理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

初ハイドン

2017年10月19日 23時26分11秒 | じぶんのピアノ

ソナチネの12番、クレメンティの36-6 は比較的順調に進んで、次の曲は…という話になりました。
先生がソナチネの本をペラッと1ページめくると、次はハイドンのソナタ。



先生は

「 んーこれねー、たいくつなのよねー、2楽章はすごく素敵なんだけど。」

とおっしゃる。そして

「 どうしようかなー、がんばろうかなー
ハイドンのソナタはもっといいのたくさんあるのにねー、もう、なぜこれが…。2楽章はいいのよねー。3楽章もいいのよねー。
んー、やめよう…。 」

と止めになりかかり、直後、

「 …あ、やっぱりがんばろ!」

となり、結局ハイドンやることになりました。

先生が1人ブツブツ考えている間、それがどんな曲か知らない私はホケッと聞いてるだけでしたが、ハタと、私ってハイドンの曲、一曲も知らないってことに気づきました。
聞けばあぁと思うものもあるかもしれないけど、今浮かんでくるメロディーや曲名は一個もないです💧
まさに白紙状態。


私自身はショパンよりモーツァルトやベートーベンの方が好きなので、ハイドン、好きになれそうな予感がします。
初ハイドン、楽しみです


でも先生、がんばるのは私なんじゃ…。









↑ 先生にも気合が必要な曲??






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 余談 ( 調律 ) | トップ | 左がオットで右がツマ »
最近の画像もっと見る