クオリティー・オブ・ライフ QOL

医院・クリニック開業コンサルタント 佐藤 徹

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感 謝

2012-08-24 13:49:53 | インポート

某住宅メーカーに就職して間もない頃、「石の上にも3年だぞ!」と叔父に言われて、その後約25年間、色々なことがあったが、転職することもなく頑張ることができた。今となってみれば、本当に有難いアドバイスであったと、叔父に感謝である。その叔父も早くに他界してしまったが、「人生の目的とは何か」を考えさせられた25年間であった。

医療とは無縁の職場に就職したのだが、仕事をしていく中で、勤務医の方々との縁に学び、「地域医療に貢献されるドクターのサポートがしたい」との思いから、医業経営のノウハウを学ばせていただいた。  今も、地域医療に貢献して頂いている、数多くの先生方のクリニックの開業をお手伝いさせていただけたことは、私にとりまして生涯の財産です。

私が子供の頃に亡くした母に次ぎ、昨年父までも、とうとう他界してしまった。

私がまだ若い頃、父とは良く酒を酌み交わしながら、「生と死論」なるものを酒の肴にしてしまい(親父だから許されたのだ)勢いで父と語らっていくうちに、よく「生老病死」についての議論にまで発展したものです。

Fa067_4 私が、『俺にとって人の死とは、永遠に自身の滅であり、忌み嫌うものである』と告げると、一方父は、『今や宇宙の星が超新星となって生まれ変わることが、科学的に検証できるような時代だ。人間も生命を謳歌し、やがて新しい星が生まれるように、長遠な時空を経て、新しい生命として生まれ変われるのではないか。お前も今の人生を充実させ、生きているうちに他者を思いやる生き方をするんだぞ!』と。 そしていつも必ず最後に『俺の死に様生き様をしっかりとみておけよ!』と付け加えるのであった。理解できたようで出来ないような・・・、父とのこんな議論はいつも深夜まで続いたのである。厳しい父であったが、こんな話に夜中まで付き合ってくれる親父が大好きであったのだ。

いま私は、沢山の仲間達に支えられて生きていることを実感し、感謝の思いを胸に毎日を過ごしている。  ドクターが地域医療の為に、独立開業を成功されて、これからの高齢社会の中で、生きていかれるご高齢者や患者様が、傷病や疾患を少しでも早期に発見・治療され、満足した人生を送られるためにも、私は心を込めて裏方に徹し、開業を目指されるドクターと地域の方たちとのマッチングを成功させるために、精一杯支援させて頂きたいと思っている。

父は、言葉通りに見事な人生の終焉をとげた。

「親父、見事だったね!ありがとう!」と、私はそっと最後の耳元に 囁いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 山の愉しみ 2 | トップ | 山へのいざない »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが人生の先輩!素晴らしいお父様ですね。  (塩月恵美子)
2012-08-28 07:03:48
さすが人生の先輩!素晴らしいお父様ですね。 
お亡くなりになってもその人の考え方や志は大切だった人の心にきちんと渡され、時を得て真に解釈されながら、脈々と受け継がれていくんだなと実感させられます。 私もそうありたいと思わされた内容でした。ありがとうございます^^ 
今後ますます必要とされる地域医療の分野でのご活躍、ご発展をお祈りしております。
塩月様 (佐藤 徹)
2012-09-03 23:33:59
塩月様

温かな応援メッセージを頂戴致しましてありがとうございます。

正々堂々と、真面目に正面から自身の仕事に誇りをもち、質の高いノウハウを提供していけば、自ずと道は開けるものと信じて、これからも地域の健康を守って頂けるドクターをご支援し、精進していく決意をしている次第です。

これからも若輩者ですが、どうか宜しくお願い致します。









佐藤様 (朴 光枝)
2013-06-10 10:37:24
佐藤様
久しぶりにお声を聴いて そして お父様の訃報を知りました。
悲しみの中 真摯なお気持ちを表明されるお姿は 佐藤様の覚悟を感じわたくしも身の引き締まる思いです。
 これからも 山と人とにかかわりながら 更に人生を豊かに過ごされることでしょう。応援いたしております。
  ご冥福をお祈りいたします。




光枝さん (サクセス21 佐藤 徹)
2013-06-11 20:41:28
光枝さん

ご無沙汰しています。もうあれから月日が何年経つのでしょうか。

今光枝さんが住まわれているご自宅は、私と光枝さんのお母様が、専務と一緒に随分博多や色んなショールームに通い、打ち合わせを行った建物です。今思い返してみると、あの当時随分お母様には本当に可愛がって頂きました。

あの当時が、僕の山岳行脚はピークだったので、いつかお母様を春ののどかな九重山にお連れしたいと、専務と二人真夜中のソニックのなかで、お話をしたことを覚えています。

あれから永年のサラリーマン生活から、小さな会社を数年前に起業いたしました。この会社が地域医療にとって、増え続けていく癌の早期発見早期治療へと繋がっていくようにと願っています。

又いつか低山トレッキングにでも行きましょ(^_^)




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インポート」カテゴリの最新記事