弁護士公認会計士 横張清威の呟き

日々の出来事に弁護士会計士の視点から独自のコメントを加えています

7時間寝てみた

2010年07月31日 | 独り言
昨日、睡眠時間について書き込みしている際に、自分は体質的に6時間では少ないのでは


と思い、試しに7時間寝てみた


すると、、、


すっごく頭が冴えている

いつもの1.5倍くらい回転が速いかも
(単なる勘違いのおそれアリ


1時間日中の活動時間が少なくなっても、1.5倍のパフォーマンスを発揮できれば、総合としては効率的だ


今後は、可能な限り7時間睡眠にしようかと思っている





 ↓一日一善
 クリックで救える命がある。
Comment

睡眠時間

2010年07月30日 | 独り言
自分は昔から睡眠不足に弱い

おそらく、生まれつきによるところが多いと思う

徹夜などすると(滅多にしないが)、次の日が一日中眠くて頭が回らない


司法試験受験時代、論文試験は2日間に渡って行われたのだが、1日目の民法で異様な問題が出題され、それが気になって1日目終了の夜に眠れなくなってしまった

おそらく、1時間くらいしか寝ることができず、2日目の試験に突入したのだが、本当に眠くて試験中に何度もカックンと落ちたことがあった(実話)


昨日、こんなニュースを見かけた

寝ないと太るって本当?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100729-00000305-newsweek-int


この中に「
平均的な大人が十分に休息を取り、最良の状態で機能するために必要な睡眠時間は、1日に7~9時間」という記載があった


素晴らしい

自分も毎日7時間30分くら眠りたいものだ

ちなみに、自分は現在約6時間睡眠


それを切ると、眠くて頭が回らなくなるので、このラインだけは死守している






 ↓一日一善
 クリックで救える命がある。
Comment

井の中の蛙

2010年07月29日 | 独り言
昨日、音楽を聴こうと思ってイヤホンを耳に付けようと思っていたら、イヤホンジャックを耳に刺そうとしている自分がいた

試験前で疲れてきているのかもしれない・・・



くだらない話に引き続き、更にくだらない話を続けようと思う



「ぷよぷよ」をご存じだろうか

公式サイト
http://puyo.sega.jp/



落ちてくるスライムのような物体を4つ合わせると消滅することを基本とした、対戦パズルゲームである


↓こんなの





自分は、中学生時代、初代のぷよぷよに填っていた

ぷよぷよを連続して消すことを「連鎖」というのだが、これが多ければ多いほど、相手を攻撃できる


普通の人は、ある程度練習すれば5連鎖くらいは作ることができる

5連鎖以上の連鎖を作るのは、結構テクニックが必要だったりする

物理的には、18~19連鎖を作ることが出来るが、これは現実的には不可能だと思う


自分は、昼夜やりこんだところ(半年くらい)、平均して12連鎖を作ることができるようになり、最大では16連鎖を作れるようになった

ぷよぷよをやったことがない人は難易度が分かりにくいと思うので、便宜上偏差値を付けると

12連鎖で偏差値70

16連鎖で偏差値80

くらいだと、自分の中では自負していた


ここまでやりこんだのだから、ゲームセンター(ゲーセン)に行って対戦しても勝ちまくるんじゃないかと思い、勇んでゲーセンに赴いた
(注:ゲーセンで対戦型ゲームで勝つと、1コインで永遠にゲームができる)




ゲーセンでぷよぷよをしている人がいたので、何気なくその様子を見ていたら、その名前も知らない人が、1回目で不可能と自負していた18連鎖(偏差値100)をやってのけたのだ


もうね、衝撃以外のなにものでもなかった

俺の半年間を返してくれと思った

自分が井の中の蛙だと思い知らされて、その日は何もしないで帰った


そして、それ以降、ぷよぷよは封印した



今でもそのときの光景を鮮明に覚えているから、よっぽど衝撃だったんだろう

そのときぷよぷよをプレーしていた人は、自分にこんなにも衝撃を与えたことは知る由もないだろう




 ↓一日一善
 クリックで救える命がある。
Comment

扇風機でパワハラ

2010年07月28日 | 独り言
日本のマスコミは(海外のマスコミについてはまだ知識がないが)、事実を曲げて伝えるの傾向がある

例えば、本日のニュース

たばこ臭いと扇風機、パワハラ認定146万円」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000085-yom-soci


