弁護士公認会計士 横張清威の呟き

日々の出来事に弁護士会計士の視点から独自のコメントを加えています

慣れ

2015年08月30日 | 独り言

人間の神秘というか、生命の神秘というか、

「慣れ」

というものは生きていく上で非常に重要な要素だと思っている

 

「慣れ」は生物が生きていく上で必要なシステムだ

たとえば、極寒の地に生まれたのであればその風土に、砂漠地帯に生まれたのであればその風土に「慣れ」なければ生きていけない

よく「食肉として鶏を絞めること」をできないと耳にするけれども、いざやらねばならない状況に置かれ、実際に数羽の鶏を絞めてみれば、徐々に心理的抵抗感は軽減すると思う

 

このように「慣れ」はプラスに働くこともある

同じ処理を行うのであれば、1回目よりも2回目の方が格段に効率が良くなる

そして、熟練の職人は、「慣れ」によって初回とは比べ物にならないような仕事をこなすことができるようになる

「慣れ」は効率性を上げる役割を果たしている

 

一方で「慣れ」はマイナスに働くこともある

たとえば、どんなに美味しいと思ったレストランでも、2日連続で行けば「慣れ」によって感動は薄れる

子どものときに楽しいと思ってたTVゲームが、大人になるとつまらなくなる(飽きやすくなる)のも、ゲームに「慣れ」てしまったからだろう

「35歳過ぎたら何もかもにやる気が出ない」ということを耳にするが、これも「慣れ」の悪影響のせいだろう

 

 

このように、「慣れ」は、効率を良くする一方で、感動を失わせる一面を有している

しかし、人間が生物である以上、「慣れ」は必然的に生じてしまう

 

そこで、自分は

何かに感動したときに、それに慣れないように工夫する

ということに気を配っている

 

たとえば、とあるレストランに行ってその料理に感動した場合には、半年はそのレストランに訪れないようにして、その味を忘れるようにしている

とある種類のお酒が美味しい!と思っても、それを大量に買い込んだりして飲まないようにしている

絶対に、初回の感動が薄れてしまうからだ

また、海外旅行が好きだとしても、頻繁に行ってしまうと感動は薄れてしまう

なので、適度に調節するようにしている

 

逆に特段感動もせず、仕事合理化の観点から早く効率を上げた方が良いことには、できる限り早く慣れるように短期的に繰り返すようにしている

 

 

人間は生物であることからは逃れられない

なので、その範囲内で最高に楽しく過ごせる方法を見つけるべきだと思う

 

Comment

M&Aにおける知財の扱い

2015年08月28日 | 独り言

夏休みの東北旅行が終了したと思いきや、今日の午後はM&Aのセミナー講演

テーマは、『M&Aにおける知的財産実務の勘所』

財務面を木村会計士、法務面を自分が担当

一粒で二度美味しい?セミナーで、自分も無形固定資産における会計の潮流を把握することができた

 

ちなみに、参加者は一部上場企業の知財部の方ばかりだった

知財はニッチなテーマだから、大企業にならないと手が回らないのかも

 

 

その場で、木村会計士からこんな本をいただいた

もうすぐ出版する決算書に関する書籍とのこと

 

いつの間にこんな本を書いていたのだろう

さすが、簿記全国1位

仕事が早い

 

しかも大衆向けなので、かなりの部数を刷っているとのこと

パラパラ読んでみたけれども、「1秒でわかる」とかいうような、いい加減な本でなく充実しているので、意識高いサラリーマンが読むにはピッタリかと

勉強させて頂きます

印税入ったら消費に付き合います

 

Comment

失敗を恐れない

2015年08月26日 | 独り言

今週は少しずらして夏休みで東北に来ている

現在、秋田の新玉川温泉(秋田の山奥にある)

日本最高の強酸性の温泉で、塩酸風呂とのこと

子供は刺激が強すぎて入ってはいけなく(子供用の風呂あり)、大人でもかなり染みる

 

さて、宿のフロントに置いてあったAERAを手にしてみたら、U-35特集

 

色々な切り口が記載されていたのだが、若い世代は失敗を恐れがちという内容が目を引く

その傾向は、近年ヒシヒシと感じている

ローリスク・ローリターンを好む傾向が強まっている

 

確かに、何でもかんでもハイリスクを追及すべきとは考えていない

しかし、大抵の失敗は大したロスが生じない

それは、特段ハイリスクではない

むしろ、失敗から得られることは計り知れない

 

 

失敗自体をハイリスクと誤解していることが問題だ

 

これは、我が国の少子化と無関係ではないと思う

 

少子化  子供一人あたりの親の時間増加  失敗しないように前もって親が注意する機会増加  失敗した経験が少なく失敗自体をリスクと感じる子が誕生

 

こんな図式が成り立っていると思う

 

 

取り返しがつく失敗ならば積極的に行わせるべきだと思う

 

子供の歩いている目の前に石があって躓きそうな状況でも、躓いて危険な状況でもなければ見守っていてあげるべきではないか

ホテルのバイキングで、食べきれないほど山盛りの食事を皿に盛ろうとしていても、あえて注意をすべきではないのではないか

「転ばぬ先の杖」ではなく、「獅子の子落とし」というスタンスで

 

 

失敗は確かに問題だ

けれども、失敗自体を恐れることは、それ以上の問題をはらんでいると思う 

Comments (3)

ハロー効果

2015年08月20日 | 独り言

ハロー効果をご存じだろうか

このサイトによると以下のように説明されている

「ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。光背効果、後光効果とも呼ぶ。」


ちなみに、ハローは hello(こんにちは) ではなく、 halo(後光) なので要注意


もの凄くどうでもいい話なのだが、社会に出て多くの人に会っていくと、

  1. 有名人と一緒に映った写真を見せたがる人
  2. 有名人と知り合いであることをアピールする人
  3. 有名企業の顧問などであることをアピールする人

というタイプの人に会うことがある

みなさんも、同じような経験があるのではないだろうか

 

これも一種のハロー効果なのかもしれない

こういうタイプの人にあまり会ったことがないピュアな時代なときは、その人のことを「本当に凄い人だ」と感心しがちである

自分にもかつてはそういう時代があった

 

が、この手のタイプの人に多く会うと、この手のタイプのほとんどが、実は大した人ではないことに気づいてしまう

落ち着いて考えてみれば、その人が本当に凄い人ならば、有名人の存在を利用してアピールする必要がそもそもないのである

 

実際に、上場企業の社長などは、「私の会社は上場してます。エッヘン!」などとアピールしないものだ

むしろ、そのことには触れずに謙虚にしていることの方が多い

 

ちなみに、有名人と一緒に写真を撮るなと言っているのではない

有名人を利用して、自分の地位を偽装している人には要注意

 

と、どうでもいいことを思い出しただけである

 

Comment

ブログ開設から3650日

2015年08月12日 | 独り言

ふと、ブログの管理者ページを見てみたら、何と本日がブログ開設から3650日であった

 

正確にはうるう年があるから、10年ではないのだろうが、約10年達成ということになる

最近はめっきり更新しなくなったが、よくまぁここまで続いているものだと思う

 

ちなみに、最初の方の書き込みは、ふざけた内容だったこともあって数年前にある程度削除してしまっている

 

この10年で色々あったなぁと思う反面、10年は意外とすぐに過ぎるのだなぁと実感させられる

おそらく、次の10年も瞬く間に過ぎていくのだろう

 

人生は短い、短いからこそ、必死に生きるべきだ

Comment