ピアノサークル クラヴィアフェライン

東京都内・近郊で活動するピアノサークルの公式blog

2012年9月 定例会活動報告

2012-10-01 17:38:31 | 活動報告

今回も至福の時をありがとうございます!

9月の定例会は、9月29日(土)午後1時半~5時半、
江東区門前仲町駅より程近いシンフォニーサロンにて開催されました。

会場はワンルームマンションを改装したところで、白で統一されていてなんとなく浮遊感を感じました。ふしぎなところでしたね。

幹事のじゅーんさんには会場並びに二次会手配、そして当日はみんなが気持ちよくすごせるように常にお気遣いいただき、ありがとうございました。そして詳細なメモも。下にそのまま使わせていただきました。ありがとうございます。


1周目
演奏者 作曲者 曲名
じゅーん ラフマニノフ プレリュード Op.23-4
いさお ブラームス 間奏曲 Op.117-2
ちょうさん 西村由紀江 しあわせのかたち
すみ ショパン 英雄ポロネーズ
プリごろ太 スカルラッティ K380
各務 フィビヒ 気分、印象と追憶 Op.41-44
ぶー ドビュッシー アラベスク 第1番、夢
麦Q ERROLL GARNER MISTY
ゆうこ ドビュッシー 子供の領分、ゴリウォーグのケークウォーク


2周目
演奏者 作曲者 曲名
ゆりりん ショパン ノクターン 第8番
トム バッハ フランス組曲 第1番
ぶー ドビュッシー 亜麻色の髪の乙女、喜びの島
いさお ショパン 幻想即興曲
ちょうさん 加古隆 パリは燃えているか
すみ モーツァルト ロンドニ長調
プリごろ太 ショパン 舟歌
各務 フィビヒ 気分、印象と追憶 Op.41-44
麦Q Yoshiki アメジスト
ゆうこ ショパン ノクターン 第13番、第3番
ゆりりん ショパン 舟歌
じゅーん ショパン 舟歌



じゅーんさんは、12月を最後に、ピアノを休んでいたそうです。以前にも聞かせてもらった舟歌、冬から春と蔵に寝かせておいたら、すっかり熟成したかのようで、感動しました。

いさおさんは、先月きまぐれさんとのブラームスの話に触発されて、間奏曲を暗譜まで1ヶ月で仕上げてきたのだそうです。すばらしき集中力。みんな驚嘆の声を上げていました。

ちょうさん、『パリは燃えているか』を聞くとぎゅーっと切なくなってしまうのですが、それは、私がNHKの番組を見たからなのでしょうか。見ていない人はどのように感じるのか、音楽自体のもつ性質なのか、そのあたり次回議論したいです。

すみさんは、来週発表会とのこと。がんばってください。人前で弾く練習の場として定例会を活用したいとおっしゃっていました。この緊張感を楽しめるようになりたいと私も思います。

プリごろ太さんは、ぶーさんの影響でスカルラッティで遊んでいるそうです。ここでも「弾きたい!」の化学反応が起こっていますね。素敵な事です。K380は、この曲は最高音がこの時代としては高いそうで、彼の知識と比較考察にはいつも驚かされます。

各務さんはくるみ割りの練習に力を入れていたそうで。今度披露してくださいね。

基本的にドイツ系がお好きとおっしゃっていたぶーさん、今日はフランス一色でしたね。毎回色の違うものをもってきてくれるのがすごいです。

麦Qさんの弾いてくれる脱力系の音楽は和音が素敵です。

ゆりりんさんのエッセンスのぎゅっと詰まった舟歌の楽譜を見せてもらいながら曲を聞かせてもらいました。いろいろな先生の言葉だそうです。宝物ですね。

トムさん、みんな固唾を飲んで応援していましたよ。だから最後のピカルディの3度※の安堵感は、天にも昇る気持ちでした。ありがとう。       (※知識に自信がないので要添削)

ゆうこ:来月もがんばります。



今回の人気曲は3人の方の弾いたショパン『舟歌』でしたね。
みなさんそれぞれにすばらしく感銘を受けました。

3回も聴きましたからヴェニスまで旅してきてしまいましたよ。

♪ああ今日はどんな一日になるのかしら。胸が高鳴ります。
そして船がゆっくりとすべりだす。
波は穏やか。やっぱり地中海は内海ですね。日本の海とは違う。養分も少なめでさらさらとしている。
それでも沖合いに出ると少し大きな波も押し寄せてくる。
船頭だけに任せておくのもつまらなく悔しくて、私にも漕がせてとお願いすると、なぜか他のオールを貸してくれて。ラフティングよろしく、みんなで漕いでいたら難所もかわせてちょっとした達成感です。
そろそろ帰りましょう。
日も傾いてきました。穏やかな水面はキラキラと反射して美しい。
反射する光は絶え間なく光る光と、あちらで光ったのはぴしゃっと飛んだ魚かしら?
波は絶えず小さな三角を作ってはきえていく。あちらでもこちらでも。
それを飽かず眺めるのです。
ああなんて幸せなんでしょう。これ以上の幸せはない! どうかこれが永遠であってほしいと願ったら、急に不安になってしまいます。
でも今日のショパンは無闇に思いつめたりせずに、「大丈夫、大丈夫だよ」って、最後までエスコートしてくれました。
そして船着場でおろしてくれました。優雅に手をとって。♪


ああ、この幸せの只中に包まれたい!=弾きたい!きっといつか。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回は中間の休憩時にメンバーの新規募集について話し合われました。メンバーが20人程になったら再開する、25人くらいが適当などの意見がありました。これについて他の皆さんにも御意見を聞いて後、正式に決定しましたら、各務さんから報告があると思います。各務さんよろしくお願いします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

二次会は最後まで残っていた人は全員参加という盛況ぶり。
イタリア料理と飲み放題セットで、スプマンテが好評でしたね。
私も飛び入り&途中まででありながら楽しく過ごさせてもらいました。



今回ブログ執筆は、ゆうこ でした。・・いまだ舟酔い中♪・・





最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぶ~)
2012-10-05 21:47:41
ゆうこさん、素晴らしい文才です!!
なかなかこんな文章は書けないですよ~~
楽しい記事でした♪
Unknown (ゆうこ)
2012-10-08 21:56:07
ぶーさん

コメントありがとうございます。
今回はいろいろ感じたこと沢山、そのまま書いていっタ感じです。舟歌は4枚ぐらいの絵が浮かんでいて、それを文字に直す作業が、楽しかったです。皆さんと親しくなってきて、私も饒舌になってきてしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。