自由設計 福岡市東区工務店・注文住宅・木の家・建て替え・狭小・ローコスト住宅・低価格オーダー住宅・清武建設

ローコスト住宅・健康住宅・注文住宅・朝倉市筑前町福岡市東区古賀市福津市大野城市糟屋志免新宮筑紫野市春日市・工務店・設計

伊都の杜 (新駅前)糸島市注文住宅 2世帯住宅 福岡市工務店 無垢の家 電磁波カット 電磁波対策 オールアース住宅 スウェーデン基準ハウス

2017年10月05日 14時55分28秒 | Weblog

 

【糸島市注文住宅 2世帯住宅】

オールアース住宅(電磁波対策の家)

伊都の杜 注文住宅 

糸島高校前(新駅)イメージ

電磁波対策の家・動画で解説


 ◆平成29年8月24日

T様 宅地案内(古賀市~福岡市東区)


◆平成29年8月26日

T様 宅地案内(糸島市~福岡市西区)


◆平成29年9月16日

F様T様 宅地案内(糸島市)


◆平成29年9月26日 設計契約及び宅地決定

F様T様 宅地購入決定・事前打ち合わせ(糸島市)

(株)清武建設との設計契約 をさせていただきました。


◆平成29年10月29日~30日

F様T様 住宅設備器具の詳細説明及びご検討予定


◆平成29年11月9日 10時~ 土地契約 


◆ 同上      13時~ 決算 


◆ 同上      15時  現地視察


◆平成29年11月10日 工事のご契約 及び ショールームにて器具関係のご確認


◆平成29年11月10日 地盤調査

このスクリューを回転させ、25cm沈む為に何回転必要かで、25cm毎の地盤強度を判断します。

測定は四隅及び中央の5か所行ないます。

※後日、通常の基礎で問題ないという結果が調査会社よりありました。


◆平成29年12月28日 確認申請認可

農地転用⇒土地区画整理法76条申請⇒地区計画⇒確認申請⇒延床面積300㎡以上の為、省エネ計画届出


◆平成30年1月19日 仮設工事(敷地周囲の仮囲)


◆平成30年1月20日~ 基礎工事(やり方)

建物位置を基礎工事の職人と確認しました。

基礎工事において寸法を出す為に、建物周囲に「木杭」と「板」を廻す準備の様子です。


◆平成30年1月27日 基礎工事 

床堀(掘削工事)~砕石敷き


◆平成30年2月5日 基礎工事 

ベース配筋工事状況


◆平成30年2月8日 基礎工事 

立ち上がり配筋工事状況


◆平成30年2月9日 基礎工事 

配筋工事検査状況(瑕疵保険会社の建築士による検査)


◆平成30年2月13日 基礎工事 

ベース部分のコンクリート打設状況


◆平成30年2月16日 基礎工事 

立ち上がり部分の配筋状況を確認


◆平成30年2月17日 基礎工事 

立ち上がり部分のコンクリート打設


◆平成30年2月18日 基礎工事 

立ち上がり部分の天端の不陸調整(セルフレベリング材)工事


◆平成30年2月22日 基礎工事及び大工工事 

基礎工事(型枠撤去及び清掃)、大工工事(基礎に土台を敷く前の墨出し)


◆平成30年2月28日 大工工事(棟上げ)

(7時半頃)

本日の工事開始前の現場状況。数日前より前日まで木材を並べ、棟上げ当日に備えています。

(8時半頃)

1階柱を土台に差し込み、2階の床部分の梁、桁を取り付けています。

(9時頃)

1階柱を土台に差し込み、2階の床部分の梁、桁を取り付けています。

(10時頃)

2階の床部分の梁、桁、火打ち梁を設置し、ボルト締めをしています。

(11時頃)

2階の床部分の梁、桁、火打ち梁を設置し、ボルト締めをしています。

(14時頃)

2階柱、小屋梁、小屋桁部分まで完了。

 


◆平成30年3月1日 大工工事(棟上げ)

(11時半頃)

野地板(杉板)工事中。

(11時半頃)

野地板(杉板)工事中。

(16時頃)

