miniな舞台

観劇記録+日記@不定期更新。俳優・内野聖陽さんを勝手に応援中!

今後の観劇予定

●2018年12月
「日本の歴史」(世田谷パブリックシアター)
サカナクションLIVE(盛岡市民文化ホール)
●2019年1月
「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」(東京芸術劇場プレイハウス)
●2019年2月
「ラブ・ネバー・ダイ」(日生劇場)
「ヘンリー五世」(さいたま芸術劇場)
「La Pere」(シアターイースト)

都内レッスン武者修行

2018年12月09日 23時01分57秒 | その他いろいろ
ホットヨガに通い始めて来月で1年。
いつかはやってみたかった「パワーヨガ上級」(強度5)
普段は一番高いコースじゃないと色々なスタジオに通えないんだけど、ただいまキャンペーン中で、利用料が基本かからずに行けるというので、検索して蒲田のスタジオに行ってきました。
中級を10回くらいやってたけど不安しかなかった。
初めて行く場所、初めて行くスタジオ、初めて教わる先生。初めてやるレッスン。初めてづくし!

地元のスタジオは、やっぱり「ほっこり」してたw
来る先生が皆さんおっしゃるので、ほんとかなぁ~と思ってたけど、ほんとらしいw
なんかこう自分が借りてきた猫状態だからそう思うのかも知れないけど(^_^;)やはり通い慣れたスタジオは落ち着くんだね…

上級だから人数はどのくらいなのかな?と様子見てたら、ほぼ満員に近い人数。
せ、せまいorz
男性も女性も皆さん意識高めなのか!!
音楽もなく、ひたすら太陽礼拝(汗)
しかもペースが速くて、すぐグズグズになってくるわ、バランスポーズが難しすぎる!
ハーフムーンは全く出来なかった…
でも中級に初めて行った時に「もう二度とやるもんか」と思う位キツかったけど、上級はいちおう最後までヘタらずにやることができた。
基礎的な体力は随分と上がってきているのは感じたので、今後中級を頑張って続けて、またいつの日か上級にチャレンジしてみたい。
コメント

番外 「井上芳雄 by MYSELFスペシャルライブ」2018年11月

2018年12月02日 23時03分42秒 | 2018年の観劇記録
2018年11月29日(木) 東京国際フォーラム ホールA 2階 19列 シモテブロック

井上芳雄、大貫祐一郎。ゲスト=坂元健児、濱田めぐみ、斉藤慎二(ジャングルポケット)。





(今回のサイリウムは黄色ですた)

「ようこそ、皆様♪5000人の皆様~」!
ということで!
2018年2回目のby MYSELFライブです!
平日は本当にキツイ…(4時間近いだろうと想定してホテル取って良かった。しかし翌日朝帰りw)

なんといってもゲスト!(いや10月がどうのとか言ってませんよ…以下略)
サカケン兄さんは1幕に登場。昨年時のマッサージ店にいけないクダりをVTRで流し(緑のジャケット着て来て欲しかった)、四季に入る時に「CATS」を「CAT」と言ってしまったことやら23歳までブロッコリーを「ブロッコリン」だと思っていた件やら(カリフラワーは「シロッコリン」♪)
エピソードがオモシロすぎる!

そして「蕾」を歌いつつ…
あれ?「奏」じゃなかったか??
みたいなw

2幕は芳雄くんがトートの衣装で(先日「SONGS」で着た衣装かな?)「最後のダンス」を歌い、濱めぐ姐さんが登場!「私が踊る時」をデュエットしてくれました!耳福!贅沢すぎる!
「美女と野獣」の日本未公開曲も良かったわ~
お悩み相談のメール、ちゃんと聴いてないように見えて(?)的確なアドヴァイスをする姐さん。

続きましてはジャングルポケットの斉藤さん登場で突然のコントコーナー。
「マッサージ サバンナ」(だったかな?)のマッサージ店の設定。
あ、これって??と思ったら、壮大な前フリをしておいた、例のアレぢゃないすか!
手作りっぽいライオン(シンバ)のお面を頭につけた迷彩服のサカケン兄さん登場。
ずっと「心配ないさ~」って言ってるの(^_^;)
芳雄君乱入から~の、濱めぐ姐さんも登場!ちゃんとナラのお面着けてきた~~~!
カワユス!可愛すぎる!
「ハクナ・マタタ」(斉藤さんティモン・芳雄プンバァ)とオリジナルキャストが揃った奇跡の「愛を感じて」す、すごい…

ナイツのメドレーありスカピンありで一息ついて、また2階にも登場の芳雄君。
自由度が増す大貫さんも笑えるw
そして斉藤さん再登場…
汗を拭くその布は!?赤いパンティ(女性用w)が!!
すかさず「パンティを盗んだ罪だ」と芳雄ジャベール(急にレミか!)
「姪の為に盗んだのだ~」と斉藤バルジャン(おい!)
「このパンティを託されたのだ、パンティーヌから!」って!!
これ怒られるヤツやんか(爆笑)
もう笑ってオナカが痛いわ~
ところが!「対決」を歌いだした途端に客席から万雷の拍手!
斉藤さんの歌が上手い!このまま本舞台ではノドを痛めそうな歌い方だったけど、本当に上手だった。

