ピアノサークル クラヴィアフェライン

東京都内・近郊で活動するピアノサークルの公式blog

2019年3月定例会報告

2019-03-17 20:28:22 | お知らせ

2019年3月の定例会は、3月17日に目白にある 喫茶神居という喫茶店での定例会でした。

マンションの一室のような入り口ですが、入ってみると目白っぽい落ち着いた家庭的な雰囲気の喫茶店。

壁に飾ってある絵や写真がとてもセンスのある空間。

ピアノも小型のカワイのグランドGM-12で小さいながらも音がきれいに飛び、新しくクリアな音、そして音が柔らかくとても弾きやすいピアノでした。

喫茶店なのでのんびりくつろげるソファーに飲み物付き。いつもの練習会場のようなパイプ椅子ではなくくつろぎながらのティータイム。そして心地のよい音楽。

人数が少なかったのでこの会場になったのですが、一人の演奏時間も十分にとれ、最高のひと時でした。

一巡目はいつもの通り来た順での演奏

・みかさん:ドビュッシー プレリュード第1集より

      音と香りは夕暮れの大気に漂う

      途絶えたセレナード

・なおこさん:サティー ジュ・トゥー・ヴー

       エルガー 愛の挨拶

・きまぐれ:エル=バシャ ロマンス第2番

・ゆりりんさん:ドビュッシー 子供の領分より ゴリウォグのケークウォーク

             プレリュード第1集より ミンストレル

・すみさん: モーツァルト ピアノソナタ K.576 第2楽章

 

一通り弾いても人数が少ないので十分時間あり。演奏中もピアノが座席から直視される位置にないので

緊張感も少なくとても弾きやすい会場でした。演奏曲も特に説明することなくBGMのように皆気ままに演奏。そして歓談。

 

二巡目の途中でケーキタイム。このケーキがまたおいしい!

・みかさん:ドビュッシー プレリュード第2集より

        妖精はよい踊り子

        オンディーヌ

・なおこさん:シューマン=リスト 献呈

       北川悠仁 栄光の架橋

・きまぐれ: シュニトケ 古風な様式の組曲(本当はヴァイオリンとピアノのデュオ)からピアノパートのみ1-3曲目

・ゆりりんさん:ショパン ピアノソナタ第3番 第4楽章

・すみさん:ショパン 華麗なる大円舞曲

 

2回弾いてもまだ時間があまったので それぞれ3分程度の3回目。

・みかさん:ドビュッシー プレリュード第2集より 変わり者のラヴィーヌ将軍

・なおこさん:エルガー 愛のあいさつ

・きまぐれ:エル=バシャ 32の童謡から フレールジャック、泉のほとり、「ママ、小さなお船は」、月の光に

・ゆりりんさん:ゴリウォグのケークウォーク

・すみさん:ラヴェル 水の戯れ

 

心置きなく演奏もできたし、良い空間、楽しいおしゃべり、おいしいコーヒーとケーキ。

最高の時間が過ごせました。

 

幹事のすみさん、初めての会場でしたが、充実した時間が過ごせました。ありがとうございました。また本日ゲストで演奏を聴いていただけたご主人もありがとうございました。

 

今回の書記はきまぐれでした。