地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮城・鎌先温泉     12.01.20~21

2012-01-22 18:13:40 | 東北
夫の実家(仙台)に帰省した折に、奥羽の薬湯・鎌先温泉に出かけた。
仙台出身の知り合いから、「ものすごくいい」と噂を聞いており、
いつか行ってみていたいと思っていたのだ。



鎌先温泉には、宿が5つほどある。
さて、知り合いが絶賛していたのは、どの宿だろうか。
ツメが甘いワタクシ、宿の名前を聞いていなかったのである。
ネットで調べてみると、「みちのく庵」という宿の人気が高そうだ。
HPを見てみると、
「じゃらん 泊まってよかった宿ランキング 第1位」と書いてあるではないかっ!



しかし、休日料金は30,000円前後! 庶民には手が出ない。
あきらめきれず、宿泊プランをしらみつぶしに調べてみる。
すると、平日限定15,000円! ほぼ半額のお値打ちコースがあるではないかっ!!



ということで、金曜にお休みをいただいて、
夫の母と3人でやってきました、鎌先温泉・みちのく庵。
小高い丘に佇む客室10室、平屋造りの小さな和の宿。
前評判にたがわず、いいお宿でした~。



温泉は、切り傷に特効があることから、「傷に鎌先」の呼び声高い薬湯。
肌ざわりがなめらかで、湯上り後はお肌がすべすべに。
露天はややぬるめで、どれだけでも入っていられる気持ちよさ。



お食事は、地元野菜や三陸の海の幸、仙台牛、契約農家のお米など、
厳選した素材を生かした懐石料理。
味付けが上品で、お部屋食での~んびり食べられるのもいい。



仲居さんも親切だし、お部屋はお掃除が行き届いているし、居心地満点。
顧客満足度が高いのもうなずける。
仙台からも近いし、また蔵王に来たときにでも泊まりたいな~。



●宿泊
鎌先温泉 みちのく庵     宮城県白石市福岡蔵本字狐峯3-4-5


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (2)

神奈川・陣馬山~景信山~小仏峠   12.01.14

2012-01-14 21:12:49 | 関東
ひとつの山をこんなにたてつづけに歩くことはなかろうというくらい、
陣馬山づいている、この年末年始。
高尾山まで縦走したいという思いが、
またもやムクムクと湧きあがり、ひとり歩いてみることにする。



今回は、高尾からバスで陣馬高原下まで行き、そこから山頂をめざす。
冬だからか、バスは空いており、バス停で降りたのは、私を含めて3組。少ない。
しかし、このルート、とってもいい。
傾斜はやや急だけど、雑木林の感じがとっても素敵。



スタートから1時間で、陣馬山山頂に到着。快調。快調。
この調子なら、景信山までは楽勝だな。高尾山まで行けちゃうかも~。



ランチ休憩もそこそこに、景信山へ Let's go!
風もなく、暖かなハイキング日和だしね~。



陣馬山から景信山への道、はじめてでしたけど、ホントにすばらしいですね。
気持ちのいい尾根道。ああ、私はこういう道が歩きたかったんだよな~。



景色が開けているところには、道の脇に椅子が設けてあったりして。
さすが、関東ふれあいの道、至れりつくせりですね。



陣馬山から景信山までの道には、倒木がけっこうありました。
台風15号の爪痕…、高尾山はだいぶ修復されてましたけど、
神奈川管轄エリアは、まだ手がまわっていないでしょうか。



なだらかな尾根道歩き、調子に乗って飛ばしていたら、ふいに右足首に違和感が…。
アキレス腱のまわりが、なんだかズキンとする。むむむ。
こんなことは初めてなので、なんだかよくわからないが、
腱が切れちゃったりしても怖いので、途中からソロソロ歩くことに。



ゆっくり歩けば、大丈夫そうなので、ひとまず景信山まで行ってみる。
景信山までは途中、まき道もあり、急なところが少ないので助かった。



景信山からは、相模湖がきれいに見えるんですね~。
7~8年前に来たことがあるはずなんだけど、全然覚えてなかった(^^;)
この後、小仏峠まで下る。
小仏峠ではまだまだ体力が残っていたので、小仏城山~高尾山へ行きたかったけど、
足首の違和感が気になるので、今日のところは下山することに。
春になったら、またこの道、歩いてみたいな。新緑もよさそう~~。