2幕最後には客席降り。なんとまぁ万里生くんが満面の笑みで客席にいる!
しかも前回使用した猫セットを芳雄くんに着けさせ、芳雄くんはフル装備を着けたまま客席をまわり舞台上へ。
どうしてもシッポが取れなかった(秋山さんに取ってもらってた)けど猫だから!(CATになれたw)

そしてライブビューイングの時間ぎりぎり(午後10時)で一旦幕が降りて、その後は国際フォーラムだけのカテコ突入。
ヴォイスオブジャパンの方々が参加でクリスマスメドレーの素敵なハーモニー。
最後は「幸せのピース」でやっと(笑)終わりました。

結局3時間45分なのよ!
だから!午後3時か5時には始めよう!
コメント

待ってましたよ2019年6月!

2018年12月02日 20時56分52秒 | ウチノなお仕事
50歳で新境地!内野聖陽、初の一人芝居「久しぶりの喜びと興奮」
俳優、内野聖陽(50)が来年6月3~16日に東京・紀伊國屋サザンシアターで上演される舞台「化粧二題」で一人芝居に初挑戦することが1日、分かった。来年没後10年目を迎える小説家で劇作家、井上ひさしさん(享年75)のメモリアル公演の一環。2度目の井上作品に挑む内野は「役者として久しぶりの喜びと興奮の中にいます」と心を躍らせている。
「化粧二題」は2010年に亡くなった井上さんの戯曲。母親(有森也実、50)に捨てられた子供と、その母親が心の傷を隠しながら懸命に生きる姿を描く作品だ。
00年の初演以来19年ぶりの再演。物語は前半と後半に分かれ、それぞれ母親と子供が一人芝居を繰り広げる。演出は文学座の鵜山仁氏が担当。同座に約20年間在籍した内野とは、21年ぶりのタッグとなる。
内野は05年の「箱根強羅ホテル」以来、2度目の井上作品。「『箱根』の完成台本が上がったのは初日3日前ぐらい。稽古がしたくても本が来ない、と気が狂いそうな毎日でした」と井上さんの“遅筆”の洗礼を懐かしそうに告白した。
今作はすでに台本が手元にあり、「これだけで私は幸せ者。燃えなかったら、男じゃない、と喜んでいます。稽古がいっぱいできます」と気合十分。「天国で井上先生が丸い眼鏡の奥でニコニコしながら『これでダメな舞台だったら僕のせいじゃないよ』と語られている感じです。井上先生にも笑って泣いていただけるように頑張ります」と熱演を誓った。
母親役の有森も一人芝居は初挑戦。「今こそ自我を棄て、捨身で取り組むチャンス到来」と全身全霊で芝居に取り組む覚悟だ。
(サンスポ)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

こまつ座「井上ひさしメモリアル10」新たに3演目発表、内野聖陽・井上芳雄ら出演
井上ひさしの没後10年目を記念したこまつ座の企画「井上ひさしメモリアル10」。このたび、新たに3演目の上演が決定した。
上演が明らかになったのは、「化粧二題」「日の浦姫物語」「組曲虐殺」の3作品。6月に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAほかにて上演される鵜山仁演出「化粧二題」には、内野聖陽、有森也実が出演する。9月に同劇場ほかで上演される「日の浦姫物語」では同じく鵜山が演出を担当。キャストには朝海ひかる、平埜生成、毬谷友子、辻萬長が名を連ねた。さらに、こまつ座とホリプロがタッグを組む「組曲虐殺」は、10月に東京・天王洲 銀河劇場ほかにて上演予定。栗山民也が演出を手がける本公演には、井上芳雄、上白石萌音、神野三鈴、土屋祐壱、山本龍二、高畑淳子が出演する。
「井上ひさしメモリアル10」の第1弾となる「どうぶつ会議」は、1月24日から2月3日まで東京・新国立劇場 小劇場 THE PITにて、第2弾「イーハトーボの劇列車」は2月5日から24日まで東京・紀伊國屋ホールほかにて上演。続く第3弾「木の上の軍隊」の公演は、5月11日から19日まで紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで行われる。
(ステージナタリー)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

第128回公演『化粧二題』演出:鵜山仁
6月3日(月)〜6月16日(日)
紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYA
内野聖陽 有森也実

コメント●内野聖陽


コメント●有森也実
はい、演ります。演らせて下さいとお返事したものの、今は怖くて怖くて震えています。『頭痛肩こり樋口一葉』、『シャンハイムーン』と2作品に出演させていただきました。井上先生の台詞は手前に道がついているんです。その道を歩かないと台詞に辿り着かない、発見の道で幸せな時もあるんですが、大抵は大変。今は交通許可書を貰ったといったところでしょうか、稽古までは一人旅、まず台本の活字を追って右往左往、稽古が始まれば心強い鵜山さんとカンパニーが一緒です。今回は女優の役、そして一人芝居、今こそ自我を棄て捨身で取り組むチャンス到来と震えながら覚悟を決めています。そして、気の早い話ですが、本番は1幕が跳ねた後で毎日内野さんの舞台が観られるなんて贅沢です。

