理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

電子バイオリン

2017年04月01日 23時19分35秒 | その他

次男は、『 のだめ 』の影響で小学生の頃からバイオリンをやってみたいな〜、と言っていました。

最初にそう言いだした時は、
「 それにはまずピアノが弾けないと! 」
と言いくるめて、ピアノを習うように持っていったという経緯があります。
その時は次男もその気になって喜んで習い始め、オットも電子ピアノのスペースを作ってくれて、思えばそれが我が家のピアノライフの始まりだったな〜。

次男のバイオリン熱はそれほど高いものではなくて、部活を引退したりといった節目にぽそっと言ってくるくらいのものです。

で、今回の節目です。

「 大学生になったらバイオリン習いたい、だから電子バイオリン買って。 」

って言うのです。

なぜ電子バイオリンかと言うと、ワンルームマンションなので、近所迷惑にならないように、と、そこはちゃんと考えているようです。

しかし〜。
私としては、電子ピアノと生ピアノの違いがはっきりわかるようになった今、たとえ自分が使うのでなくでも、生楽器の代用としての電子楽器を買うのは躊躇してしまうな〜。

普通のバイオリンは弦の振動があの箱で共鳴して音が鳴るんですよね。
電子バイオリンってどのような仕組みになっているのかな。
あえて調べずに想像するに、弦の振動の特性をセンサリングして、対応する電子音をスピーカーから出すのでしょう。
音の高低や大きさを弾いたまま出力するのは難しくなさそうだけど、きれいな音、濁った音、柔らかい音…といった違いは出せるのかしら。
あ、ひょっとしてサンプリング音源はストラディバリウスとか?

( 電子バイオリンどころか普通のバイオリンも触ったことない人がテキトーなこと言ってます。 )





 

↑ 楽器をやりたい気持ちは嬉しいんですけどね







コメント (6)