地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京・浅草~合羽橋   08.02.23

2008-02-24 13:50:13 | 関東
ブログというのは、本当に不思議なものだ。
まったく面識がない人のものでも、
定期的に読んでいると、その人となりがよくわかる。
ブログを始めて、1年ちょっと。
ご縁あって、ブログで交流するようになったpopokiさん
思いがけず、「オフ会」をすることになった。



場所は、浅草~合羽橋界隈。
まずは、やぶそばで腹ごしらえ。
日本酒をきゅっといきたい気持ちを抑え(笑)、
もりそばと鳥わさ、かまぼこをいただく。

それから、キッチン用品の問屋街・合羽橋へ。
鍋の博物館や包丁専門店、竹細工専門店など、おもしろい店が軒をつらねている。
今回の戦利品は、雪平鍋と、竹のざると、野田琺瑯のバット。

約3時間におよぶ買いもので、冷えた体を、甘味処「梅園」で温める。
春一番が吹き荒れる寒い午後、
長々とお買い物におつきあいいただき、popokiさんには心から感謝。

 

浅草寺では、「今年もよく歩けますように」と祈りをこめて、
大きな草鞋にハイタッチ。今日も1日、よく遊びました。
popokiさん、ご案内、本当にありがとうございました。
すてきな出会いに感謝します。ついてる~!



●コース概要
所要時間 約5時間
本所吾妻橋駅12:00-やぶそば-合羽橋-梅園16:00-浅草寺-浅草神社-浅草駅17:00

●立ち寄りどころ
<吾妻橋やぶ蕎麦>   墨田区吾妻橋1-19−11
杉浦日向子さんおすすめの店。浅草の「並木のやぶ」ではなく、「神田のやぶ」系の店だそう。細めで色白、コシのあるそばでした。今度は胡麻汁そばを食べてみたい~。

<梅園>   台東区浅草1-31-12
開業1854年という歴史ある甘味屋。粟ぜんざいが有名。私は豆かん(豆と寒天に黒蜜がかかっているシンプルな甘味)をいただいた。

●おみやげ
popokiさんからいただいたレモングラス。さっそくハーブティーにまぜていただきました。ありがとうございました!

コメント (2)

栃木・手白澤温泉②   08.02.17

2008-02-17 23:55:46 | 関東
手白澤温泉2日め。
前夜から降り続いた雪で、あたり一面、まっ白。
新雪は踏みしめると、キュッキュと音がして、歩くのが楽しい。
子供みたいに、わざと誰も歩いていないところを選んで歩いてみる。



新雪でふかふかの道は、昨日より、格段に歩きやすい。
雪道を歩くと、なんだかとっても懐かしく、ほんわかした気持ちになる。
子供時代の記憶がよみがえってくるからかな。
久しぶりに、田舎に帰省したくなった。



●コース概要
所要時間 2時間10分
手白澤温泉9:00-八丁の湯9:45-女夫渕バス停11:10
コメント (2)

栃木・手白澤温泉①   08.02.16

2008-02-17 23:00:30 | 関東
昨年につづき、今年も雪の季節に、手白澤温泉を訪れた。
雪のない時期なら、2時間も歩けば、宿につくのだが、
今年は雪が多くて、ひと足ごとにハマったり、よろけたりするせいで、
なかなか前に進まない。
部活で砂浜を走らされる中学生の気分とでもいいましょうか。
足が重い。乳酸がたまる…。



八丁の湯からは、車も通れる道を行く。
ハマることがないので、少し歩きやすくなった。
加仁湯からは、手白澤温泉の看板犬クロちゃんが一緒に歩いてくれ、
一同、俄然活気づく。



雪道と格闘すること、3時間。
宿が見えたときには、ホッとした。
あとは温泉に入って、ビール飲んで、うだうだするだけ。
なんて幸せ~。



●コース概要
所要時間 2時間50分
女夫渕バス停12:30-八丁の湯14:30-手白澤温泉15:20

●宿泊
手白澤温泉   栃木県日光市川俣870
山奥の秘湯ながら、清潔でモダンなつくりの宿。開放的な露天風呂は、自然の中でお湯につかっているよう。お湯がぬるいから、いつまでも入っていられる。というか、外が寒いから、出るのに勇気がいる(笑)。

 
コメント (6)   トラックバック (1)