●コース概要
歩行時間 4時間
JR高尾駅9:45-(バス)-陣馬高原下バス停10:20-陣馬山山頂11:30-(昼食11:45まで)-景信山13:15-小仏峠13:40-小仏バス停14:15-(バス)-JR高尾駅14:55


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (2)

神奈川・陣馬山    12.01.07

2012-01-08 11:14:24 | 関東
ハイキンググループLAMNの新年会で、陣馬山に登った。
今回の幹事は、ワタクシ。
新しい年の幕開けに、真っ白な富士山が見たいと思い、企画した。



週間天気予報では、当初、くもりだったのだが、前日には晴れの予報に。
そして、当日はピッカピカの快晴!
風もなく、おだやかなハイキング日和~♪


この写真には、富士山は写ってません~

歩きはじめて、小1時間ほどたったころ、
樹間から富士山が見え始めた!!
年末に歩いたときは、くもっていたので、どこに富士山がいるかわからなかったけど、
行き(一ノ尾根コース)では、背中の方向にいたんですね~。



しかし、木の枝が邪魔をして、全貌がまだスカッとは見えない。
富士山! 富士山!
富士山は逃げないけれど、早く山頂から見たくて、気がはやるぅ。



しかし、もうすぐ山頂というところで、長~い階段。
急ぐと息がつづかないので、
写真をとりながら、ゆっくり、ゆっくり登っていく。



一気に高度をかせぎ、周囲のお山も見えてきました~。
さぁ、あと少し!



山頂、到着! 富士山、どーーん!!
これこれ、これが見たかったのですよー。



遠くには、雪をいただいた悪沢岳、赤石岳も見えます。
いい眺め。気分がスカッとするな~。


キャンドルは40+1になっていますが、実際は…(笑)。

そして、そして、
山頂では、誕生日のお祝いをしていただきました。
ケーキを山頂まで水平に保って登るのは本当に大変だったと思います。
K部さん、LAMNの皆さん、どうもありがとうございました!
山頂で、「ハッピーバースデイ」を一緒に歌ってくださった
心やさしきハイカーの皆さんにも、感謝!



帰り道でも、富士山はちょこん、ちょこんと顔を見せてくれます。
里から見る富士山もいいなぁ。



冬の里山歩き、とても気持ちよく、
山頂では、誕生祝いまでしていただき、思い出深い山行となりました。
LAMNの皆さま、本当にありがとうございました!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

●コース概要
所要時間 5時間30分
JR藤野駅9:30-陣馬登山口10:00-(一ノ尾根)-陣馬山山頂12:00-(昼食12:40まで)-(栃谷尾根)-陣馬登山口-JR藤野駅15:00


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (4)

東京・奥高尾~小仏城山   12.01.04

2012-01-04 21:46:30 | 関東
新年歩き初めは、奥高尾。
去年見て感動したシモバシラを、今年も見てみたいと思ってやってきた。



暖かい日が続いているので、ないかもと心配していましたが…。
ありました! 紅葉台の脇の日陰に、ひっそりと氷の花がありました!!



去年よりずいぶん小ぶりで、数も少なかったけど。
リボンのような氷の花。自然がつくりだすものって、素敵だなぁ。



紅葉シーズンの喧騒が信じられないほど、静かな静かな奥高尾。
落ち葉が積もった道を、ひとり歩く時間が好き。
本日のお伴(音楽)は、手島葵の「虹の歌集」。
手島葵の声って、この空間にとっても合うんだなぁ…。



昨秋の台風で、倒れていた木は、道にかかっている部分を切り落とされ、
通りやすく整備されていました。
都の整備担当のみなさん、ありがとうございました!



残念ながら、富士山は雲に隠れて見ることができませんでした。
またの機会に。



小仏城山の山頂には、初めて拝見する、こんな像が!
木彫りの天狗像。最近設置されたものだと思うんですけど、
小仏城山にも、なにか名物を! みたいなことなんでしょうかね。

●コース概要
所要時間 4時間
京王 高尾山口駅10:10-(稲荷山コース)-紅葉台-一丁平-小仏城山12:15(昼食12:30)-一丁平-紅葉台-(稲荷山コース)-京王 高尾山口駅14:10


→ 登山の人気ブログランキングへ

コメント (2)