Kiwi_Vegeta_Blog

駄日記!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンダーザブックス

2018-03-07 20:04:47 | 雑記
洗濯機が壊れました。

蓋の蝶番がパキンと折れまして、ベランダで叫ぶ羽目に。

蓋が閉まらない壊れ方をしてしまったので、これでは脱水が実行されません。内部機構の破損と実質同じです。

今正に洗濯槽でぐるぐるしている衣服を洗えるようにすることが喫緊ではありますが、それにもまして大変なのは業者を呼ばなければならないということです。


我が家は同人誌で埋め尽くされています。

この洗濯機を買ったときは部屋の一部に寄せることでなんとか移動スペースを確保し、エロ本山脈を視姦されることと引き換えに洗濯機の移動ミッションを終えましたが、

今日の我が家にはもはやそんな余裕すらありません。

どこに何を寄せても、洗濯機をベランダまで通すことができない。

そもそも書物を片付けるという労働をしたくない。死ぬほど汗をかきますし埃が立って鼻炎に悪いし自己嫌悪にまみれます。


だいたい買って5年もしていないのに破損するとは何事か。

先代の洗濯機は中古で入手した上で10年以上稼働し天寿を全うしたというのに君ときたら。

そういえば割と買って間もない頃にどこかが音を立てて割れ、破片を飛ばしましたね。

君というやつは頼むよ何とかしてくれよ機嫌を直したまえよ。


何分か格闘して、どうにか騙し騙し蓋を閉めることには成功しました。


しかし、いずれはこの部屋に他人を入れなければならない時が来る、ということを思い知らされたのは背筋の凍るような体験でした。

「別の部屋を借りてそこに本だけを格納する」

そんな妄想を毎日するぐらいにはどうしようもない有様が現実味を持って迫ってくると改めて大変恐ろしい。


しかし、わが身を振り返るには大変いい機会でした。

他人を招くことができない部屋など異常です。

自分が住まうのにすら本が邪魔、本が邪魔で本が出せないという状況はどう見たって健全じゃない。

このままでは僕が住む部屋にエロ本があるのではなく、エロ本置き場に僕が間借りしている体になります。もうなっています。

週末が来るたびに山は着々と高さを増し、時に雪崩を起こし、その上に更に肌色が積まれ、いずれ僕は部屋に入ることも出来なくなる。

増殖するエロ本が玄関を打ち破り廊下にあふれ出す。壁を押し壊し隣人を飲み込む。

エロ本で埋め尽くされた道のせいで通学路は変更を余儀なくされ、街路樹にはティッシュの花が咲く。

拾う目的で集った人も雪崩の底に沈み、街は瓦礫とエロ本の山と化す。

そんな未来を望んでいるのか。


望んでいます。
コメント

ランブレア

2018-03-07 01:19:11 | 雑記
 傘が苦手なんです。

 片手がふさがって煩わしいし、使っていない時もかさばります。畳むときは手が濡れてしまうし。

 左手にはスマートフォンを、右手にはショルダーバッグの持ち手をそれぞれ持ったり持たなかったりすることで手の空いている状況がつくれるのに、

 傘を持っているときは片手は必ず常時塞がり続けた状態を受け入れなければならない。

 僕が傘というものに昔からあまり期待していなかったからというのもあるのでしょう。

 雨の日の大人は皆傘を差す。あれは雨から濡れない大人の知恵。

 そう期待して握った傘は幼子の手には重く、肩に担ぐように保持していました。

 頭は濡れなかったが、脚は濡れる。傘の持ち方かもと思いましたが、一向に改善されない。成長して、肩にかけずまっすぐ保持できるようになった今も。

 
 これは、傘の機能に期待しすぎていたのだと思われます。

 現状、自分が傘を使うと頭部と上半身はある程度雨から守られます。

 顔に雨粒が当たらなければ不快感はかなり減ります。

 また、自分が傘を厭うのは、身近に駅があり、駅で降りた後は地下街を歩くことが多く、傘が有効な範囲が狭いからです。