熊本・日本一の石段   08.02.10

2008-02-11 01:19:41 | 九州
熊本に、日本一の石段があると聞き、
一度はトライしてみたいと思っていた。
この石段は、1200年の歴史を持つ釈迦院の表参道(御坂)に、
町おこしの一環として、1988年につくられたもの。
3,333段、標高差620m、約3kmの行程。ちょっとしたハイキングである。



わりと軽い気持ちで登り始めたのだが、
単調な石段は、1,000段をすぎたあたりから飽きてくる。
2,000段をすぎてからは、石段に雪が積もっている。
あなどれない…。



頂上の展望台からは、雲仙・普賢岳まで見えるそうだ。
しかし、展望台は風があり、止まっていると、すぐ体が冷えてくる。
景色をあまり堪能することもなく、早々に下山した。
下の写真にうっすら写っているのは、もしかして普賢岳…?



この石段、下りはもっとあなどるなかれ。
山道の下りでは、多少の登り下りや尾根もあるけれど、
下り一辺倒の階段では、脚の裏側の筋肉が異様に疲れる。
無事、下りきったときはホッとした。
新緑や紅葉の季節だったら、また別の楽しみもあるんだろうな。
次回は、近くの温泉つきで企画したいものである。

●コース概要
所要時間 2時間40分 
石段スタート14:10-石段展望台15:40-石段ゴール16:50
コメント (2)

熊本・菊池温泉  08.02.09

2008-02-09 18:16:04 | 九州
久しぶりの熊本。意外に寒い。
冬はやっぱ温泉だよね~ということで、立ち寄り湯に出かけた。
熊本のいいところは、車で小1時間くらいの圏内に、
たくさんの温泉があるところだ。

今回は、菊池のはずれにある天然温泉「はなぶさ台 翠篁苑」へ。
ここは「竹取物語」の世界観をテーマにした宿で、
竹林を平安様式の回廊で囲み、その周辺に客室などを配している。
全体に趣味がよく、落ち着いた大人の癒し空間といった感じだ。



立ち寄り湯の場合は、大浴場のみの利用となるが、
野天もあり、ここだけでも十分に温泉を堪能できる。
しかし、雑誌の「デザイナーズ温泉特集」などでも紹介されるように、
ここの売りは、6室しかない客室それぞれについている野天風呂だ。
「月光」「笹」「満月」など、名前も趣があり、ちょっとそそられたな~。



土曜日なのに、宿泊客が到着する前だったからか、
浴場もカフェもすいていて、本当にのんびりできる。
東京近辺では、なかなかこうはいかない。
地方都市って、こういうところがいいですよね。

●立ち寄りどころ
はなぶさ台 翠篁苑   熊本県菊池市出田2121-176
1日6組限定の大人の宿。岩盤浴やアーユルヴェーダなどの癒しもあり、女性が好みそう。温泉は単純温泉(低張性 弱アルカリ性)。立ち寄り湯 700円。
コメント (4)   トラックバック (1)

埼玉・長瀞    08.02.02

2008-02-02 20:41:33 | 関東
2週連続で、ロウバイが咲く長瀞・宝登山へ。
というと、相当のロウバイフェチのようだが(事実そうなんだけど)
今回は、ハイキングチームLAMNの例会である。
私が幹事だったので、先週は散歩がてら「下見」に訪れたのだ。
開花は少し進んでいたけど、まだつぼみもあり、来週あたりが満開だろう。



宝登山へは、ここ数年、毎年、ロウバイを見に来ているのだが、
素心、和蝋梅、満月という3種類の花があることを初めて知った。
原種である和蝋梅は、花芯部が紅紫で、他の2種と明らかに違う。
写真を撮ったのだが、マクロの調子が悪く、ピンボケになってしまった。残念。

宝登山山頂には、マンサクや福寿草も咲いていた。
早春は黄色い花が多いのかしら。
今日見た花は、みんな明るい黄色でした。


マンサク                  福寿草

●コース概要
所要時間 4時間10分  約7km
野上駅 10:30-長瀞アルプス登山口-天狗山分岐-野上峠-小鳥峠-宝登山裏参道-宝登山12:20-昼食12:40-表参道-長瀞駅14:00-岩畳-長瀞駅14:40

●立ち寄りどころ
元祖 打ち込みそば とらや    埼玉県秩父郡長瀞町長瀞804-3
BGMにジャズが流れるそば一筋の店。石臼で自家製粉した荒挽きの地粉を使用しており、そば本来の味と香りを楽しめる。
コメント (11)   トラックバック (1)