ふくちゃんのブログ:飛行機&風景写真

関空で飛行機&時近くの風景にも、D750で挑戦するシニアです

peach 『EXPO2025』ラッピング機を飛ばし協賛している。❗️

2018-06-18 04:00:33 | ✈️関西国際空港の情景 2018年
peachが

OSAKA-KANSAI-JAPAN
EXPO2025

ラッピング機を飛ばしている
機体のカラーと保護色系で分かりにくい。メチャ地味やなって思う!
ラッピングも小さい

6月14日 peach JA820J
★宮崎へ




★宮崎から Bラン チョット無理


★ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は5月9日、2025年に開かれる万国博覧会を大阪へ誘致する活動の一環として、誘致ロゴをデザインしたラッピング機の運航を開始した。運航開始前の同日午前、拠点となる関西空港でラッピング機をお披露目した。
・「ほないこか」で万博誘致
・ドア横にもロゴ掲出
★「HONA IKOKA!」号
 万博誘致ロゴは「笑顔の輪」をモチーフにしたデザインで、ピーチ20機目となるエアバスA320型機(登録番号JA820P)の機体後方に貼っている。

2018.6.14. 関空 sky view にて

✳️余談 1 2025EXPO プレゼンの評価

★関西空港に到着した大阪市の吉村市長は、13日にパリで開かれたBIE=博覧会国際事務局の総会でのプレゼンについて「海外のみなさんの評価も日本のプレゼンはよかったねと言っていただいたので。今回のBIEの総会のプレゼンは僕は大成功だったと思ってます」と手応えを語りました。パリでは、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授らと大阪の魅力をPRした他、松井知事とあわせて12ヵ国の政府代表らと面会し、支持を呼びかけました。開催国は、11月に170ヵ国による投票で決まります。

✳️余談 2 EXPO 2025 プレゼン 3カ国 ➡︎★日本 ★ロシア ★アゼルバイジャン

★エカテリンブルクはロシア中央部にある大都市で、前回に続き初の万国博覧会招致に向けて立候補しているため、ロシアは万国博覧会誘致の手ごわい競争相手となりそうです。

★アゼルバイジャンはカスピ海西岸にある国でこれから発展していくことが期待されていて、万国博覧会の開催地としてだけでなく国全体が注目を集めています。

立候補国


✳️余談 3 SILK way は、アゼルバイジャン BAKUとの週1便運航。 BAKU⇄関空
知らんかったです
EXPO2025 に立候補してるんだって!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月17日(日)のつぶやき | トップ | 真っ赤に燃える夕焼け空 こ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

✈️関西国際空港の情景 2018年」カテゴリの最新記事