地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

東京・小石川植物園   12.03.20

2012-03-25 10:28:09 | 関東
小石川植物園へ、恒例の観梅に出かけた。
今年は、花の便りが遅い。



都内の梅も、1カ月近く、遅いんじゃないだろうか。
小石川植物園の梅は、例年なら2月下旬に見頃だもんな。



園内には、梅のいい香りが漂う。
ふわ~んとした、ほの甘い香り、ぽかぽかの陽ざし。
春だなぁ…。



かわいい鳥の鳴き声も、あちこちから聞こえてくる。
梅の枝が揺れているほうに目をやると…



メジロ?
目のまわり、白いですよね? >春分さん



桜やサンシュユなどなど、
他にも、春の花がいっぱい咲いてました。


ホンコンドウダン                         ハヤトミツバツツジ


マメザクラ                             サンシュユ

つぎは桜。いよいよソメイヨシノの季節。
でも、園内の桜、蕾はまだまだ固い。
開花まで、時間がかかりそうですね~。


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (2)

沖縄     12.03.16~19

2012-03-20 11:04:54 | 九州
仕事で沖縄に行った。
東京はまだまだ寒くて、コートが手放せないというのに、
沖縄はGWくらいの暖かさ。



待ち時間に、海辺まで散歩してみた。
仕事場からは、歩いて4~5分。海が青い~~。



この日、与那国島は海開きだったそうだけど、
本島では、海に入るにはまだ早い。
足くらい、水につけて遊んでみたかったけど、
いつ呼び出しがかかるかわからないので、ゆっくりもしてられない。



水が透き通ってる。
晴れた日の海は、ホントにきれいですね~。



海岸に生えているのは、クサトベラという植物。
南西諸島の岩場や砂地、隆起サンゴ礁に群生しているんだそうだ。



別の休憩時間に、反対側の海辺まで散歩してみた。
こちらも歩いて5分程度。
2時間サスペンスに出てきそうな岩場が広がる。



待ち時間は意外に長いけど、いつ開けるかわからないので、
あまり遠くまで行けない。
付近の散歩もしつくしたので、最終日は芝生エリアでゴロゴロして待つ。
直射日光がカラダに痛いけど、芝生に寝ころがると気持ちいい~♪


青い鳥、発見! とってもかわいい声で鳴いてました~。

日中は25~26℃になり、半袖でも十分な暖かさ。
仕事も、おかげさまで、なんとか無事終了。



天気予報では、3日間とも、くもりとか、雨とかだったのに、
ふたをあけてみれば、初日の午前以外は、いいお天気。
お天気の神様、ありがとう! 晴れ女、万歳!
スタッフの皆さま、3日間、ありがとうございました。お疲れさまでした~~!!

コメント (2)

栃木・手白澤温泉   12.03.03~04

2012-03-11 10:54:54 | 関東
妙齢女子5人で、雪の手白澤温泉へ。
3月に来るのは初めてなので、雪はどうかしらと思ってたけど、
まぁ予想どおりという感じかな。



奥鬼怒といえども、3月ともなれば、暖かい日もあり、
とけた雪がまた凍って、その上に新雪が降って…みたいな。
雪解けも間近ですね。



岩の上にまぁるく積もった雪、かわい~。
加仁湯までの遊歩道は、たまに踏みぬいたりすることもあるけれど、
たいがい踏み跡がしっかりしているので、それに沿っていけば、
スノーシューもアイゼンも必要ない。



途中で、猿の群れに遭遇!
遊歩道にも、フレッシュな糞があちこちにありました…(^^;



加仁湯から手白澤温泉まで、車が通れる林道を行く。
冬じゃなければ、気持ちいいブナ林の中を通っていくのにね。
このあたりに来ると、少し標高が高いからか、雪質はサラサラ。
キュッツキュッ鳴って楽しいけれど、ふんばりがきかないから、ちょいと疲れます。

女夫淵を出発して2時間半、手白澤温泉に到着。
温泉にゆっくり入って、お昼寝して…、腹ペコで夕食タ~イム!

 
地の食材満載の前菜。                              ヤマメの塩焼き。太ってますな~ 

 
ワインの品ぞろえがいいのもうれしい。この日はビオワインを中心に。  メインのお肉、デザートを撮り忘れ、いきなり朝食!



朝食の前後に、のんびり露天風呂~。
正面に雪をいただいた山にうっとり。夜の星空もきれいだったなぁ…。
晴れた日の露天はたまりませんね。



手白澤温泉を満喫した5人。
さぁさ、雪道歩いて、帰りましょ。



天気予報では、下り坂となっていたのに、この快晴!
暖かくて、気持ちいい~~。



朝はまだ道が凍ってるから、すべる、すべる。
下りはとくにすべりやすいから、慎重に、慎重に歩きます。



加仁湯と八丁ノ湯の間に、巨大ツララ!
毎年、できるらしいんだけど、すごいボリューム。



ズームしてみると、こんな感じ。
氷の剣が幾重にもつらなってて、刺さると痛そう(笑)。



八丁ノ湯。人気が少ないので、どうしたのかしらと思ってたら、
冬場は素泊まりのみの営業にしているとのこと。
雪の時期は、お客さん、少ないですもんね。



まだまだ冷えるし、雪はあるけれど、奥鬼怒にも春近し。
次は、緑の季節に訪れましょう。

●コース概要
女夫淵バス停12:30-八丁ノ湯14:00-加仁湯-手白澤温泉15:00

手白澤温泉9:30-加仁湯-八丁ノ湯-女夫淵バス停11:40


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (2)