地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京・新宿御苑     09.02.28

2009-02-28 22:11:26 | 関東
久しぶりに東京で過ごす週末である。
2月はよく遊び、冬と春の狭間を行きつ戻りつした感じ。
たまには、ホームグランドでのんびり過ごす時間もいい。



早春の新宿御苑、ぶらぶら散歩。
都心では、梅やカンザクラはそろそろ見頃を過ぎた印象。
いよいよ山にも、花の季節がやってきますね。


ミツマタ

 
クリスマスローズ


→ 登山の人気ブログ

コメント (2)

山形・蔵王    09.02.21~22

2009-02-24 22:19:35 | 東北
1泊2日で、山形・蔵王へスノーモンスターを見に出かけた。
初日は、JR主催「駅からハイキング」に参加し、
蔵王坊平高原をかんじきで歩いたのだが、行程のほとんどは吹雪の中。
映画「八甲田山」さながらの過酷な体験だったが(^^;)
2日めは一転して、この快晴! テンションあがる~。



当初は、山形駅発の「駅からハイキング」に参加する予定だったが、
前日のガイドさんが、とてもおもしろかったので、
2日めも、同じガイドさんに、蔵王坊平高原を案内してもらうことに。



リフトを2本乗り継ぎ、標高1,450m地点まで一気に登る。
両脇には、憧れのスノーモンスター!!



リフトを降りると、あたり一面、スノーモンスターでいっぱい。
遠くには、吾妻山~飯豊山がうっすら見える。



足に、かんじきを装着。
シンプル(やや原始的?)なのだが、これがなかなかいい感じ。
歩くたび、パウダースノーがきゅっきゅっ鳴って、楽しい。
そして、意外に沈まないし、滑らない。



いざ、刈田岳に向かってスタート!
お天気がよかったからか、スキーやスノボを背負って登っていく人も多い。
山頂から、シューッと滑り下りるの、楽しそうだなぁ。


Photo by YUKI  (たぶん)

お天気はいいけれど、昼前から風が強くなってきた。
上の写真は、雪が風に吹かれてできた筋。風紋とでもいうんでしょうか。
波打つ雪、光と影が生み出す風景は、なんだか芸術的ですね。



時間的に、刈田岳山頂まで行くのはむずかしかろうということで、
刈田リフト手前の駐車場あたりで折り返す。
誰も歩いてないところに、足あとをつけていくのって、わくわくする~♪



ここが、ガイドさん一押しのビュースポット。
正面には、アオモリトドマツの樹氷原。



左手には、刈田岳山頂と樹氷原。
うわーん、ガイドさん、ありがとう! 絶景に感動しました!!



今年は暖冬のため、2月上旬に雨が降り、樹氷は一旦溶けたそうだ。
それが、ここ2~3日の寒波で、再び着氷したのだが、
地元の方いわく、「本当の樹氷はこんなもんじゃない」らしい。
でも、初見の私には、これで十分でございます。



こちらもいい眺め。正面には、朝日岳がそびえる。
靄がなければ、月山や鳥海山まで見えるそうだ。
なんだか、東北の山への登山熱が高まってきたぞ。



感動を胸に、下山。
天気は下り坂で、ものすごい風&地吹雪に。早々に下山してきてよかった。
いろいろお世話いただいたガイドさん、どうもありがとうございました。
蔵王、最高です。また遊びに行きますね!!

●宿泊
材木栄屋旅館      山形県上山市新湯6番11号  
大正10年に創業。90年の歴史を持つ昔ながらの温泉宿。木の温もりと香りをそのままに日本庭園を眺められる檜造りの露天風呂、趣の違う2つの貸切風呂がある。下の写真は、貸切風呂のひとつ「ふじの湯」。ぬる湯で気持ちよかったです~~。




→ 登山の人気ブログ

コメント (6)

熊本・南小国&黒川温泉    09.02.15

2009-02-16 23:04:25 | 九州
土曜早朝便で、東京~熊本へ移動して、あまりの暖かさに驚く。
週末は全国的に暖かかったようだが、熊本も初夏の陽気。
車に乗っていると暑くて、クーラーをかけてしまった。
阿蘇も、例年なら雪があってもおかしくないのだろうが、この通り。



枯草の草原が広がる、冬の阿蘇。あと1カ月もすれば、野焼きの季節。
山一面焼かれて、黒こげになるのに、
1カ月ほどで柔らかい草が生えはじめ、5月には明るい緑で覆われる。
自然の力って、ホントすごい。



本日の目的地は、南小国の自然食レストラン。
昨秋に訪れて、居心地のよさとおいしさに痛く感動。
2度めの今回は、たまたま空いていた個室で、ランチをいただく。



暖炉やアンティークっぽいストーブなど、オーナーの趣味がつまったお部屋。
内装も、窓から見える緑も、いい感じ。
2人で、このスペースを占有できるなんて、贅沢だなぁ。



