朝寝-昼酒-夜遊

日々感じたことを思いのままに書き散らすのみ。
※毎週土曜更新を目標にしています。

ホリエモン逮捕騒動が醜い

2006年01月25日 07時00分33秒 | 社会
ずっとlivedoorでブログを書いていたのだが、
堀江が逮捕されたことでいつ閉鎖されるか分からん、と感じ、
こっちで書くことにした。
(というより、作っていたことを忘れていた。)

しかし、今回の堀江の逮捕とそれを巡る報道には違和感がある。
今までの「時代の寵児」の盛り上げ方と、
掌を返すような「堕ちた偶像」といった表現。
仕立て上げていたのは誰なんだ?
今までテレビで使っていたお前らは反省しないのか?
正月には子供の相談番組にまで出ていた。
「犯罪者」になった人間にそんなことまでさせていたことを
どう考えるんだ?
今までの持て囃し方を反省し、隠すかのように鞭打っているように見える。
その考えを変える早さは醜いほど。

今回の東京地検の動きにもそら恐ろしいものを感じる。
「グレーゾーン」の行為について何の躊躇いもなく
強制捜査、逮捕をしてしまっているように見える。
そして、それに対して何の疑問も持っていないマスコミ。

堀江の言動は(何かで読んだが)「下品」だし、
金が全てだという発想は間違っていると思う。
ただそれは、彼が刑事的に罰せられることを正当化する訳ではない。
理屈でなく「誤った考えをする人間だから、その行為も
法律に反しているだろう」と素朴に感じてしまっているのではないか。
コメント