野地板(杉板)工事完了。


◆平成30年3月9日 屋根工事過程


◆平成30年3月9日 オールアース住宅(電磁波対策の家)の打ち合わせ。

壁の中、床下の屋内配線から発生する電磁波を吸収し地面に流す為のシートの張り方について、打ち合わせ。

電磁波対策の家・動画で解説


◆平成30年3月19日 サッシ周辺の防水状況を確認。


◆平成30年3月19日 発砲ウレタン断熱下地の確認。


◆平成30年3月19日 電気配線、コンセント、照明位置、スイッチ等の施主及び電気工事職人との打ち合わせ。


◆平成30年3月19日 確認検査機関による中間検査 及び 瑕疵保険会社による中間検査。


 ◆平成30年3月19日 畳の下の部分は『杉板』を使用しています。


◆平成30年3月22日 床下を通過させる換気システム(PM2.5も除去します。)

冬は床下の方が外気温より温度は高く、

夏は床下の方が外気温より温度が低く、

床下を通過させる換気システムを採用しています。

https://youtu.be/hnHfOnoyfew


◆平成30年3月26日 断熱工事完了 確認

天井裏、外部に接する壁面の断熱状況

床下(基礎立ち上がり部分)の断熱工事確認

※基礎部分は硬質ウレタンを仕様。


◆平成30年3月27日 電磁波を吸収するシート工事

グリーンの電磁波を吸収するシートは、地面(アース)と繋がっており、壁内部、床下にある屋内配線から伝搬される電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。

・天井裏にある屋内配線対策ですが、電気が発生する対象物(屋内配線)から離れており、影響はありません。

・壁内にある屋内配線対策ですが、床から高さ1Mの範囲で、ベット、布団が壁面に接して生活する事を想定し、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。

・床下にある屋内配線対策ですが、寝室部分(長時間生活するスペースの床部分)には、グリーンの電磁波を吸収するシートを貼っています。

電磁波を軽減する仕組み(動画)↓ ↓

https://youtu.be/LHNmL4xMT0c


◆平成30年3月27日 現場外観の様子


◆平成30年4月2日 外壁工事の様子

 


◆平成30年4月19日 物干し設置


◆平成30年4月22日 パソコンカウンター状況

グリーンのシートで、パソコンの電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。

『スウェーデン基準と言われるMPR-Ⅱというガイドラインでは、電磁波(電場)については、25V/m以下と明確に定められおり、

各個室、パソコンコーナー、キッチン周辺、長時間滞在する部屋は、その基準に適合する事を測定により確認。』


◆平成30年4月22日 キッチンカウンター状況

グリーンのシートで、キッチン周辺機器の電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。


◆平成30年4月22日 2階寝室部分の床張り状況

グリーンのシートで、2階床下部分(1階天井部分)の電気配線からの電磁波(電場)を吸収し、地面に流します。


◆平成30年4月22日 ユニットバス工事(2階ユニットバスを1階より見上げる)

加重を支える為にしっかりと固定されています。


◆平成30年4月22日 外壁状況

(足場解体前に不具合がないかチェックしました。)


◆平成30年4月22日 屋根状況

(足場解体前に不具合がないかチェックしました。)


◆平成30年4月22日 室内状況

壁及び天井の石膏ボードに穴を開けて電気配線を出しています。


◆平成30年5月10日 外観状況


◆平成30年5月31日 室内状況(壁紙工事状況)


◆平成30年6月7日 宅内配管工事状況


◆平成30年6月10日 キッチン取付状況


◆平成30年6月25日 完了検査(確認検査機関の建築士による建築基準法適合判定の完了検査)


◆平成30年6月25日 電磁波測定検査(社内検査)

スウェーデン基準と言われるMPR-Ⅱというガイドラインでは、電磁波(電場)については、25V/m以下と明確に定められおり、

その基準に適合した住宅仕様(各個室、パソコンコーナー、キッチン周辺)にて建築し、測定による確認を致しました。 

※社内検査の様子(ユーチューブ)https://www.youtube.com/watch?v=ZrdpzEkgfUk&t=20s


◆平成30年7月9日 電磁波測定検査(一般社団法人日本電磁波協会EMFA検査)

床材の下に電磁波(電場)を吸収するシートを敷いており(3月27日の記事を参照)、

電気配線から放電される電磁波を吸収しアースで逃がしています。

※検査の様子(ユーチューブ) https://www.youtube.com/watch?v=MZTjPU4y3gE

スウェーデン基準の電場 (25v/m)> 当物件の測定による電場 (4.3v/m)

スウェーデン基準の磁場(2.5MG) > 当物件の測定による磁場 (0.22MG)

∴ ウェーデン基準OK  『EMFA優良性能住宅』として認定されます。

我が国における一般的な住宅の『電場』は、数百V/mになる箇所が多く、その事を特に問題にされない現状です。

しかし、スェーデンでは、明確な基準が設けられており、その基準をクリアーした住宅を『EMFA優良性能住宅』として認定されます。


◆平成30年7月30日 玄関タイル工事

タイル下地調整状況(10時)

タイル貼り状況(12時)


◆平成30年7月30日 屋外工事

敷地裏の境界ブロック工事は完了しました。道路面、玄関前のアプローチ部分の工事も順次行います。


◆平成30年8月3日 屋外工事

『花壇・植栽部分』と『建物廻りの砂利敷の通路』の間に、ピンコロ(石材)を敷き詰めています。


◆平成30年8月3日 屋外工事

市道に接する『敷地内通路』に、区画整理街並みガイドラインに従って、石を貼っています。


◆平成30年8月9日 屋外工事

・市道に接する『敷地内通路』石貼(区画整理街並みガイドライン)

・駐車場の土間コンクリート前のスリット型枠工事中。

・メッシュフェンス工事完了。


◆平成30年8月23日 お引渡し

暑い日々が続き、特に、屋外工事(エクステリア工事、外構工事)の職人、左官、の方々には、頑張っていただいていますが、

屋外の残工事がある状況で、お引渡しさせていただきました。(申し訳ありません。)

 

・リビングの奥に『パソコンカウンター』を設置。

 

・パソコンカウンター

当ブログの4月22日において、パソコン及び壁内の屋内配線から発生する電場を吸収し、地面(アース)に流す仕組みの工事過程を掲載。

 

天井まで伸ばさない壁にTVを設置し、開放性、採光を確保。その裏に、作り付けの『パソコンカウンター』があります。 

 

・広いスペースを確保でき、アイランドキッチンを採用。キッチン両サイドからのアクセスが可能で、家族複数で調理する場合は便利です。

 

・洗面脱衣室の横の勝手口より物干しスペースへ

 キッチン ⇔ 食品庫 ⇔ 浴室・洗面 ⇔ 物干し

短い家事動線で、移動できる平面プランの家です。

 

 

 

・キッチン(写真左端) ⇔ 食品庫(洗面台裏) ⇔ 洗面脱衣室 ⇔ 物干し

短い家事動線で、移動できる平面プランの家です。

 

・リビングと一体的に利用でき、リビングを通らず玄関ホールからアクセスできる和室。

家全体のスペースに余裕がある場合は、2WAYアクセスが便利です。

 

・玄関ホールより和室へ。和室の先がリビングで、和室とリビングの一体的な利用が可能。

 

・玄関には、土間収納を設置。家族は土間収納を通過して、室内へ行けます。家全体のスペースに余裕がある場合、

『来客者動線』と『家族動線』が分離でき、2WAYの『玄関~ホール』の動線計画が便利です。

 


お問い合わせ先

不動産・設計部門    : 福岡市東区箱崎7-2-14

倉庫・打ち合わせ分室 : 朝倉郡筑前町栗田957 

株式会社清武建設 (清武一級建築士事務所)

電話 0120-01-5040 (火・水・定休)

ホームページ https://www.kiyotake.co.jp/

電磁波対策の家 電磁波対策の家・動画で解説

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 福岡市東区美和台Y様邸注文住... | トップ | 注文住宅古賀市 工務店の木の... »