馬の尻尾で音あそび

馬の尻尾に松やにつけて、ギコギコ音あそび。いつになってもヴィオラ初心者のつぶやきやぼやきやぶつ…。

ウェアラブルメトロノーム

2017年08月26日 | メトロノーム

たまたま広告が目について、衝動買してしまった「ウェアラブルメトロノーム」というキャッチコピーのSoundbrenner Pulse

本体は、ちょうどmacaronくらい。(クリームの上だけの部分という感じ。食べたことはないですが。)

振動でテンポを伝えるのですが、ケータイのバイブとほぼ同じ部品を使っているようです。多少は強力かな。

私は使いませんが、MIDIシーケンサーか何かを通して、5台まで同期できるという特徴があるようで、そういうバンドなどの練習には他に選択肢がないかもしれません。光の色や振動のパターン(強弱の組み合わせなど)もいろいろ設定できるようですが、1拍子のビートさえ伝わってくれば十分という気もします。

きょう、ヴィオラの練習で使ってみました。はっきり言って、期待以上でも以下でもない。という感じでしょうか。

本体を密着する部位で感じ方が変わるのでいろいろ試してみました。

左上腕だと練習中にも操作しやすいですが、ときどき振動を見失ってしまうことがありました。
お腹も、肌に密着させると振動自体は感じやすいが、直接本体で操作することは不可能。(BlueTooth経由でスマホからコントロールするとことになります。)そもそも肌に密着させようとすると取り付けが大変。(今日は骨盤上部の骨の部分に当ててみました。)オプションのベルトがあるみたいで、それを使うと装着しやすいかもしれません。服の上からだとうまく感じ取れるかどうかはわかりません。

振動を骨に伝えたほうがビートがクリアに感じ取れるだろうということで、スネに巻きつけてやってみました。(メーカーの動画で、ヴァイオリン練習している動画で、足に取り付けているのが見えました。)

ただ、動いているうちに下にずり落ちるかもしれません。ビートは感じ取りやすいです。

さて、実際に練習してみての感想です。

振動でビートを感じること自体は、それほど違和感のあるものではなく、すぐに慣れるようになると思います。そうすれば、ふつうのメトロノームと同じように使うことができるでしょう。(その意味で、期待以上でも以下でもなかったということになります。)

今日は、同じ練習をSoundbrenner Pulseと、拙作のAuftaktと両方交互に使って練習してみました。

テンポを感じ取るという点ではやはりAuftaktが格段に優れていると実感しました。ただ、ビートごとに自分の音のタイミングをきちんと合わせようとするとSoundbrenner Pulseのほうが確認しやすいようにも思います。(これも普通のメトロノームと同じ。)

まだ慣れていないせいもありますが、テンポが速くなると、演奏の方も筋肉を色々動かすせいか、Soundbrenner Pulseの振動がよくわからなくなり、ビートを見失ってしまいます。シンコペーションもすごく取りにくいという印象でした。その点Auftaktだと200BPMを超えても演奏中のビート感は伝わってきます。(やはりテンポ感やリズム感は、ビートのタイミングではなく、全体的な動きなのだということを再認識)

いろいろやってみましたが、メトロノームと言っても、練習の目的によって向き不向き(不向きというほどでもないですが)があるようで、うまく使い分けることも必要だなと感じました。

---

すでにSoundbrenner Pulseを持っている人へ。

使っているうちに暴走してしまい、スマホのコントロールも聞かず、電源も切ることができなくなるということが一度ありました。リセットボタンが見当たらないので、さてどうしたものかとおもったのですが、ちゃんと対策が用意されていました

それは、充電のスタンドに、本体を逆向き、というか、充電のピンと本体を通常とは逆向きに接触させるという方法です。

こんな方法もあるのだと感心しました。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スマートフォンで見るメトロノームをもっと使っていただくために

2017年04月16日 | メトロノーム

拙作の、アウフタクトが見える「見るメトロノーム」Auftakt5ですが、これまでパソコン版のホームページからリンクを張っていただけでした。

 HTML5という最新のコンテンツ配信技術を使ったバージョンで、わざわざストアからダウンロード、インストールする手間なしに、サイトにアクセスしただけで、メトロノームが使えるというモノです。

 

そこで今回、簡単なマニュアルと一緒にQRコードをPDFファイルにまとめました。これを印刷すればいつでもどこでも気軽にアクセスしてもらえるようにしました。

これです→Auftakt5_QRcode.pdf

オンラインマニュアルも作っていなかったので、まさに一石二鳥。

ちょっと工夫したのは、A4サイズのドキュメントを持ち歩かなくても、QRコードの部分だけ切り取ってもらえるように、カードサイズの枠線をつけたことです。

 少しは認知度があがるといいのですが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アウフタクト」Android版を作ってみました

2013年03月28日 | メトロノーム

予想外に多くの人にダウンロードしていただいている、メトロノーム・ソフト「アウフタクト」ですが、ノートパソコンで使うにしても、「場所の確保」が最大の問題でした。

昨年末からAndroid版のプログラミングに挑戦、やっと公開できそうなものができました。Google Playへの登録はもう少し準備してからということで、とりあえず、自分のサイトからダウンロードできるようにしました。