そして今回、夫と私がいただいたのはこちら!
どちらも、素材を生かしたやさしい味。

 
夫がオーダーした冬限定ポトフ&玄米ごはん。有機野菜のサラダがまた絶品。

 
私がオーダーしたオープンサンド。ポタージュも、サラダも、うまひ~♪

 
こちら、レストランの定番メニュー。次は何をいただこうかしらん♪



森のレストランから、黒川温泉が近いことに気づき、足をのばすことに。
先週、奥山田温泉に行き、秘湯気分が高まっていたので、
日本秘湯を守る会会員宿「新明館」へ立ち寄ってみる。



味わいのある洞窟風呂で、しばし瞑想…。
ここのお湯、すごくいい!!
湯上り後、これまでの温泉で体験したことがないくらい、体が軽くなった。
日曜最終便で、東京に帰ってきたが、自宅に戻ってもなお、体が軽い。
温泉の効能を、ここまで実感したのは初めてかも。
ブラボー! 黒川温泉!! 老後は南小国に住みたいぞ!!!

●立ち寄りどころ
森の中の古民家 ガーデンレストラン   熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場2344
山の宿 「新明館」              熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉



→ 登山の人気ブログ

コメント (6)

東京・小石川植物園    09.02.11

2009-02-11 18:36:57 | 関東
梅の季節となりました。
東京は朝から曇り空だったけど、「今日しか行けない!」と思って、
小石川植物園に、梅見に行ってきました。





梅の甘い香りにうっとり。いよいよ春だなぁ。
そういえば、今朝からちょっと目がむずむずする…。
今年は、花粉症、早いなぁ。





園内には、他にも早春の花が咲いてました。

 
福寿草                    ミツマタ

 
シナマンサク                 カンザクラ

運動不足解消のため、小石川植物園から錦糸町まで歩く。
水道橋やお茶の水あたりをふらふら歩き、
道がこんなふうにつながってたのか…と思ったり。
2時間半くらいで、けっこうな距離を歩けるもんですね。


→ 登山の人気ブログ

コメント (8)   トラックバック (1)

長野・奥山田温泉②     09.02.08

2009-02-10 20:55:49 | 甲信越
満山荘2日め。
前夜、雪が降ったため、山一帯がうっすら雪化粧。
朝のうち厚かった雲が、風に吹き飛ばされて、見る間に青空が広がってきた。



山が少しずつ見えてきた。右奥の山は飯綱山かな。
戸隠、黒姫、妙高、斑尾と合わせて、北信五岳というそうで、
午後に行った小布施の町から、きれいに見えた。



前日3回、本日2回、計5回、露天につかり、
奥山田温泉を心ゆくまで堪能させていただきました。



名残を惜しみつつ、満山荘を後にし、
途中、山田温泉で、公営温泉「大湯」に立ち寄る。
浴場は総檜造り、床も壁も板張りで、なかなか風情のある温泉でした。
(大湯の写真、撮り忘れました)



風呂からあがった後、食べ過ぎ&運動不足解消のため、少し歩く。
お天気もいいし、山もきれいだし、気持ちいい~~。



午後、小布施に寄り、北斎館などを見て、帰路につく。
母が北信出身なので、小布施は子供のころ来たことがあるけれど、
あまりの変貌ぶりにびっくり!
小布施って、ずいぶんおしゃれな町になったんですね~。

●立ち寄りどころ
蔵部    長野県小布施町807
桝一市村酒造場の酒蔵を一部改造してつくった和食レストラン。魚や信濃牛をつまみに、日本酒をいただく。うまひ~♪




→ 登山の人気ブログ


コメント

長野・奥山田温泉①     09.02.07

2009-02-09 11:37:22 | 甲信越
信州高山温泉郷の奥にある山田温泉。
めざすは、そのさらなる奥に位置する奥山田温泉・満山荘。
その名のとおり、北アルプスが一望できる秘湯の宿だ。



標高1,500mということなので、覚悟して厚着をしていったのだが、
お天気がいいせいか、拍子ぬけするほど暖かい。



下の写真は、部屋からの眺望。
晴れた日には、奥穂高、槍、立山、剣、五竜、白馬など、
岐阜から富山、長野、新潟へと80kmにも連なる北アルプス連峰が見えるそうだ。



当地は快晴だったが、北アルプスは遠くにうっすら稜線が見える程度。
朝はくっきり見えてたそうなので、残念~~。



宿で一服した後、近所を散策。
さっきは、あの窓から北アルプスを眺めていたんだな。



歩いて5分くらいで、山田牧場スキー場に到着。
ここを起点に、山田温泉スキー場まで、
自然の中を滑る、日本最長の「タコチツアーコース」(13km)があるそうだ。
スキーが上手だったら、こういうの楽しいんだろうな。
自然スキー(バックカントリー?)、最近ちょっと興味ある。
ボーゲンしかできない人間としては、まずスキー技術を身につけなくちゃですね。