 その狭い範囲だけで傘を使って後は荷物になるだけならば、多少濡れようが初めからもっていかないほうが良い。そういう判断を下すことが多くなりました。

 その結果、傘を持ち歩くということが僕の習慣から薄れました。傘を持ち帰るという習慣もまた。

 つまり、僕が「珍しく」傘を持ち出すと、その「珍しさ」ゆえに傘を高確率で忘れる/無くすのです。

 店舗の中など歩き回っているうちに、自分が傘を持ってきていたことなどすっかり忘れてしまって。


 そうはいっても、傘は偉大な発明です。顔面を濡らさないことは先述の通りかなりの不快感を軽減してくれます。

 くるくると傘を降るときの水のしぶきも、楽しくないわけではありません。

 フィクションでよく言及される、ゴルフの素振りの仕草をみかけるのも楽しい。

 大きく振り上げてストップ。地面のボールを凝視する。コンディションは雨、風は南東から。

 決意の間の後、渾身のスイングが振り抜かれる。

 顎を砕かれた男は思わず呻きながら尻をつく。既に第二打のスイングが始まっている。クラブを見上げる顔面にナイスショット!

 2打でグリーンオン、ミドルホールならバーディが狙えます。

 グリーンは聊か左右に芝目を揺らしています。バーディを取るなら強気のパッティングが必要です。

 鋭い視線をピンに向けています。風に揺れる芝目の隙間、これしかないラインを探しています。

 ラインが見えたようです。クラブが低く上げられました。ピンまっすぐ。

 渾身の狙いと力で振り下ろしたパターは見事ピン中央をガツーンと捉えホールアウト。


 お見事でした。僕が思わず拍手をすると、ゴルファーは次のホールに向かう目でこちらを見たので。

 「キャディをさせていただいても?」
 「助かります。」

 ゴルファーの傘を自分の傘と束ねて持ち、笑顔を交わします。

 「次のホールはどちらでしょうか?」
 「ちょうどカートが来ました。あれに乗りましょう。」

 僕はうなずいて乗り込みました。次のホールはすぐそこ。今度はどんなプレーを見せてくれるのだろうか。

 こんな刺激的なわくわくと出会えるのなら、傘もなかなか悪くないと思えるようになりました。

コメント

流れ出す埋め合わせ

2018-01-14 23:49:06 | Weblog
エンゲル係数の改善を目的に、2017年12月ごろから断酒をしています。
嘘です。数日だけやめてまたお酒を飲んだりしています。

それでも、今まで毎日晩酌をしていたものが今は飲んだり飲まなかったりになっており改善されているものと受け止めています。そう思い込みます。


飲まずに朝を迎えることによって、飲んだ翌日に胃にダメージがあることが自覚できました。
多分逆流性食道炎ではないかと思います。

胃のダメージとその回復を自覚したおかげで「飲んだら明日辛いんだよな」というブレーキが生まれ、「今日は飲まなくてもいいか、金もかかるし」と思う日がちょくちょく発生しています。


今は2018年1月14日深夜ですが、眠くなく落ち着きません。

寝たら休日が終わってしまうことを本能が忌避しているようです。
ビールを飲んで疲労したいと感じています。

僕はお酒をおいしく感じたことがあまりありません。
しかし不味いと感じたことはよくあります。
またアルコールを飲んだ時の喉を焼く感覚から、一口ごとに達成感を感じてもいます。

僕は酒飲みとしてはあまり出来が良くないようです。
何としてなら出来がいい人間なのかと問われても答えられませんけれど。

「買わないのが一番安い」という言葉を反芻しつつ、たぶんこれを書き終わったらコンビニに行ってビールを買うのだと思います。

今日はそういう少し空しい日です。
コメント

コンプ

2018-01-14 00:23:37 | Weblog
速く走れるようになりたい。
数学の証明をすらすらと出来るようになりたい。
沢山の人に褒められたい。
美しい人に愛されたい。
今のまま努力せずにぐうたらしていたい。

