ストーブは、隅の方にまだ置いておく。 鉢の植え替えをしてから、ルッコラの種まきをした . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GW日記 2

5月3日、快晴。 午後、喫茶店めぐり。 昨日は家から北へ向かったが、今日は北東。 隣りの市の、気になる喫茶店へ自転車で向かう。 看板には、~鯉とアイガモの庭園喫茶~ とある店(R)。 ゴンチチの三上さんのトークにありそうな店。 途中、道端のコイン精米機に寄り、米ぬかをひとすくいポリ袋へ。(無料) 前日にもらった竹の子を茹でるのに使うのだ。 家から走って約30分、休業だった~! あぁ、GWだ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ぽっかぽか!

「暖炉とか薪ストーブのある部屋のよさを伝える短歌大賞」が、 4月末で締切となりました。 最後の予選通過に、2首入っていました。 かあさんの膝と、渡辺さんの短歌。 なんだか、短歌を1首作ると薪が1束もらえて、うちの暖炉や薪ストーブにくべることができる……。 (※イメージです) 火を消さないように、薪が欲しくて作歌していた、そんな気がする。 おかげで、寒かった春をあったかく過ごさせてもらいまし . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GW日記 1

GWは、自転車で地元の喫茶店めぐり。 普段、家では紅茶か中国茶かインスタントコーヒー、外ではマックとかドトールのコーヒーを飲む。 まだ一度も入ったことのない、でも気になる喫茶店が2~3軒あり、ちょっと行ってみることにした。 2日の午後、まず町内にある自家焙煎珈琲の店(F)へ。 自転車は久しぶり。 タイヤの空気が足りない!と、かなり走ってから気付いた。 行きは上り坂が多いうえに、山からの風 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宿題、済んだ?

やっと完成した、パッチワークキルト。 大きさは約1m×1m。 作り始めたのはいつだっけ? プロバンス柄が流行った頃だから、 もう10年以上前か。 (でも、ソレイアードの生地ではない) トップを縫い合わせ、キルト芯を挟んで しつけをし、ステッチを少々してあった、 まあ6割くらい出来てたものを、やっと仕上げたのだ。 大型のキルトは、縫うために夏、ひざに乗せるととても暑い。 薄いふとんのようなも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

傘がない

雨の日、図書館で傘を盗まれた。 傘立ての一番端に差した、半透明のビニール傘。 ビニール傘だからまあいいか、って感じで誰か持って行ったんだろう。 出掛ける時に、盗られてもいいようにビニール傘にしたのは確かだ。 「盗られてもいい傘」なんて思ってゴメン。傘。 それにしても、去年からよく盗まれる。 古本屋と病院で1本ずつ盗られた。 どちらもビニール傘ではなかったが、 これで3本目。 盗む人の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

RIBERTY PRINT

ふろくの付いた本を買ってみた。 RIBERTY PRINT(宝島社ブランドムック¥1380) 布製ミニトート付。 リバティらしい小花柄で、春らしい色合いだ。 (画像は別の生地です) 取り出して、しわしわのバッグにアイロンをかける。 小ぶりでいいんだけど、縫製がいけません。 ミシン目が粗いし、端の始末も雑。 ふろくって大体こんな風? あんなに沢山、ふろく付きの本が並んでいるのは、 春だか . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春を味わう

住んでいるのが田園地帯で、近くに山もあるから 春の味覚というと野菜と山菜だ。 ふきのとうから始まって、菜ばな、つくし、 たらの芽、わけぎ、春キャベツにほうれん草。 次々と味わっている。 タケノコは煮物と田楽にした。 摘みたての山椒をたっぷりかけて。 クレソン(近所で自生している)は サラダやおひたしに。 畑で作ったもの、頂きもの、採ってきた ものといろいろある。 夜はまだ寒いので、湯上 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スはスプリングのス

四月半ばを過ぎたのに寒い日が続く。 マフラーとロングブーツがまだ仕舞えないなんて。 裏の藪で鳴いていたウグイスの声が、全く聞こえなくなった。 でもこの寒さは、暖炉と薪ストーブの短歌を詠むにはいいのかもしれない。 また新たに5首投稿。 なんかもうネタ切れで、ヤケ気味の短歌だわ。ははは。 「建もの探訪」まで出てきて。 ふざけ過ぎって思われるかも知れないけど、 まあ、いい。 くだらないのもベタなの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