マイウォーク

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

静岡市と山梨県の境にある青笹山を歩きました

2014-10-25 | 日記
 10月24日(金) コースは有東木の葵高原から地蔵峠を経て仏谷山・青笹山に登り帰路は新道から葵高原へ下る  歩行時間 4時間10分 距離9.5km
葵高原5時50分出発→6:40地蔵峠入口→7:17地蔵峠(1,414m)→7:35仏谷山(1,503m)→細島峠→8:45青笹山(1,588m)9:30下山→9:50新道入口→葵高原11:10ゴール
  歩行時間 3時間25分 歩数 13,500歩

 林道から地蔵峠入口   

 仏谷山  細島峠

     

     

     

 紅葉
       
  ※有東木集落はワサビの発祥地と知られているワサビ、お茶の栽培がめだつ
  ※山頂付近は青笹山の地名の如く一面青笹ですが山道は刈り取られていて歩き易い
  ※新道は急な下りがあり滑りやすいので注意

 
コメント

丹沢山(日本百名山)・蛭ヶ岳(神奈川県最高峰)を歩きました

2014-10-12 | 日記
 10月10日、11日四名で歩いてきました
コース 1日目 大倉→1:50堀山の家→1:15金冷し→:25塔ノ岳(尊仏山荘)→1:10丹沢山→1:00棚沢ノ頭(1,614m)→:50蛭ヶ岳(1,673m)→:40棚沢ノ頭→:50丹沢山(みやま山荘) コースタイム実働8時間 
 大倉5:10出発
見晴茶屋→駒止茶屋→7:05堀山ノ家→花立山荘→8:40金冷し→9:00塔ノ岳(尊仏山荘)→日高→竜ヶ馬場→10:20丹澤山10:50→不動ノ峰→11:50棚沢ノ頭→鬼ケ岩ノ頭→12:30蛭ヶ岳(1,673m)12:50→14:20丹沢山(みやま山荘)到着
      

      

      

       

      

      

 コースは階段状に整備されている岩場もある
        

 
         

 夕焼けと夕食
   
 コースはよく整備され木造の階段が目立つ標識も明快ですベテランの登山者の話で10年くらい前は草木も食害で最悪だったが対策がよく、蘇ってきたと話されていた。実際に再生対策が施されている事が随所にみられる。今はリンドウが真っ盛りきれいですよ。
本日の歩数 33,500歩            

      
コメント

丹澤山(1,567.1m)・蛭ヶ岳(1,673m)を歩きました

2014-10-12 | 日記
 10月10日11日の2日間4名で歩きました
コース 1日目 大倉→堀山の家→金冷し(2日目の分岐)→塔ノ岳(尊仏山荘)→丹澤山(日本百名山)→蛭ヶ岳(神奈川県最高峰)→丹澤山(みやま山荘宿泊)
    2日目 丹沢山→塔ノ岳→金冷し(分岐)→鍋割山(1,272m)後沢乗越→二俣→大倉(ゴール)
 2日目 丹沢みやま山荘5時50分出発昨日登った山、景色を確認しながら鍋割山を目指す。金冷しの分岐までは引き返すこととなるが逆歩きも目線が変わり楽しく進めた、大丸(1,386m)、小丸は鍋割山稜で登り、下りを繰り返しながら8時50分鍋割山に到着、鍋割山荘は鍋焼うどんが名物でうどんを食べるために登山する人があるようです。早い到着でしたが、先に到着して食している登山者は多数いました。次つぎと申し込んで30分くらいで空きテーブルを探すほどの盛況でした、50分ほどで山頂がガスって視界が悪化し急遽下山する。登山する人が途切れる合間を下るのには苦労しましたが、11時を過ぎた頃からは混雑は解消されされ始め、12時を過ぎてからは登山者はぷっつり切れました、やはり鍋焼きうどんの効果は大きいようだ。13時20分無事大倉到着。
 今日の歩数 23,600歩  2日間で57,100歩でした

      

       

      

      
コメント

朝の散歩から

2014-10-07 | 日記
 台風18号通過1時間後
10月6日午前8時30分台風の状況確認のためパソコンで天気の雨雲ズームレーダーで動きを確認9時30分には富士市を通過確認9時45分何時もの散歩コースをカメラ持参で歩く、下堀川の河川レベルが30㎝くらいまで上昇していた30年以上住んでいて初めての体験でした。道を海岸方向に下っていくと田圃の稲は先端のみを残し水没、水路空地も水没、新設宅地の水路も一部冠水、自動車も動けない状況に降水量(前日より降り続いていた)の激しさを痛感する。シューズ内は水でいっぱいの状況、海岸では大波が打ち寄せタヌキは助かったようだ(9月始め親子4匹が防潮堤とテトラポット間で発見されていた)田子の浦港にも大波が・・・・。

      

       

 

       

     

      

             
コメント