きつつき工房 ブログ

きつつき工房の職人の独り言

戦争法案廃案へ、勝負の9月

2015-08-31 20:55:40 | 社会・時事

 戦争法案をストップさせるたたかいが、いよいよ最後の正念場を迎えています。安倍内閣、自民党・公明党は、9月11日までに参議院で強行採決することを狙い、それができなければ14日以降に衆議院で3分の2以上での再議決を強行することも念頭にいれているようです。これを阻止すれば、9月27日で国会は閉会、廃案にできます。
 国会の議席で自公が多数を占めているのは事実ですから、彼らに、強行したら後で大変なしっぺ返しをくうと思わせることができるかが、強行採決を阻止するカギです。

 そのカギともなる国民的な大行動が8月30日に行われました。国会周辺で12万人、全国で100万人以上の人が参加して、戦争法案反対! 安倍内閣退陣! の声を上げました。12万人というのがどういう数か、幸いにも現場に行って感じることができました。これまでの行動で警察が死守してきた国会正門前の両側8車線の道路が、ついに決壊して開放され、人波で埋まりました。それでも、ここにいる人は一部で、国会の裏も横も人が囲み、霞が関の官庁街を経て日比谷公園までびっしりと人波は続いて、公園でも大集会になっていました。その人たちは、まさに老若男女、ほんとにバラエティーに富んだ人たちです。
 さらに北海道から沖縄まで、同時に開かれた無数のデモ、集会。29、30日を合わせれば1000か所以上、100万人を超える人が、それぞれの場所で声を上げたのです。ネットに公開された秋田大潟村の田んぼでプラカードを掲げる十数人の人たち、お年寄りも若い後継者も、穂を垂れる稲の間で静かに、力強く立ち上がっていて感動しました。
 こうした無数の人たちの声が政治を動かすのです。
 自公は強行採決をするかもしれません。しかしそれは、彼らの終わりの始まりになります。次の選挙がどうなるのか、よくよく考えた方がいい。デモには創価学会の三色旗を掲げた人もたくさんいました。公明党は学会員の心が離れて選挙が戦えると思っているのでしょうか。自民党の若手議員は、逆風の中で勝ち抜けるほど自分の地盤が強固だと思っているのでしょうか。

 戦争法案は憲法違反です。
 戦争も、武力の行使も、交戦権も禁じて、軍隊の不保持を定めた憲法に反して、日本が攻撃されてもいないのに自衛隊を海外に出して、米軍と共同の軍事行動を行わせる法律です。歴代の自民党政府自身が憲法違反だとしてきた集団的自衛権を行使する法律です。
 だから、これだけ多くの人が反対しているのです。
 日本は、殺し殺される国にはならない。誰も殺させないし殺されない。それが国民多数の声です。

 9月は緊迫の月になります。あと4週間が勝負です。
 一人ひとりが、自分のできることをやって、戦争法案反対の声を広げていきましょう。

 まだ続くたたかいにプラカ―ド使ってください。9/13まで。

 セブンイレブンのネットプリント=A3よこ戦争 17426709、憲法 47441203、NOWAR 68046597、辺野古 54410427 A4たて戦争 12180456、憲法 40871123、NOWAR 68386101、辺野古 90734140、ローソン・ファミマ・サークルK=ADWK86UMRE(画像見て選択)、9/13まで

 ローソン・ファミマ・サークルKのネットワークプリント=ADWK86UMRE(画像見て選択)。

 きつつき工房のサイトからもダウンロードできます(PDF)。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 8・30国会周辺大行動、12万人... | トップ | 辺野古の海を守って! 9.12... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日記で紹介させていただきました (Darth Yumi)
2015-09-03 23:51:35
きつつきさん、8月末の集会参加とブログへのアップありがとうございました!
「ひずみ庵の別館」で9月3日の日記の中で紹介させていただきました。
(きつつき工房だよりトップへのリンク付きで)

12万人を3万人と言うのはひどすぎですね!
中日新聞が3日の朝刊第30面で、地下鉄駅の降りた人の数が普段より最低でも5万5千人以上多かった話を書いてくれました。
現場にいない記者?? (きつつき)
2015-09-04 23:25:28
ご紹介ありがとうございます。
3万2000人と「試算」したのは産経ですが、この記事をよく読むと数えた範囲は国会正門前の車道だけです。
現場に行きさえすれば、参加者は、国会の全周から、1キロも離れた日比谷公園まで歩道にびっしり集まっていたのは一目瞭然だったはずです。
正門前車道だけで3万人いたというのは、皮肉にも産経の意図とは逆に、周りの人を数えれば全部で12万人というのを「証明」しちゃってるともいえます。

コメントを投稿

社会・時事」カテゴリの最新記事