地図が読めない女のハイキング日記

山と温泉と季節の草花と

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岐阜・福地温泉     10.11.22

2010-11-28 08:51:41 | 東海・北陸
富山に帰省したついでに、母と福地温泉に出かける。
温泉のついでに、帰省したのではないかというつっこみが聞こえてきそうだが、
まぁ、どちらでもよいではないか。



実家から奥飛騨温泉郷は、車で約1時間半。
今回は、路線バスで出かけたのだが、
バス停が宿の目の前にあり、足の便が非常によい。
宿泊したのは、日本秘湯を守る会会員宿「湯元 長座」。
古い豪農の館を移築した、趣のある宿である。



中に入ると、大きな囲炉裏の居間がある。
囲炉裏のまわりには、熊の毛皮が敷いてあり、マタギの家にでも来たよう。
火にあたりながら、あったかいゆず湯や生姜湯をいただくのがいい感じ。



大浴場は檜張り。外には巨石を集めた露天風呂があるのだが、
雨が強く降ってきたので、早々に退散し、内風呂で温まる。
このほかに、家族風呂が3つあり、それぞれに露天がついている。



さらにさらに、別棟にもうひとつ、お風呂がある。
こちら「かわらの湯」は、その名のとおり、川沿いにつくられた半露天。
開放感があって、気持ちいい~。



食事は、囲炉裏のある個室で、ゆっくりいただける。
岩魚の塩焼きやら、飛騨牛のすき焼きやら、おいしいものが次々出てきて、
気が遠くなるほど、満腹になった。



日本むかし話にでも出てきそうな、なつかしい空間で、
のんびり温泉三昧。
雪のある季節は、なお静かでよさそうだなぁ。
12月下旬~3月中旬には、凍った滝をライトアップする催しもあるらしい。
宿代が2割安になる「冬割」もあるそうなので、今度は冬に来てみよっと。



帰りのバスからの眺め。
途中、青空が広がったかと思ったら、雨が降ってきたり、山の天気は変わりやすい。
でも、おかげで、くっきりきれいな虹が2回も見られました。
ツイてる~~♪




●宿泊
湯元 長座   岐阜県奥飛騨温泉郷福地温泉
平安時代、村上天皇が湯治に訪れていたという福地温泉。「天皇泉」とも呼ばれ、湯量がとっても豊か。福地温泉の宿に泊まると、もう1軒、ほかの宿の温泉にもらい湯ができる「もらい手形」がもらえるのだが、今回は宿のお風呂に満足してしまい、手形は使わずじまい。


→ 登山の人気ブログ


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 富山・実家    10.11.20 | トップ | 東京・高尾山    10.12.04 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温泉~ (popoki)
2010-12-11 10:03:09
福地温泉、いいですね。
お写真を拝見して、私が泊まったところと似ているような気がしました。(とはいえ10年以上昔)
たしかに、お湯が豊富な印象でした~。
山登りとセットで、いつかまた行きたいな~。
いいところでした~ (kiyomix)
2010-12-12 10:56:47
>popokiさま
福地温泉、タイムスリップしたみたいなところでした。
のんびりお湯を楽しむには、こういう空間がいいですね~。
まわりには、お山がたくさんあるので、ハイキングもし放題!
いつかご一緒したいですね~~。

コメントを投稿

東海・北陸」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事