現在美術日記@関西

アートシーンは東京だけじゃない

瀬戸内国際芸術祭 その2

2010年12月31日 05時16分42秒 | 美術
今年まだおわってない事・・・
この瀬戸内国際芸術祭の記事。

先日、正式に次回の開催が3年後に決まったそうですね。
ツイッターで見ただけで確認してないんですが、
こうなると毎年ビエンナーレ&トリエンナーレに行く事になるんじゃないだろうか。

来年は横浜トリエンナーレ2011があるし、
そもそも、毎年あいちトリエンナーレと瀬戸内が一緒にやることになりますよね。
たしか再来年に大地の芸術祭や神戸ビエンナーレが・・・。

ちょっ、ちょっと作り過ぎでしょう。
すこし我慢しましょうか。


なつかしい


食べた食べた


見た見た


こんなんじゃあかんなorz

上の写真から
男木島の乗船待合室兼作品の「男木島の魂」作:ジャウメ・プレンサ、
島のカフェでたべたハンバーガーとサラダ、
作品を見る高さによって表情が変わった「SEA VINE」作:高橋治希です。


作品名を調べるために、芸術祭をググっていたら、
意外と芸術祭に批判的なコメントを残すブログに出会いますね。

たしかに沢山の方が来島していて、
船に乗れなかったり何時間も待ったりしましたけれど、
スタッフも頑張っていたし、
なによりその辺りのゴタゴタは、言ってみれば作品には関係ないと思っています。

期間が限られているわけだから、その時に詰めかけるのは当然ですよね。
でも創られた作品はこれからその島で時間を過ごします。

作品のコンセプト如何に問わず、
これから長い間そこに佇む様子を想像してみて、
どうなのかを考えてみるのはどうでしょうか。

自分も含め、観客がここで作品を見るのは少しの間ですから。



一日目のラスト、
高松港に戻ってきて椿昇さんの作品を見て終了です。

あいにくの雨で解りにくいですが、
建物の表面が鏡になっていて、回りの景色が映りこんで溶け込んでいます。

作家コメント曰く、
鏡で表面の消し、内部の映像で内側を消す
(内部には建物の表面などから採取した映像が流れる)
という二重の意味をもたせているそうです。

内部は全て真っ白に塗られており、内側の形状だけが浮かび上がっています。
来場者にはこの建物と触れ合った人々との様々な記憶、関係を感じてほしいとありました。




上の地図は一日目を終えた状態
すごく頑張った感が出てますね。


あーやっと一日目終わった~。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-01-05 23:58:11
あけましておめでとうございます!
pixivの方でお世話になってるkoshi-kunです(*´ω`*)
ブログの方では初ですね!先程発見しました!←
もし、御迷惑でないようなら私のブログにリンクを貼っても大丈夫でしょうか?('・ω・`)
Unknown (koshi-kun)
2011-01-05 23:59:07
先程のコメントで名前を忘れました('・ω・`)
koshi-kunです!^^