ふくちゃんのブログ:飛行機&風景写真

関空で飛行機&時近くの風景にも、D750で挑戦するシニアです

お久しぶり❗️タイ国際航空 A380 HS-TUA & A350XWB. HA-THM. 離陸シーン

2018-10-14 01:00:54 | ✈️関西国際空港の情景 2018年
台風21号の影響で大打撃の関空
ヤットほぼ従前まで回復したきたらしい。
本当に久し 振りのタイ国際航空だ
pm12:00 エアバス A380. HS-TUA. 2012:9 デリバリー




★ファーストクラス 12席 ビジネスクラス 60席 エコノミークラス 435席 仕様だ。507席
pm 12:31











バンコクへ

pm 17:15.

pm17:28


夕方の便
pm 17:41 エアバス A350-900. HS-THM





pm 17:52







バンコックへ
pm 18:00 スッカリ暗くなる


今日は淡路島に雲が漂い夕陽は残念乍満足できませんでした
秋の澄んだ空気の夕焼けを次回狙おう!

2018.10.9. 関空 sky view にて



余談
概要
●タイ国際航空
タイ王国を代表する大企業の一つで、スワンナプーム国際空港をハブ空港とするタイ王国の「フラッグ・キャリア」である。またアジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社でもある。
コンデナスト・トラベラーなどの旅行専門誌や、各国のビジネス誌などによるサービスランキングでは上位の常連であり、スカイトラックス社の「ベスト・キャビン・スタッフ&ベスト・エアライン」賞を2006年に受賞している。また、機材の新しさと整備技術の高さから航空会社の安全度ランキングでは「A」をマークする。
南アメリカを除く全大陸に就航しているほか、タイ王国の国内線にそのネットワークを広げている。なお、世界最大の規模を持つ航空連合のスター・アライアンスに、ルフトハンザ航空やスカンジナビア航空、ユナイテッド航空らとともに発足当初からのスターティング・メンバーとして加盟しており、同アライアンスの代表的メンバーである。
2007年現在の株主構成は、タイ財務省54%、ワユパック・ファンド15.5%となっており、事実上の半官半民航空会社である。格安航空会社のノックエアの株式39%を所有する大株主で、同社の事実上の親会社でもある

●同社 HPより
★注目される国際線航空会社・タイ国際航空
タイ国際航空は、1959年8月の設立以来、アジアをはじめオーストラリア、ヨーロッパ、中東、北米へとルートを広げ、現在バンコクを基点として30カ国60都市以上を結ぶタイランドのナショナルフラッグキャリアです。
日本へは1960年5月にバンコク-東京(羽田)線を開航し、1964年9月に大阪、1988年10月に名古屋、1992年10月に福岡、2012年10月に札幌に就航し、現在、日本-タイランド間を週70便以上*(コードシェア便を除く)を運航しております。 *2018年6月現在
タイ国際航空の利用乗客数は、タイランドの人気上昇と同国の経済発展に伴い、毎年増加の一途をたどっております。航空貨物の輸送実績も、アジアの航空路線の地理的中心であるバンコクが基点という利点を生かし伸びつづけております。運送サービス以外にも、カーゴターミナルや航空機メンテナンス、ケータリング、空港施設運営やホテル経営への参加など、総合的な国際航空運輸業の形態をとっております。
★定評あるサービス
タイ国際航空のインフライトサービスには“ランド・オブ・スマイル-微笑みの国”と呼ばれるタイランドの人々が伝統的に持つ暖かいもてなしの心が生かされています。搭乗時、美しいタイシルクの民族衣装に身を包んだスチュワーデスがやさしく手をあわせてお客様をお出迎え、そして女性客全員にはオーキッドの生花でつくられたコサージュをプレゼントしております。
またエアライン・オブ・ザ・イヤーをはじめ数々の賞を受賞し、国際的に高い評価を受けているロイヤルファーストクラス、ハイレベルなサービスに定評のあるロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)など心のこもったサービスは旅行者にゆっくりとくつろげる快適な機内空間を提供しております。

★タイ国際航空 会社概要 (2018年6月現在)
設立 1959年 8月
運航開始 1960年 5月1日
★日本乗り入れ 1960年 5月  バンコクー東京(羽田)
1964年 9月  バンコクー大阪(伊丹)
1988年10月  バンコクー名古屋
1992年10月  バンコクー福岡
2012年10月  バンコク-札幌

★ネットワーク
1971年にオーストラリア大陸、1972年にヨーロッパ、1980年には北米大陸にルートを広げ、現在バンコクをハブに世界32カ国60都市以上を結んでいる。(タイ国内線含む)
★企業形態
タイ国政府資本を中心とするナショナル・フラッグキャリア
資本金は218億バーツ
★保有機材
B747-400x 8機、B777-300x 6機, B777-300ERx 14機,
B777-200x 6機, B777-200ERx 6機, B787-8x 6機, B787-9 2機,
B737-400x 2機, A380-800x 6機, A350-900x 11機, A330-300x 15機,
計82機*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月12日(金)のつぶやき | トップ | 10月13日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

✈️関西国際空港の情景 2018年」カテゴリの最新記事