宿に戻って、温泉、温泉♪
近くのお山を眺めて、しばしぼんやり…。
といきたいところだが、湯が熱くて、ゆっくり浸かっていられない。
いいお湯なのに、もったいない。

お風呂の後は、ごはん、ごはん♪
満山荘の魅力は、山、風呂、そして、奥さんの手料理。
家族経営ということで、食事は奥さんがすべて一人でつくっているそうだが、
一人でこれほど手のこんだお料理を饗せるなんて、驚きだ。

 
長芋そうめん 牛乳豆腐 山菜辛子酢味噌  大皿(石川芋練うに エシャロット味噌等)

 
岩魚の塩焼き 焼きそら豆           北信濃風いなか料理 おしながき

揚げたての天麩羅(まこも筍、タラの芽、フキノトウなど)が、またおいしい♪
旦那さんと2人で、小走りしながら、調理とサーブを繰り返す。
2人でまかなっているとは、とても思えないお料理&サービス。
どれもこれも、みなおいしく、大満足!!

パンパンにふくれたお腹をかかえて、部屋の布団になだれこむ。
こんな幸せがありましょうか。極楽、極楽。
  
●宿泊
満山荘    長野県上高井郡高山村 山田牧場 奥山田温泉
長野駅から、長野電鉄で須坂まで約20分。路線バスで山田温泉まで約40分。シャトルバスで宿まで約30分。東京から3時間半と、意外に近い。
日本秘湯を守る会会員宿。3年の間に、会員宿に10回宿泊すると、1泊がただになるスタンプラリーに参加。温泉熱に火がついた感じ。次はどこに行こうかな~。





→ 登山の人気ブログ



コメント (8)

熊本・観海アルプス   09.02.01

2009-02-02 21:53:38 | 九州
天草の松島町に、早咲きの菜の花があると聞き、出かけてみた。
おおー、咲いとる、咲いとる!
冬とは思えない暖かい日差しを受けて、
菜の花畑が、さらに明るく発光しているようだ。



2haの敷地に、100万本もの菜の花が咲いているというので、
どんなにか大量に咲いているのであろうと期待していたのだが、
100万本って、こんなもんなんですね…という印象。



本日のメインイベントは、本渡市のイタリアンレストランでのランチ!
しかし、予約の電話してみたら、なんとお休み(><) ツメ甘し。
気を取り直して、松島で海鮮丼を堪能し、
腹ごなしに、以前から気になっていた観海アルプスを歩いてみることにする。



観海アルプスは、上天草の東海岸にある、
高舞登山、金毘羅山、蕗岳、鋸岳、白岳、鹿見岳、念珠岳、竜ケ岳などの総称。
この連山を結ぶ尾根道は、九州自然遊歩道として整備されており、
不知火湾を見下ろしながら、気持ちよく歩くことができる。



今回は、白嶽キャンプ場に車を停めて、白嶽山頂へと歩く。
林道を15分ほど登っていくと、突然、視界が開ける。
うぉぉぉー。青い海、青い空! 船の白い航跡が美しい~。



白嶽山頂は、360°視界が開けている。
振り返れば、松島越しに、普賢岳がどどーん。
いやはや、素晴らしい眺望です。



ちゃんと装備をしてこなかったので、あまり遠くまで行けませんが、
陽気に誘われて、牟田峠方向にしばしお散歩。
尾根道は歩きやすく、ところどころで、海が見える。
この散歩道、本当に気持ちいい。今度はもっとゆっくり、全部歩きたい!!!



白嶽森林公園には、なんと、巨石群遺跡もあった。
怪しいものが大好きな夫は、意外な出会いに大喜びである。
上の写真は、紀元前数千年前に造られたとされる
「ドルメン」(天上石を石柱で支えているもの)。
もし古代人が造ったものだとしたら、世界最大級らしい。

不思議なものって、あちこちにあるもんなんだなぁ。
でもでも、ここは予備知識がなかったので、本当にびっくり!
矢岳山頂南斜面にある「宇宙船石」は、見つけられなかったので、いずれまた。
天草の魅力、懐深し。ちょっとハマっちゃったな~。

●立ち寄りどころ
・天草上島  松島町 菜の花
・観海アルプス
・矢岳巨石遺跡


→ 登山の人気ブログ


コメント   トラックバック (1)