読売オンラインが発信しているニュースだが、タイトルだけ見ると、扇風機をあてていただけでパワハラ認定がなされ、146万円の賠償金が認められたように読める

が、そんなことはあり得ないのであって、記事の最後の方に

元部長は3人に「給料をもらっていながら仕事をしていませんでした」という内容の文書を提出させたり、怒りにまかせて突然殴ったりしていた

と、チョロッとだけ書いてある、こちらの方がメインのパワハラだろう

今回は、記者の良心が咎めたのか、チョロッとした記載があるので事実が曲がっていたことをこの記事だけで把握できるが、通常はこの記載は存在しない

なので、曲がった情報のみが伝わることになり、結果として誤った判断がなされると思う

このように、読者にインパクトを与えるべく、事実を曲げて記載する傾向が強いのは何とかして欲しい




さて、話変わって会計士試験のこと

自分も試験を受けようと思って初めて知ったのだが、会計士試験の受験科目は以下のようになっている

参照
http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/annai22/01.pdf


<短答式試験>
①財務会計論
②管理会計論
③監査論
④企業法

<論文式試験>
①会計学(財務会計論・管理会計論・財務諸表論)
②監査論
③企業法
④租税法
⑤選択科目(経営学・経済学・民法・統計学のうち1つ)


そして、近年の改正によって、短答に合格した人は、2年間短答が免除されることになった

また、論文でも一定点以上獲得すれば、2年間は科目免除とされることとなった


短答の試験免除は、非常に有効だと思う

ただ、論文の科目免除は、税理士試験の科目免除とは異質なものではないかと思っている


論文試験は偏差値で合否を決する

去年の合格ラインは、偏差値52

意外と低いと思われるかもしれないが、短答を通ってきた者が対象なので、これでも結構高かったりする

ちなみに、足切りラインもあり(偏差値40)、これが1科目でもあると総合偏差値が52を超えていてもOUTとなる

そして、科目合格のラインは、偏差値55.5

これは、かなり高い

なので、科目合格狙いで、数科目しか勉強していなかったら、1科目も科目合格できないで終わる結果となることが往々にしてあると思う

以上のソース
http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/ronbungoukaku_21g.html


このように、会計士試験に科目合格の制度が導入されたからと言って、科目合格を狙うのではなく、落ちたけれども偶々1科目は科目合格していた、という結果論として利用することになっているのが通常だと思う



以上、これから会計士試験を目指す人へのアドバイス(by会計士受験生@まだ合格してない





 ↓一日一善
 クリックで救える命がある。
Comments (2)

トトロ

2010年07月27日 | 独り言
となりのトトロが地上波12回目にもかかわらず、視聴率が20%を超えたそうだ

ソース
http://www.oricon.co.jp/news/movie/78466/full/


映画は、1回見ただけのときと、2回目を見たときとでは、かなり2回目で発見することが多い

最初にあった些細な出来事が、後半に影響を与えている場合とか


ちなみに、自分はトトロを50回くらい見ている


子供がトトロ好きで、何回もDVDで見させられたためだ


最初の5回目くらいまでは、色々と気づくことがあったのだが、さすがに最近では何も気づかない

セリフもかなり覚えてしまった


ただ、トトロのストーリーは、非常に単純なのだが(一言で言えば「病気のお母さんにトトロなどの助けを得て会いに行った話」となる)、それでいて飽きさせない何かがある


3B(トトロとめいちゃんなど)を抑えていることはさておき、単純なストーリーに花を添える「ムダではないムダ」な部分が(まっくろくろすけの話やカン太とのやりとりなど)


それがどうしてムダにならないかは、まだ分かっていない


しかし、自分は合理的な性格なので、「ムダではないムダ」な部分を切り捨ててしまうことが多いと実感している

トトロからムダを省いたら、非常につまらない映画になってしまうと思う

自分もつまらない人間にならないよう、ムダを残そうと思っている



3Bについてはこちら
http://sakaix.com/html/market15.html





 ↓一日一善
 クリックで救える命がある。
Comment