🌸🌸扉の向こうに🌸🌸

扉の向こうにあるものは・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コスモス

2012å¹´10月02日 20時10分15秒 | èŠ±ã®ç¥žè©±ã¨ä¼èª¬
〈別 名〉 「秋桜」


〈花言葉〉 「少女の純真」「真心」「乙女の純潔」
      「美麗」「乙女のまごころ」「愛情」
      「たおやかさ」「乙女の真心」「乙女の愛情」
(ピンク)・「少女の純潔」
(赤)・・・「調和」
(白)・・・「美麗」「純潔」「優美」


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
分類
植物界 Plantae
被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnoliopsida
キク目 Asterales
キク科 Asteraceae
コスモス属 Cosmos
コスモス(Cosmos)
学名 Cosmos bipinnatus
Cosmos : コスモス属
bipinnatus : 2つの羽状の
・コスモス(英語: Cosmos、学名:Cosmos)
 キク科コスモス属の総称。
 種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を
 指す場合もあります。

・開花時期は、 7/25頃~12/10頃。
・原産地メキシコ。
メキシコから、1876年頃にイタリアの
芸術家が日本に持ち込んだのが最初、
との説があります。
・秋の代表花ですが、早いものは夏のあいだから
咲き始めております。
早咲き遅咲きがあります。

名前の由来
・「秋桜」の字は、主に秋に咲き、花弁の形が
桜に似ているところからの和名です。
・”コスモス(cosmos)”の語源は、ギリシャ語の
「秩序」「飾り」「美しい」という意味の
「Kosmos, Cosmos」の言葉に由来致します。
・「コスモス」とはラテン語で
 星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての
 宇宙の事です。
このことから、星がきれいにそろう宇宙の
ことを、cosmosと呼び、また、花びらが整然と
並ぶこの花もcosmosと呼ぶようになりました。

・葉は線のように細いが、
台風などで倒されても茎の途中から根を出し、
また立ち上がって花をつけるというほど強い。
(見た目とは、だいぶ違うようです)

・日本への渡来は、明治時代の中ごろとされる。
・外来品種ですが、日本の風景に合っております。
・近年、チョコレートの香りがする茶色の
 「チョコレートコスモス」が話題、
 人気を集めております。

特徴
秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。
花は本来一重咲きですが、舌状花が丸まったものや、
八重咲きなどの品種が作り出されております。
本来は短日植物ですが、6月から咲く早生品種もあります。

原産地はメキシコの高原地帯。
18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、
コスモスと名づけられました。
日本には明治20年頃に渡来したと言われております。
秋の季語としても用いられます。

日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育します。
景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、
スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として
活用されております。
ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の
自然植生の攪乱であり、一種の自然破壊であるとの批判があります。

語源由来辞典より
コスモスは、英語「cosmos」からの外来語で、
コスモスは、ギリシャ語で「秩序」「調和」を意味する「kosmos」に
由来する。
「コスモス」は秩序立って統一している」というところから
「世界」「宇宙」も意味するようになり秩序正しく調和のとれたものは
美しいことから「装飾」や「美麗」の意味も含まれるようになった。
植物の「コスモス」は学名を「Cosmos bipinnatus」といい
「bipinnatus」の「bi」は「ビスケット」の「ビス」と同源で「二つ」を
意味し「pinnatus」の「pinnate」は「羽状」のを意味する。
コスモスは「美しい」の意味もあることから
「二枚の羽状の美しいもの」と言う意味で「コスモス」と名づけられた。
     


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
ウィキ 他より転載 加筆 他 あります。

コメント   ã“の記事についてブログを書く
« é‡£èˆ¹è‰(つりふねそう) | ãƒˆãƒƒãƒ— | 10月 »
最新の画像[もっと見る]

コメントを投稿

「花の神話と伝説」カテゴリの最新記事