紳士のスポーツ

主としてゴルフに関した独り言です。他のスポーツとかにも話が及ぶことがあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

A Perfect World

2007-05-01 15:39:38 | Weblog
 日本語では「パーフェクトワールド」と言うタイトルである。
 NHK-BSで放送されたものを録画して翌日見た。パーフェクトワールドが何を意味しているのかは、ついぞわからずじまいである。
 監督はかのクリント・イーストウッドで映画にも出てくる。主演はケビン・コスナーである。
 つい先日、有名人の離婚慰謝料のランキングがスポーツ新聞を中心に掲載された。一位はマイケル・ジョーダンで1億5000万ドル以上だそうだ。ケビン・コスナーは、堂々第5位に登場し、8000万ドル支払ったと推定されているそうだ。ケビン・コスナーの一つ上の順位がハリソン・フォードだとか。
 ちなみに離婚慰謝料本当の第一位は、ロシアの何とかいう金持ちで、1兆円を越えるらしい。
 話がずい分と脱線したが、ストーリーは脱獄犯が人質の少年を連れて逃走する。当初は脱獄犯は二人であったが、ケビン・コスナー一人となる。そして、ケビン・コスナーと人質の二人の間には、やがてストックホルム症候群だかリマ症候群が芽生えて行く。
 激しいシーンはない。暴力シーン少々、カーチェイス少々で話しが進んでゆくが、飽きさせない。
 エホバの証人は輸血拒否だけでなく、クリスマス、ハロウィーンも宗教上の理由でやらないそうだ。確かに、土着宗教から持ち込まれた習慣だから、論理は通っているか。
 1993年の映画だそうだ。
(第80話、5月1日記)
  
この記事についてブログを書く
« ある日曜日 | トップ | バイオガソリン »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事