朝寝-昼酒-夜遊

日々感じたことを思いのままに書き散らすのみ。
※毎週土曜更新を目標にしています。

平成30年4月からの雇用保険料・労災保険料について

2018年01月14日 12時42分26秒 | お仕事
厚生労働省から平成30年度の雇用保険料率の発表がありました。

平成30年度雇用保険料率の告示案要綱を了承 |報道発表資料|厚生労働省

平成28年度、29年度と連続して引き下げられてきましたが、
平成30年度については平成29年度の料率が据え置かれ、
一般の事業で0.9%、農林水産・清酒製造の事業で1.1%、建設の事業で1.2%となります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
- 雇用保険料については
- 「(1) 失業等給付の保険料率」と「(2) 雇用保険二事業の保険料率」の合計になっており、
- 「(1) 失業等給付の保険料率」については労働者と事業主が折半して負担することになります
- (労働者負担分は、各月の給与から天引きする形になります)。
-
- この労働者負担分は、一般の事業の場合は「0.3%」ですので、
- 例えば残業代・交通費も含めて給与が20万円の従業員さんからは600円を天引きする計算になります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

また、労災保険料率については12月に発表がありましたが、
「卸売業・小売業、飲食店又は宿泊業」等、一部の業種で改定される予定です。

労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います |報道発表資料|厚生労働省

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
- この「雇用保険料」と「労災保険料」を併せて「労働保険料」と呼ぶのですが、
- 原則として毎年7月10日までに、
- 前年度分(平成29年4月分~平成30年3月分)の「確定」の保険料(前の年に「概算」で計算した分との差額)と
- 今年度分(平成30年4月分~平成31年3月分)の「概算」の保険料を
- 併せて申告し、納付することになっています。
- この「概算」の保険料については平成30年度分の(新しい)料率で計算しますが、
- 「確定」の保険料については、従来の料率で計算することになります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月13日(土)のつぶやき その2 | トップ | 1月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お仕事」カテゴリの最新記事