理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

オットピアノの効果

2018年09月09日 09時53分33秒 | オットのピアノ


昨日は仕事でしたぁ〜。
この1週間忙しくて疲れが溜まっていたところへ突然の休日出勤。
今長男が帰ってきているので、早く帰ってまともな夕食を食べさせねばっ、なんてプレッシャーを勝手に感じてストレスを溜め、
仕事はコンプリートできず、残りは来週ね、ごめんなさい、と謝ってはストレスを溜め、
帰りは朦朧と車を運転し、傘を杖代わりに家までたどり着けば、
もう外は暗いのにカーテンもブラインドも全開で(←これキライなの )、ちょー不機嫌なお母さん(&妻)です。

それを察するとオットはすかさずピアノを弾き始めます。
オットは、自分がピアノの練習をするとツマの機嫌が良くなると思っているみたいです。
まー実際その通りなんですが。
なんとyoutubeでお手本まで探して、それを聴いては自分も弾いてみる、なんてすごく真面目に練習してるんだもん、そりゃー機嫌良くもなります。

↓ この曲です





ホットクックにも手伝ってもらってきちんと晩ご飯をつくって
温かい汁物も一緒に食べたら、疲れもだいぶ取れました。
キッチンもいつもよりもきれいに片づいちゃった。
ほわわ〜明日は寝込まずに済みそうだにゃ〜、と思いもよらぬ平和さ。

オットのピアノは家庭内平和に貢献度大です。
いや、こんなふうにオットに機嫌取ってもらわなくても、常にご機嫌でいられるように心がけたいな、と思った夜でした。











ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« オットとホットクック | トップ | 体調イマイチ〜&とりとめもなく »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くらぽん)
2018-09-09 17:29:50
カーテン、ブラインド全開が嫌っていうの、私の母と同じです。
母はちょっと暗くなるとすぐに閉めてます。
ピアノの話題じゃなくて、そっちに反応してしまいました。
ごめんなさい。
ゆるきゃら (あずにゃん)
2018-09-09 18:05:51
↑いいんですよ。ピアノ注目記事にリラックマを叩き込んだキウイ上司のブログですから。(爆)

さて、72番は右手2-3、4-5、6-7、14-15
左手9-10、11-12が6度の練習になっていると思いますがいかがでしょうか?

前回の記事に水なし自動調理鍋で夫婦水入らず(アツアツ)
と書こうと思いましたが、恥ずかしいので止めておきました。(今書いてますが)
Re:Unknown (kiwiatgoo)
2018-09-09 23:38:33
いいんですよ、くらぽんさん。
ピアノの記事に見せかけてますけど、そっちの話の記事です(^^;)
カーテン、ブラインドのこと、あ、やっぱりそういう人いるんだ〜って嬉しかったです♪
Re:ゆるきゃら (kiwiatgoo)
2018-09-09 23:41:33
あずにゃんさん、ダジャレ上手いけど、アツアツどころかちょっと寒いね。

これもまだ6度の練習曲なんですね。和音じゃなくてもそうやって度数ごとに練習するものなんですか。
あ、そういえばツェルニーをやってると度数を意識してた方がスムーズに弾けることがあるわ。特に速く弾こうとすると。
そゆことかあ。
勝手に納得してちょっと感動してまーす。
バイナリー (あずにゃん)
2018-09-10 03:30:28
73番は右手が1,3,5,13、左手が9,14,15小節が
6度の練習になっていると思いますがいかがでしょうか?

私の考えですが楽譜と言う物は道路標識、交通標識だと思うのですよ。
そのこころは運転しながら見る物であっていちいち立ち止まって見る物ではないのだと思います。
そうしますと必然的に概観性が重要になりますね。

従って楽譜(五線譜)は線と間の最小単位の分割になっているのだと思います。
西洋音楽の本質である8度(オクターブ)が線と間、間と線のいずれかで見間違いにくいとと思います。

次回はツェルニーの話でお願いしますね。
(私はピアノを忘れそうですが…)

楽譜には絶対読みと相対読みがあると思いますが、
それはおいておいて『対象物の価値は見る側が決める』と思います。
巷のバイエル批判はどうなのよ?

私はオットさんと一緒でキウイ上司の魅力に気づきましたから、毎度お付き合いありがとうございます。
Re:バイナリー (kiwiatgoo)
2018-09-10 12:11:42
あずにゃんさん、
オットがね、ピアノを習い始めた頃、同じ音なのに線の上にあったりスキマにあったり…(~_~;)
ってブツブツ言ってたの、思い出しました (^^)
それはさておき、私の察したことは合っているんですよね。
"ここ何度飛ぶ"って瞬間でわかれば、ミスタッチも減らせそうですよねー。当たり前のことだけど、今更気づきましたよ。

念のため言っておきますが、私ほんとにわかったヤッタァ \(^o^)/ って思ってるんですよ。お付き合いで適当に言ってるわけではありませんからね。
鍵盤の幅(距離) (あずにゃん)
2018-09-12 13:37:40
勝手に決めていますが、
読者の方々はキウイ上司と私の掛け合いを楽しみにされているのだと思いますよ。(お付き合いと言うのはそっちね)

それでキウイ上司が言われている事は旋律的音程と和声的音程の一言で片付いてしまいます。

さて、ここでもう少し発展させてC#―D#、F#―G#は
幅(距離)が違うんですよ?

人間は毎日目にしている物さえ何も見えていないと。

それから74番と94番がシンコペーションの練習ですが、
私なりの理由付けがまだ出来ていません。(笑)
Unknown (くらぽん)
2018-09-12 16:42:11
こんにちは。

あずにゃんさんが言う通り、いつもあずにゃんさんとキウイさんのコメントも楽しく読めませてもらっています。
勝手に読んですみません、という気持ちもありますが、勉強させてくれてありがとうございます、という気持ちのほうが大きいです。

Re:鍵盤の幅(距離) (kiwiatgoo)
2018-09-13 06:54:49
あずにゃんさん、それは考えすぎだと思うな。
そんな奇特な人はくらぽんさんくらいでしょう。
そんなこと言ってまた難しい謎かけを投げてきちゃダメですよ。リラックマモードでお願いします。

鍵盤間の距離、違いますね。測りました。まさか!でした。
それと意外に電子ピアノの方がバラツキがあってちょっとモヤモヤ。許せないんですけど〜。
今度鋼尺でキチッと測ろ〜。
Re:Unknown (kiwiatgoo)
2018-09-13 07:00:29
え・勉強? 💧💧💧
私、不真面目だけどね。難しいところは何気にスルーしちゃったり。
くらぽんさんのブログでのお二人のやり取りはほんとに師弟って感じですよね