すべての状態を重ね合わせていたいのです。
もちろんそんなものは叶うわけがありません。

叶うか叶わないかは関係なく、それが望みです。
同じ時を繰り返して様々な実績を取りたい。
すべての人物になりきって、かつ自分でありたい。

理想の自分なんていないのです。
コメント

放課後の乙女たち Revived 1

2013-02-10 15:24:57 | Weblog
 「ミカですがもう帰りたい。」

 「ケイです、よろしく。また彼氏と別れました。」

 「鳩子です!ケイは淫乱!ウィジャ盤準備オーケー!

  SUMMON!KOKKURISANN!!」

 「今だから言うけど鳩子のテンション嫌い。」

 「ミカちゃん今日は正直だね!」


 「「「こっくりさんこっくりさん、おいでください。」」」



 ズズ……ズ……

 『ま ゛ っ』

 「何だこれー!!」

 「はいでもいいえでもないの?」

 「今回のこっくりさんは、ヲタネタ強そうだな。」

 「ミカ?」
コメント

2012年

2012-02-05 22:59:05 | 雑記
 死んでません。きういです。

 まだ生きてます。まだ生きてますけどね。

 29歳になってしまいました。しまいました。

 もう学生時代は遠い昔で、しかし、学生時代の事ばかり思い出す日々です。


 一番記憶に残っているのは中学高校大学の事。

 心が弾むのもそのころ見ていたアニメ。

 今はもう、楽しいことがあっても、学生時代以上にきちんと思い出せる思い出にはならなくなりました。


 日々が楽しければそれでよかったのですが、

 「あの頃にはもう戻れないのだ」

 「これから先どんなに楽しい思いをしても、あの頃の思い出に勝てないのだ」

 そう思うと非常に虚しくなります。


 そういう時に暗い音楽を聞いて、陰鬱な気分になると、苛められていた頃を思い出します。

 心に殺意と憎悪と自己嫌悪と、そして妄想の中で見下して殺意を果たす傲慢さと。

 一番エネルギーに満ちていた時。


 何のことはない、回帰しただけだ。

 元気が出ました。


 皆は自分のようになるなと、深く思います。
コメント

書かなくなると書けなくなる

2011-06-13 22:47:28 | 雑記
 標題の通りです。

 一度でも面倒くさがって手を止めたら、もう起き上がることはできないのに。

 そして、起き上がることもできないことなど、初めからそんなにしたいことではなかったのだと気付いてしまうのに。


 気付きたくないから毎日更新していました。


 肩の力を抜けばいい、ともう一人の自分がいいますが、肩の力を抜いたら、「めんどくさいから書かない」になってしまう。なってしまった。

 書くことぐらいには多少プライドがあったはずなのに、それすらも凡人以下と証明されたら、認めてしまったら、さびしいことです。
コメント

まるで飛び石連休

2011-04-28 21:38:53 | 雑記
まるで飛び石連休。

 まるで。

 そのもののように。
コメント

休日寝ていないと死ぬ

2011-04-22 21:16:46 | 雑記
 金欠病
コメント

やる気がありません。

2011-04-12 22:13:00 | 雑記
はい。
コメント

ヒットポイント

2011-03-26 20:05:19 | 雑記
 早寝早起きをするようになりました。

 休みなのでビールをがぶがぶ飲みました。


 結果的に体調は悪いです。
コメント

眠ろう

2011-03-20 22:52:14 | 雑記
 そうそう。
コメント

眠りに

2011-03-18 20:48:11 | 雑記
 それが一番尊い。
コメント

5千円

2011-03-18 00:01:42 | 雑記
 電気料金は何とかしました。

 後は自分をなんとかするだけです。
コメント

節制中

2011-03-16 23:03:54 | 雑記
 ビールを呑まずにいると、ただただ夜は終っていくなので、ちょっとつらい。
コメント