キツネノマド

松岡永子
趣味の物書き
(趣味とはなんであるか語ると長くなるので、それはあらためて)

闇色のマント

2014-12-06 06:31:51 | コトリの宮殿
「どのような闇をご所望でしょう」
 仕立屋の問いに、闇は闇だろうと思う。真っ暗でなにも見えない、それが闇だ。
穏やかな微笑とともに仕立屋はつづける。
「夜の闇、地下の闇、瞼を閉じると訪れる闇。また、同じ夜の闇でも季節や天候によって闇の色は違います。どのような闇を差しあげましょう」
 約束は明日だ。降っても晴れても。夜の闇に紛れて黎明までにすべてを終わらせなくてはならない。
「春浅い新月深更、誰の目にも留まらぬ沈黙の闇」
 仕立屋はなぜだかうれしそうに目を細める。
「なるほど、なるほど。そして、……ああ、この上なく甘いものを包んで帰るのですね」
 そうだ。家同士の争いのために決して許されぬ恋。それを攫い、闇のなかに隠して、この地を去るのだ。
 仕立屋が手渡してくれた闇は艶めき、柔らかに光を吸い込んでいた。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