対局日誌

ネット囲碁対局サイトでの、私の棋譜を記録していきます。
全くの初級者がどう成長していくか、見守ってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クローズアップ現代「人間vsコンピューター」

2012-02-08 22:55:55 | 雑談
今日のクローズアップ現代は、
先日の将棋電王戦」を絡めた、
コンピューター将棋がテーマ



上の本の共著者、伊藤毅志さんをゲストに迎え
雷王戦の戦況や上の本の内容を交えながら、

何故、コンピューターが元名人を倒すまでに至ったか?

コンピューターにプロの棋譜を取り込み、
勝敗の分かれ目を延々と分析させ、
それを学習させる「機械学習」という手法を用いて、
コンピューターに欠けていた
プロの「直感、大局観」に似た機能を実現した。

「機械学習」の手法は後継者不足に悩む
機械作業や農業にも応用が出来るかも!?

というのが、大まかな番組の流れ。

将棋電王戦を追いかけてきた人には
そんなに目新しい話はなかったし、
「機械学習」の一般応用については疑問符もついたが、
一般の人に雷王戦のポイントと
現在の将棋ソフトの革新性を伝えるという点では
上手くまとまっていたと思う。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クローズアップ現代で「コン... | トップ | 棋書情報「韓国の新しい試み」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンピューターソフト (tx1)
2012-02-09 09:20:33
昨日は早く帰宅できたので小生も番組を見ました。石倉九段の囲碁教室でも、この対局は話題になりましたが、19×19の囲碁でコンピューターがプロに勝つのは当面難しいのではないかとのこと。現時点ではアマ2段程度。しかも目いっぱいの棋力を設定すると「長考」になるとか。
囲碁とコンピューター (GO!)
2012-02-11 22:36:50
別のところにも書いたのですが、
囲碁はチェスや将棋以上に、
評価関数の定義が難しいので、
確かにプロレベルに達するのはまだ先と思います。

ただ15年前には将棋も同様のことがいわれていながら、
現在がこうなっていますから10年より先にはわからないですね。

コメントを投稿

雑談」カテゴリの最新記事