地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京・雲取山①        10.08.29~30

2010-08-31 08:32:08 | 関東
ハイキングチームLAMNの例会で、東京最高峰・雲取山に登った。
雲取山は、東京・埼玉・群馬の県境にある、2,017mの名峰。
三条の湯で1泊して、翌日、山頂をめざす。



奥多摩からバスで約50分。
「お祭」バス停で下車し、ハイキングスタート!
三条の湯までは、後山川にそって歩く。



途中、湧き水がしみだしているところや小さな滝が、あちこちにある。
川の音を聞きながらの林道歩きは、この夏の暑さを忘れさせる爽やかさ。



歩けば、汗は噴き出すが、
水辺を渡ってくる風は、驚くほどひんやり、気持ちいい~。



林道終点から、三条の湯へは、このような山道歩き。
雲取山は、整備が行きとどいていて、ものすごく歩きやすい。



小さな橋をわたり、上を見ると、もうそこは三条の湯。
温泉でゆっくり汗を流したら、
夕食まで、川の音を聞きながら、お外でビール!



いや~、極楽、極楽♪
緑の中で、こんなふうにぼんやりする時間をもてるだけで、
来たかいがあったというもんですね~。

●コース概要
所要時間 4時間20分
JR奥多摩駅9:30-(バス)-お祭バス停10:20-(昼食)-三条の湯14:40

●宿泊
三条の湯  
雲取山の南西、山梨県側の標高1,103mにある良質天然温泉の山小屋。今回は個室に泊めていただきましたが、大部屋もおもしろそう。団体客がいなかったので、比較的すいていて、快適でした~。1泊2食 7500円。




→ 登山の人気ブログ

コメント (6)

富山・黒部峡谷     10.08.10

2010-08-14 14:47:43 | 東海・北陸
従妹夫婦の厚意で、黒部峡谷へ連れていってもらった。
富山に実家がありながら、黒部峡谷に行ったことがなく、
宇奈月から出ているトロッコ電車に乗って行くのが、長年の夢だったのだ!



初めて乗るトロッコ電車。ガタンゴトンゆっくり進む。
終点の欅平まで1時間20分、車窓に広がる大自然を満喫する。



こちら、鐘釣駅周辺の黒部川。水が蒼くて、本当に美しい。
鐘釣は駅から徒歩20分くらいのところに、
河原を掘ると、お湯が湧き出る、天然の露天風呂があるらしい。
トロッコ電車からも、ちらっと見えたけど、ワイルドで楽しそう♪



欅平に到着。猿飛峡に向かって歩く道には、
こんなふうに岩壁がえぐられている箇所がいくつかあり、とってもスリリング。



脇を走る黒部川は、轟々うなりをたてるほど、水量豊か。
山で雨が降ったのか、雪解け水なのか。



写真は、黒部川本流でもっとも川幅が狭い「猿飛峡」。
昔、猿が飛び越えたことから、この名がついたそうだ。
同行した従妹の夫から、「猿飛佐助はここと関係があるんですかねぇ?」と聞かれ、
調べてみたが、どうも関係ない模様…。



行きは特別客車に乗ってきたので、窓があったのだが、
帰りは、窓がなく、開放感あふれる普通客車に乗る。

トロッコ電車の醍醐味は、これだわ、これ、という感じ。
車両の脇に、鎖が張ってあるだけなので、腰のあたりを風がびゅうびゅう吹き抜ける。
遊園地の「なんちゃって電車」が、
大自然の中を疾走している感じとでもいいましょうか。

いい! なかなかいい!!
黒部峡谷には、秘湯もいっぱいあるみたいなので、
今度は紅葉シーズンにでも行ってみたいですね~~♪


→ 登山の人気ブログ


コメント (8)

岐阜・平湯~新穂高温泉     10.08.09

2010-08-12 15:37:20 | 東海・北陸
夏休み、富山の実家に帰省した。
避暑に来たつもりだったのに、富山は連日35℃越えの猛暑。
暑い。暑い。暑い~~!!



ということで、奥飛騨方面へやってまいりました。
少しは涼しいかなぁと思っていたのだが、少しどころか、めちゃめちゃ涼しい!
平湯大滝付近は、気温25℃、半袖では寒いくらいだ。

 

平湯大滝は、落差64m、水量豊かで立派な滝。
滝壺近くで、マイナスイオンを全身に浴びる。気持いい~!
やっぱ、夏は滝だね。



温泉通の従妹のすすめで、新穂高温泉の「中崎山荘」へ。
こちら、今年の春に改装したばかりだそう。
お湯はとろり白濁。硫黄のにおいも強く、なかなかいいお湯!

新穂高のバス停に近いので、帰路に着く前に、汗を流す登山客も多い。
下山後の温泉、そしてビール。ああ、うらやましい…。
新穂高ロープウェイの乗り口も、すぐ目の前だし、
いつか、私もこのあたりを歩いてみたいなぁ。


●立ち寄りどころ
中崎山荘   岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
多くの登山ファンに惜しまれながら、砂防工事のため取り壊された中崎山荘。2010年4月、川の対岸に移転して日帰り入浴施設として新規オープン。新穂高温泉では珍しい乳白の湯。ツムラ「日本の名湯シリーズ新穂高」のモデルとしても有名。入湯料800円。


→ 登山の人気ブログ

コメント (6)

千葉・房総    10.07.31

2010-08-11 21:25:23 | 関東
会社の先輩に誘っていただき、房総の別荘にうかがった。
海は久しぶりだなぁ~。



お宅にうかがう前に、外房を1時間ほどクルージング。
いすみ市の豊かな里海を、地元の船長さんに解説していただきながら、
クルージングを楽しむという企画。
大原漁港を出港し、
アカウミガメの産卵場所などを眺めながら、太東埼灯台をめざす。



スナメリ(クジラの一種)が見られるかも~ということでしたが、
この日は残念ながら、発見できず。
でも、さわやかな海風に吹かれて、夏休み気分を満喫~~♪



クルージング後、市場で買い出しをして、いざ別荘へ。
うひゃーーっ。目の前は海! ロケーション、最高!!
以前は、外人さんが住んでいたというだけあって、建屋も、庭も、広い。広い。



芝生のお庭で夕食なんて、ホントおしゃれ~。
お料理上手の皆さまがつくってくださったお料理と、冷えたワイン。
夢のように、素敵な夕べでした。
この後、大量発生した羽蟻の襲撃を受けるというハプニングもありましたが(笑)。



波の「どどーん」という豪快な響きを聴きながら、心地よく就寝。
翌朝、すっきり目覚め、朝食前に、海辺をお散歩。
こういう時間って、贅沢ですよね~。



昨夜、使いきれなかった食材で、朝からリッチな食卓。
朝ビールも、お休みならではの醍醐味。



田舎暮らしって、いいなぁ…。 ←影響されやすい(笑)。
先輩ご夫妻、お料理上手の皆さま、ありがとうございました!


→ 登山の人気ブログ

コメント (6)