地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

北海道・摩周湖~知床    11.02.20

2011-02-27 22:00:29 | 北海道
北海道3日めのアクティビティは、摩周湖スノーシュー。
スタート地点の摩周湖第一展望台についたときは、
ちょうど気圧の谷が通過中だったらしく、けっこうな荒れ模様。



ガイドさんから、「摩周湖が見えないかもしれないけど、行きますか?」と
聞かれたけど、もうここまで来ちゃったしね。
好転することを信じて、ガスガスの中をスタート!



心配もつかの間、あれよあれよと天気が回復し、
いくらもたたないうちに、この青空。
アリエルさんの晴れ女パワーは本物ですね(^^)



湖面がすっきり見えてきました~。
上空に、風にのって飛ぶオオワシ発見! 気持ちよさそ~。



摩周岳も下のほうが見えてきました~。
上にかかってる雲、とれないかなぁ…。



摩周湖展望台までは、観光バスがたくさん来ているのに、
ちょっと入ったこのコースには、私たち以外、だれもいない。
もったいないよね~といいながら、
だぁれも足跡をつけてないところを、ばふばふ歩いていく。楽しい~♪



前夜、雪が降ったので、雪はふっかふか。
気持ちいいけど、ずっとラッセルするのは体力いるなぁ。



1時間半ほど歩いたところで、ティータイム。
あったかい飲み物がカラダにしみわたります~~。



ふっかふかの雪にダイブしてみたいな~とつぶやいたら、
ガイドさんがやり方を教えてくれました。
両手を広げて後ろに倒れこんだら、腕を上下に動かす。すると…



スノーエンジェルのできあがり♪
これ、perikoさんのエンジェルさん。きれいにできてますね~。



2時間半ほどのツアー、楽しく無事終了。
雪が深かったので、けっこう運動になりました。



摩周岳は途中から、雲がとれて、山頂までくっきり!
遠く向こうには、斜里岳も。
青と白のコントラストがきれいだったなぁ~。



ツアー終了後、屈斜路湖に立ち寄って、バスで一路、知床へ。
ホテル 北こぶしに泊まって、またもや温泉三昧。
流氷、着岸してないけど、明日の砕氷船はどうかしら…などと、
翌日のアクティビティに思いをはせつつ、この日も完全燃焼。


●アクティビティ
リバー&フィールド
摩周湖、屈斜路湖周辺の自然を、四季を通じて、スノーシューやカヌーで紹介。ガイドの竹岸さんにはとてもていねいに案内していただき、ありがとうございました。とっても楽しいツアーでした。半日コース 6000円。

●宿泊
知床グランドホテル 北こぶし  北海道斜里郡斜里町ウトロ東172番地
ホテル最上階にある温泉からは、オホーツク海が一望。流氷はちらほら浮いているけど、接岸してないな…なんて、お風呂につかりながら、様子がうかがえる。8年ほど前に、一人旅で知床に来たときも、ここに泊まった。釧路や網走までバスで無料送迎があるので、移動には重宝。


→ 登山の人気ブログ


コメント (8)

北海道・釧路湿原~養老牛温泉    11.02.19

2011-02-24 00:05:19 | 北海道
「酷寒の北海道に行きたい人~?」
冬の北海道に10回は訪れているというperiko隊長呼びかけのもと、
「はーい!」と元気よく集った女子4人。
釧路~知床経由、網走へと抜ける、道東縦断ツアーに出かける。


ホテル「ラビスタ釧路川」の部屋から見た釧路の朝焼け。北の夜明けは早い。

初日は、JALの夜便で釧路入り。
海鮮居酒屋で、短時間ながらもがっつりと釧路の夜を味わいつくし、
釧路川ぞいのホテル「ラビスタ釧路川」へ。
このホテル、新しくて、最上階にある温泉もよくって、めちゃくちゃおすすめ。
素泊まり4600円とコスパも最高!



2日め、朝風呂の後、釧路川ぞいを散歩してみる。
川には、うす~く、シャーベット調の氷。「蓮の葉氷」というのだそうだ。
このあたり、海水もまざっている汽水域らしいのですが、それと何か関係があるのかしら。



この日のアクティビティは、釧路湿原カヌー&スノーシュー。
「ヒーリングカヌー釧路」のいっちさんのガイドで、いざスタート!



釧路川の勾配はとてもゆるやかで、全長100kmの間、高低差は100m程度。 ← うろ覚え
しかも、カヌーコースの大半は、ゆるい下りなので、ほとんどこぐ必要がない。



風もなく、おだやかな川の上。聞こえるのは、かすかな鳥のさえずりだけ。
時間がゆっくり流れてく~。
カヌーからは、エゾシカやオオワシ、オジロワシなどなど、
北海道ならではの動物たちも見られて、ホントぜいたく~~。



支流のアレキナイ川に入ると、川幅が狭くなり、
左右からヤナギの枝を張り出し、これまたいい感じ。



ここからは、軽くのぼっているので、少しこいでみる。
しゃかりきにこぐ必要はないけど、あまりこがないと、ただの遊覧船になっちゃうしね。



前日降った雪がヤナギの枝につもって、白いお花のよう。
ひと足早く春がやってきたみたい。
ポカポカあったかくて、心配してたのがウソのようだ。



約1時間半で、終点の塘路湖に到着。
カヌーの後は、スノーシューで、釧路湿原を一望できる「二本松展望地」へ。



ガイドのいっちさんに、下からあおって撮影する方法を教えていただき、
雪の上スレスレにカメラを置いて撮影したら、上のような写真が撮れました。
写真だけ見ると、すごい山に行ったみたいだけど、
丘のような、ちいさな山に登っただけです(笑)。


二本松展望地に、あやしい人影。 ロシアの女スパイ!?



二本松展望地からは、さっき下った釧路川の蛇行がよく見える。
こんなにくねくねしたヘアピンカーブを流れてきたんですね~。



ツアー終了後、いっちさんに茅沼駅まで送っていただき、
釧網本線で摩周へ。
茅沼駅で列車を待っていると、タンチョウヅルがわらわらやってきた!
おっきい~~。近くで見ると、頭が確かに赤い~~。

 

列車を待っている間に、釧路方面へ行くSLが到着。
反対方面へ行く列車なので、今回は見るだけでしたけど。
SLとタンチョウ、鉄ちゃんにはたまらない組み合わせなんでしょうね。
小さな駅に、立派なカメラを抱えた人がたくさんいました。

摩周駅からは、タクシーで養老牛温泉「だいいち」へ。
雪の露天、そして岩盤浴。
温泉&ビールをぐだぐだになり、日は暮れていったのでした。


●アクティビティ
ヒーリングカヌー釧路
釧路生まれ、釧路育ち いっちさんの、細やかなガイドで釧路湿原の自然が満喫できる。冬もよかったけど、夏や秋も楽しそう。半日コース8000円。

●宿泊
湯宿だいいち 北海道中標津町字養老牛温泉518 番地
夜のお食事ももちろんおいしかったけど、朝のバイキングの充実ぶりに満足! つきたてのお餅をおやつに持たせてくれるのもうれしい。接客のおばさま方がにこにこしてて、好印象でした~♪


→ 登山の人気ブログ

コメント (2)