絶望と希望、未来と過去、生存と・・・

名前を変えました。ある小説を見てどうしても変えたかったんです。これからずっとコレでいきます。『S.エイジ』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイヤモンド

2005-03-21 14:30:38 | Weblog

アーティスト :BUMP OF CHICKEN
amazon価格 :¥ 1050円
発売日 :2000年09月20日
評価 :★★★★☆
詳細 ::こちらのamazonサイトより



ダイヤモンド
1.ダイヤモンド
2.ラフメイカー

■■■一口評価■■■
◆ダイヤモンド◆
この曲は、完全にライブ型の曲だと思う。
サビの「ひとつだけ~ひとつだけ~」なんて所でギャラリーが飛んだり跳ねたりして最高に盛り上がったりもする。
CDで聞いていても、一人で盛り上がってしまういい曲である。

◆ラフメイカー◆
この曲は、かなりいい歌だと思う。
BUMPの名曲BEST10以内には必ず入ると私は思う。
まず歌詞が良い。ラフメイカーは一つの物語を上手く手短にまとめあげ、それでいて曲に合った
歌詞である。
物語というのは、
『一人の男性が何か悲しいことが起こり、自宅で泣いていた所にラフメイカーなる者が現れ男性に笑顔を届けに来たと言う。男性は最初は拒みラフメイカーを忌み嫌ったが最終的にはラフメイカーに笑顔をもらう』というまるで絵本みたいな壮絶な詩である。
ちなみに謎の者『ラフメイカー』とは、アルバム『THE LIVING DEAD』の歌詞表の冒頭に出てくる男のことである。(下の写真参照)



実はこのダイヤモンドのジャケットの写真には裏話があり、
某サイトの話によると最初はジャケットにダイヤモンドの絵を描こうとしたが、
藤君「ダイヤモンド見たことねぇからわかんねぇ・・・」というわけでこのシンプルなジャケットというわけです。

★ボーナストラック★
・オゴマメ/巨人ソドップの歌
コメント   この記事についてブログを書く
« FLAME VEIN | トップ | jupiter »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事