コメント●鵜山仁(演出)
『化粧二題』という作品には、芝居の面白さと難しさ、そして芝居が果たすべき役割についての期待、恐れ、決意がみなぎっています。
初演のパンフレットの前口上で作者は、この芝居は「二つの自己発見劇」だと表現しているわけですが、さて、ごまかしのない自己発見のシミュレーションが、どう舞台に立ち上がるか...。
有森、内野両座長の気合が、孤独で華やかな一人芝居の魅力を一層輝かせてくれることを、今から楽しみにしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

待ってました~!!!
2018年は舞台がなかったので、さみしく思ってましたが、ついに!
一人舞台!そして鵜山さんとのタッグ…
ぜったい観に行きますわ~!!
コメント

No.592 「メタルマクベス」disc3

2018年12月01日 22時58分11秒 | 2018年の観劇記録
2018年月11日25(日) マチネ IHIステージアラウンド東京 9列 カミテブロック

ランダムスター/マクベス浦井=浦井健治、ランダムスター夫人/ローズ/右近B=長澤まさみ、レスポールJr./元きよし=高杉真宙、グレコ/マクダフ柳下=柳下大、グレコ夫人/シマコ/林=峯村リエ、パール王/ナンプラー=粟根まこと、右近/医者=右近健一、エクスプローラー/バンクォー橋本=橋本じゅん、レスポール王/元社長=ラサール石井、他。

いよいよ豊洲での新感線もラストに突入。よく9回も通ったもんだ…
今回の席は9列と案外前の方でカミテブロックのせいか解らないけど、今までで一番気持ち悪くなったorz
上演時間も休憩入れて4時間と、とにかく長い!日曜マチネ午後2時開演なので遠征民は大変なのよ~

長澤まさみ嬢の夫人が強いw アル中なのか、って位 500mlのビール缶をグビグビあおる(^_^;)
ぴったりとした衣装なので、さすがのまさみちゃんもオナカのハミ肉がww
対するランディ/マクベス浦井こと大先生は普段(?)の不安定さが活かされて(褒めてます・汗)とても良かった♪
殺陣のキレもいいし、歌は元々が甘めの声なのでメタルどうかな~と思ったが、さほど違和感無かった。
じゅんさんや粟根さんと年齢差あるので、お父さん世代&家庭教師になってました(笑)
マクベス浦井の衣装がダサくなくて、ほんのりシャルルみ! CDジャケット等の映像がなかなかの格好良さ。

とにかく!亡霊のじゅんさんと繰り広げる「闇が広がる」「マイヤーリンク」の再現度!
トートダンサーズ(?)を引き連れて押したり引いたりの、あのダンス!!!
客席で悶絶してしまったw
ちゃんと まさみ嬢へも気遣いがあり「キャバレー」のナンバーもありましたで。

Jr.の高杉真宙君が…
申し訳ないがイマイチだった。歌が…orz
柳下くんのグレコ、随分と年上の奥さん(リエさん)なのねw
毎回思うが「猛り狂った狼の子孫が~」と歌われているわりには、グレコ一族の狼の紋章が目立たないし、グレコの背中にある狼の絵も最後にしか見られないので、なんだかな~と。

初演loveすぎて、disc1~3まで観たけど、越すものはなかった…
だけど3が一番バランス的には好き。

今後アラウンドシアターは何に使われるんだろうか?
新感線、ありがとうございました~
コメント

No.591 ミュージカル「マリー・アントワネット」

2018年12月01日 22時30分01秒 | 2018年の観劇記録
2018年11月24日(土) マチネ 帝国劇場 1階 O列 カミテブロック

マリー・アントワネット=笹本玲奈、マルグリット・アルノー=昆夏美、フェルセン伯爵=古川雄大、ルイ16世=佐藤隆紀、マリー・テレーズ=叶英奈、ルイ・シャルル=長堀海琉。

前楽観劇。舞台の全体的な完成度、という点では前楽が一番ベストな気がするんだよね~(個人的な考えですがw)

No.590で観劇した時とキャストは一緒(子役ちゃん達コンプリートした様子です)

玲奈ちゃんが少し調子悪そうだったけど、だんだんに本調子になった感。
古川フェルセン的にオイシイのかオイシくないのかカミテサイド!いや、結構オイシかった♪
何回かオペラ越しに視線頂きました~(勝手に盛り上がる)

なんやかんや言って3回も観劇してしまった新生M.A.
インパクトは初演なんだけどさ(まだ言うかw)
セットや衣装考えると近いうちに再演になるんだろうけど、追加されたナンバーに関しては、やはり「やっつけ仕事」感が否めないんだよねー
コメント