こちらで公開中

ダウンロードすると「身元不明」ということで警告が出ますが、セキュリティのオプションを変更していただければインストール可能です。(セキュリティオプションの設定変更は自己責任で…。インストール後にもとに戻すことをおすすめします。)

使い方は簡単↓

使い方

これで、実際の練習の場面で広く使ってもらえるかと思います。

指揮法の基本動作の練習用にも使えると思います。(現場の先生方、教職課程の学生さん、トライしてみてください。)

初期のスマートフォン、最近のやや縦長の高解像度スマートフォン、安価な小型タブレットである「Nexus 7」、iPadとほぼ同じ大きさの10インチのタブレットなど、Android版スマートフォンやタブレットの多くの機種で動作するはずです。

(コンピュータの負荷の状況など環境によっては、テンポが均等にならないことがあります。)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見るメトロノーム「アウフタクト3」を公開

2012年04月22日 | メトロノーム
2002年に初期バージョンを作り、2008年にバージョンアップしたメトロノームソフト。その後ずっと手を付けていなかったのですが、どうも最近のパソコンでは動きがギクシャクするのが気になっていました。
そこで、新しい開発環境を手に入れたのを機会に、見なおしてみました。
「アウフタクト3」としてとりあえず公開します。

ここでは、今回の開発にまつわることをメモ的に書いておきます。
まず、ユーザ側からの変更点。

以前、とあるユーザ(パリ在住の日本人)から、MM=300~400のテンポを指示できないか、という話を頂きました。その速さで指標を動かしても、動きが不連続に見えてしまい実用的ではないと思っていました。そこで、動きとしてはゆっくりとした動きで、その中にクリック音を出すことにしました。普通のメトロノームに付いている8部音符や3連符相当の音を出す機能です。「アウフタクト3」では、いわゆる拍点のビート感、テンポ感はそのままで、音だけ自由に入れたり消したりできるようにしました。
これに伴い、前バージョンでつけていた、3連符の場所に水平線を引くオプションは不要となり、削除しました。

分割振りの際のテンポの指定を変更しました。前バージョでは分割振りにしたときに、テンポの指定を倍にするなどの手間が必要でしたが、今回その手間をなくしました。しかし、これにはいろいろな考え方があるかと思います。実際使ってみてご意見をいただければと思います。

分割振りの指定を、チェックボックスに変更しました。拍(BEAT)の指定は数字と空白だけにし、分かりやすさを向上させました。チェックのON/OFFで即座に分割モードに移行させることができます。

その他、ファンクションキーだけで基本的な操作ができるようにし、画面上のコントロールの配置もわかりやすく変更しました。あとは指標を単なるボールから、8分音符にしてみました。これはお遊びです。プログラム上は任意の画像を使えるようにしています。ユーザからの要望が強ければ、自分の作ったキャラクターをドラッグ&ドロップして「放物運動」させるようバージョンアップするかもしれません。

今回の公開バージョンでは、チューニングと設定情報の保存機能はつけていません。(単に、時間的余裕がなかったからです。)

--
次にプログラム開発関連の話題です。
今回から、Visual Studio 2010(VB2010)で開発しました。BASICとという名前が残っているものの、かなり本格的なオブジェクト志向になっているなという印象を持ちました。開発環境もかなり使いやすく感じました。が、プロ仕様ということでもあり、私のようなアマチュアが使うにはもったいないですね。

さて、今回のいちばんの目的は、メトロノームの機能そのものではなく、指標の動きの改善でした。
前バージョンよりも初期バージョンのほうが動きがなめらかだったのです。最新のパソコンで、余計なものをあまり突っ込んでいないマシンでも動きがギクシャクしてしまいます。そこで、新しいVB2010でコンパイルすればさすがにそれは解決するだろうと思っていました。

ところが、それは甘かった。です。
ほとんどのBASICの参考書は、タイマー割り込みについて書いていて、タイマー割り込みの値を1msec単位で指定できる。と書いています。ところがどうもこれは違う。たしかに言語仕様上はそうでも実際には、最短でも15msec程度でしか割込みがかからないのだそうです。CRT時代の垂直同期VSYNC割込みの名残でしょうか。
肝心の画面書き換えの割込み間隔については、結局OS任せにするしかありませんでした。さらに困ったことに、どうやらWindows7あたりから、割込みのタイミングを、OSが勝手に決めてしまうそうなのです。

また、画面の書き換えも、プログラム上の命令が置かれているタイミングではなくて、OSが判断して最適のタイミングで書き換えているようです。javaのpaint()メソッドみたいな…。
ということで、このへんのいわゆるリアルタイムOSではないものを相手に格闘するだけの気力も時間も、もうあまりないので、とりあえず前バージョンよりはずっとなめらかに動くようになったということで公開に踏み切ることにしました。
正直、これ以上は私の力では厳しいな。という感じです。

指標を動かさずに、音だけだったら、こんなに苦労することもなかったでしょう。また、midiデバイスに任せれば、もっと高精度のテンポを提示できたでしょう。
苦肉の策として、4つのタイマーを走らせているのです。そのうちひとつは、指標の動きの「拍点」と、音のタイミングのずれを補正するためのものです。

