光りの「カナタニ」行くぞ!

日本の政治・経済・国防につてい情報発信します!
アジア情勢について情報発信します!
よろしく

今さら聞けない!? ユダヤとイスラムの聖地「エルサレム」を巡る言い分とは

2017年12月09日 06時45分51秒 | 日記

今さら聞けない!? ユダヤとイスラムの聖地「エルサレム」を巡る言い分とは

アメリカのトランプ大統領が、「イスラエルの首都はエルサレム」と認定したことが、波紋を呼んでいます。特に、イスラエルと対立してきた、イスラム教のアラブ諸国は、反発を強めています。

 

エルサレムは、ユダヤ教のイスラエルが「わが国の首都だ!」と主張してきた地であると同時に、イスラム教のパレスチナ自治政府も「我々の首都だ!」と主張してきた地でもあります。

 

両宗教が、それぞれの「聖地」として、奪い合ってきたエルサレム。その名前に含まれる「サレム」という言葉の語源を辿ると、「平和」「平安」という意味に行き着くとも言われています。そんな中東の「平安京」ともいえる地が、国際紛争の中心になっているとは、何とも皮肉です。

 

今回のトランプ氏の判断が、具体的にどのような影響を及ぼしていくか分かりません。しかし、今年の末から来年にかけて、この中東の宗教紛争が、国際ニュースの大きなテーマになっていく可能性は高いです。

 

そこで本欄では、今さら聞けない、「ユダヤ教とイスラム教の、エルサレムを巡る戦いの歴史」を簡単にご紹介いたします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 防衛相が長距離巡航ミサイル... | トップ | 幸福の科学シリーズ28作目『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事