メトロノームに関する論文を検索してみると、意外に、音楽関連よりもパーキンソンやアルツハイマーのリハビリとか、多動性障害の改善に関するものが多く、今後、「アウフタクト」も、それらの分野をはじめ、いろいろな分野で役に立てればいいなと願っています。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アウフタクト2更新

2007年08月18日 | メトロノーム

見て感じるメトロノーム「アウフタクト2」をマイナーバージョンアップしました。

今回の目玉は

  • タップ・テンポ機能:キーやボタンをタップしたテンポで動きます
  • 簡単キー:ファンクションキーのワン・プッシュだけで使えます
  • ヘルプファイル作成:自分としては初めてWindowsのHTMLヘルプを作り、F1キーで呼び出せるようにしました

バージョンはVer.2.3.0です。ベクターには数日後登録される予定。

先日更新したバージョンはベクターの新着ソフトレビューで紹介されました。(どうせなら今回の新版を取り上げて欲しかった‥‥)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メトロノームソフト更新

2007年07月28日 | メトロノーム

ホルベルクのヴィオラが裸になる部分の練習だ!いよいよメトロノームのお世話に。

自作【アウフタクト2】の出番。ところが、画面が見にくい。こんなはずじゃなかったのに!

実は画面の背景をWindowsのデスクトップの色と連動するようにプログラムを作っていたのだ。使っているパソコンのデスクトップの背景を変えていたのだった。公開してもう何年もたっているのに今頃気づいたなんて、トホホ。

ということで即決マイナーバージョンアップ!(ベクターのライブラリのほうは2週間ほど後になる予定。)

久々に使ってみたけど、やっはりわかりやすい。特にゆっくりしたテンポを取るときは最高。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

恐ろしい変拍子

2005年06月29日 | メトロノーム
きょう、知り合いの合唱指揮者に変拍子について見せてもらう機会があった。
合唱曲で、しかもチャンと合唱曲集の楽譜が出版さろているものの中に1小節が(3.5/8)+(6/8) などという小節がある。(目が点になった)
「アウフタクト」では(43222)あるいは(436)というように16分音符ベースで分割すればできることはできる。
が、すべての小節がこれではなくて小節ごとに目まぐるしく変化するというのだ。
やはりプログラマブルバージョンを作らねば‥‥‥
意外に指揮者に需要があるのかもしれない
(おっと)これからオケ練だ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カテゴリー新設

2005年06月17日 | メトロノーム
このところメトロノームソフト「アウフタクト」関連が多くなってきたので、ヴィオラ日記から独立させて別カテゴリーを作りました。

きょうはほんとにささやかな変更を行なってVer.2.2.5をアップしておきました。
ここ

テンポ1~800に拡大しました。
実際に800でやると、何のこっちゃわからん状態になりますが、BEAT指定を(455)などとしてみると、また新たな使い方が生まれるかもしれません。

それから、同じ「ゆらぎ」でもBEAT指定=(1)のときは1/fゆらぎだよ、ということを示すために著ックボックスの文字を変えるようにしてみました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おまけ:1/fゆらぎを追加

2005年06月16日 | メトロノーム
メトロノームソフト「アウフタクト」におまけ機能として1/fゆらぎモードを追加してみました。ダウンロードサイトの
auftakt224.lzhです。


「アウフタクト」をプロの演奏家に見てもらったら、教育用に使えるというよりも、単に見ていて心が落ち着く、なごむ、というような感想をいただきました。別のかたからも、仕事中にデスクトップでずーっと動かしていたい、というようなメールをいただいたこともありました。

ならメトロノームの本来の使命を離れて、おまけとして搭載しようということにしました。

問題はどうやって1/fの不規則なパターンを作り出すか、ということ。
とりあえず間欠カオスという方法でやってみました。

事前にExcelで数列を発生させてグラフでその様子を見てみましたが、初期値によって変動のパターンが大きく変わる事が分かりました。しかしあまり自然界に起こりそうなパターンではないような??

実際動作させてみると、完全なランダムな動きとは違い、暫く落ち着いたかと思うとどんどん速くなったりふっと元に戻ってみたり、と何とも面白いゆらぎです。おもわず暫く見てしまいました。
もうすこし自然なゆらぎが欲しいところです。
PCの熱雑音を利用するとか?‥‥‥

*BEAT欄に1拍子つまり(1)を指定し、fluct.にチェックを入れると1/fゆらぎモードになります。
TEMPOにはもっともゆっくりのテンポを指定します。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

更に機能追加

2005年06月11日 | メトロノーム
またまたメトロノームソフト「アウフタクト2」ネタ。
さらに機能追加。当然の機能追加ともいえますが、設定値を簡単にファイルに追加する機能をつけました。

今日は公開に向けて)ドキュメントの整備に明け暮れました。
とりあえずはWebサイトを更新。スタイルシートを利用してヴィオラ部門全体のデザインを模様替えしてみました。
どうしても地味・淡色系になってしまいますね。(このブログもそうですが)
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする