王子のきつね on Line

ΛΛ
( ^^ ) < 探したい項目は「カテゴリ」でさがしてね。☆彡
≡V≡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浜崎あゆみパクリ疑惑を突く!~この人がほんとうにパクっているのはw~

2005年06月16日 20時48分00秒 | 浜崎あゆみ
浜崎あゆみのパクリ疑惑は、なっちの盗作騒動の直後くらいに話題になったけど、いろいろ書かれてるねぇ。たとえばこのブログ…。

「浜崎あゆみ パクリ検証」

 じつはこのブログ自体、他のいくつかのサイトからのパクリなんだよね。たとえば、こことかの…。

▽(浜崎あゆみ)「歌詞盗用疑惑の指摘リスト」
▽(浜崎あゆみ)「盗作リスト」

 なかには、けっこう笑えるのもあって、たとえば

●ever free(00.4.26) hide "ever free"(98.5.27)
これはhideの造語なので偶然同じという事はありえない

 とあるんだが、"ever free"で海外検索してみるとわかるけど、これはふつうに使われている英語なんだよね。なぜなら、ever(副詞:永遠に)+free(形容詞:自由な)っていう表現はふつうだから…。なぜ、hideがこれは自分の造語だと主張したかは、hideが亡くなってしまった以上、永遠にわからんのだが…。
 「うん。タイトルは詞ができる前からあったのよ。“ever free”っていう言葉自体が存在するのか俺は知らんけど、普遍的みたいな自由みたいなのを書こうかなと」発言しているので、造語だと思われたのかな? この人、PSYBORG ROCK (サイボーグ・ロック)とか、PSYCHOMMUNITY (PSYCHO+COMMUNITY)とかを造語しているからね。

●ever free(00.4.26) Cocco "Raining"(98.3.21)
 浜崎  それはとても晴れた日 おだやかな笑顔に 白い花を一輪 そっとそえた 美しいものは ときに悲しいもの やがて来る別れ感じて 黒い列並べずに
 Cocco  それはとても晴れた日で 泣くことさえできなくて あまりにも 大地は果てしなく 全ては美しく 白い服で遠くから 行列に並べずに

 この歌、浜崎のおばあちゃんが死んだとき、"poker face"のレコーディングで葬式に行けなかったことを歌っているんで、事実なんだが…。

●M(00.12.13) EVANGELIONの加持リョウジの台詞
 浜崎 理由なく始まりは訪れ 終わりはいつだって理由を持つ
 EVA 恋の始まりには理由はないが、終わりには理由があるって事だな

 これは、指摘を受けるまでもなく、EVA見てたんで、知っていたんだが…。


 とにかく、すごいねぇ。よくこんなに調べたもんだ。と一応、褒めておこう。ところが、オリジナルとされているものも、じつは元ネタがあるんだよ。たとえば、

●SURREAL(00.9.27) ZARD マイフレンド(96.1.8/作詞:坂井泉水)
 浜崎 ひとりぼっちで感じる孤独より ふたりでいても感じる孤独の方が辛い
 坂井 ひとりでいる時の寂しさより 二人でいる時の孤独のほうが哀しい

 「あなたがもし孤独を恐れるのならば、結婚すべきではない」チェーホフ。
 「人間元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。大勢の中に混じっていたからって孤独になるのは、わかりきったことだ」田山花袋。
 「孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の“間”にある」三木清。

●appears(99.11.10) PRINCESS PRINCESS "Diamonds"(作詞:中山加奈子)
 浜崎 初めての電話は受話器を持つ手が震えていた
 中山 初めて電話する時にはいつも震える

 フィンガー5の"恋のダイヤル6700"(1974年かな?)の「指の震えを押さえつつ 僕はダイヤル回したよ」って歌詞はけっこう有名なんだよね…。フィンガー5もジャクソン・ファイブのパクリなんだが…。


 あと、ふつうにこういう表現になるなっていうのもある。

●End roll(99.8.11)  TRF "BRAVE STORY"(96.7.24)(作詞:小室哲哉&前田たかひろ)
 浜崎 泣いても欲しがる子供のようには なれなくて
 小室 泣いても欲しがる子供のように あなたは言ってた

 子どもはだいたい泣いても欲しがるもんだ。だから、どちらも「~ように」って直喩になってる。

●HANABI(02.7.24)   TRF "LEGEND OF WIND"(96.12.11/作詞:小室哲哉)
 浜崎 会いたいよ ねぇ会いたいよ(略)どうしようもない
 小室 ねぇ会いたいよ あの人に会いたい(略)もうどうしようもない

 誰かにどうしょうもなく会いたいってこと、ありませんか?

●Real me(02.12.18) Jungle Smile "いい女"(98.9.2)(作詞:木郁乃)
 浜崎 涙はたやすく誰かに見せるもんじゃない
 木 女だからこそ涙たやすく見せちゃいけない

 「涙は女の武器だ」by 小泉純一郎。w


 なぜ、こんなことが起きるのか? それはここにあげられているものが、作品そのものではなく、その部分を構成するテクストだからなのだ。
 すべてのテクストは、これに先行する諸テクストとの連関において書かれ、かつ読まれる。現に存在する現象としての〈表層のテクスト(フェノテクスト)〉の背後には、このテクストを可能ならしめた発生としての〈深層のテクスト(ジェノテクスト)〉が「常に、すでに」存在するからである。
(丸山圭三郎・著『言葉と無意識』講談社現代新書、1987年 p.119)

 つまり、〈誰かにどうしょうもなく会いたい〉っていう気持ち(深層のテクスト)があって、それを小室さんは「ねぇ会いたいよ あの人に会いたい(略)もうどうしようもない」って歌詞(表層のテクスト)にして、ayuは「会いたいよ ねぇ会いたいよ(略)どうしようもない」って歌詞(同前)にしたら、似てたってこと。
 「涙は女の武器だ」とかいってた首相がいて、〈泣けば、女はなんでも許される〉と思っているオヤジがいる(そういう深層のテクストが存在する)。それに対して、木さんは「女だからこそ涙たやすく見せちゃいけない」という歌詞(表層のテクスト)をつくり、ayuは「涙はたやすく誰かに見せるもんじゃない」って歌詞(同前)をつくったら、似てた!ってこと。

 さいごに20年以上前に読んだ本を紹介しよう。
人は孤独のうちに生まれて来る。おそらくは孤独のうちに死ぬだろう。僕等が意識していると否とに抱わらず、人間は常に孤独である。それは人間の弱さでも何でもない。謂わば生きることの本質的な地盤である。(中略) そして孤独を意識する時に、僕等は必然的に愛を求め、愛によって渇きを潤そうとする。人は愛があってもなお孤独であるし、愛がある故に一層孤独なこともある。しかし、最も恐るべきなのは愛のない孤独である。それは一つの砂漠というにすぎぬ。(中略) 愛の始まりには多くの偶然が作用するが、どのような愛の場合にも、そこに神秘の影が射している。二つの異なった孤独と孤独とが接触する時に、海の上の蜃気楼のように、砂漠の中のオアシスのように、忽然と愛が生まれて来る。
福永武彦『愛の試み』

 この〈表層のテクスト(フェノテクスト)〉の背後には、浜崎あゆみの歌詞の半分くらいの〈深層のテクスト(ジェノテクスト)〉が隠れているぞ。w
コメント (82)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« やっぱり、IQ 138はこの人じ... | トップ | _| ̄|○ < 「及川奈央握手会... »
最新の画像もっと見る

82 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パクラれていました (無記名)
2011-05-24 11:57:36
今まで黙っていただけです
sou (keitan139)
2011-09-03 15:02:46
わたしは音楽の素人です。しかし、悪いのは浜崎さんではない、という結論に至りました。

得た結論は、浜崎さんは苛められている、という結論です。※以下の文章で「似ている」
「元ネタ」という場合、パクリや盗作に該当する、ということを決して意味しません。ま
た、似ているという判断には、私の主観が入っています。
浜崎さんに風当たりが強いです。パクリとネットや雑誌で書かれています。しかし、なぜ
浜崎さんばかりが指摘されるのでしょうか?外人同士でもメロディーが似ている曲は多い
です。

これは、洋楽にもあてはまることなのです。外国の偉大なシンガーSTINGさんは、ボブ
・マーリーの曲に似ている曲をリリースしました。このことは、本人がインタビューで言
っていることです。

そして、ボブ・マーリーの曲にも、元ネタはあります。ボブ・マーリーは伝説の偉大なレゲ
エミュージシャンなのです。STINGさん、ボブ・マーリー、共に、元ネタがある同志な
のですが、両者とも、高い尊敬を得ています。ちなみに、ボブ・マーレーは、元ネタがみつ
けやすかったです。洋楽がそういう状況である以上、浜崎さんがパクリで、洋楽は違う、と
いう意見は成立しにくいです。

そして私たちは、似ている場合、パクリ、盗作とは考えません。影響を受けていると考える
のです。影響を受けている=似ている、なのです。イーグルスの曲にも、ストーンズの曲に
似ている曲があります。ストーンズの曲にも、元ネタがあります。ツェッペリンにも、元ネ
タはあるのです。ニルヴァーナにも、元ネタがあります。聞き比べたところ、とても似てい
ました。

ビリー・ジョエルにも、元ネタがあります。聞き比べたところ、とても似ていました。以上
のことを考えると、浜崎さんチームはいじめられている、ということになるのではいでし
ょうか?

元ネタは、ほとんどすべての曲にある。洋楽にも邦楽にも、ということを、浜崎さんは悪く
ない同盟のギタリストからわたしは聞きました。そして、それだけではなく、音楽の素人で
ある私は、ギタリストからの情報を、自分で聴いて確かめました。

その結果得た結論は、「浜崎さんがパクリである」という意見は全く当たっていない、とい
うことです。そして、浜崎さんのことを、パクリと言い、他のバンドの場合、リスペクト、
引用、というのも、フェアーなことではありません。

日本のバンドの悪口を言い、外国のバンドには元ネタがない、という意見は正解ではありま
せん。。ネットで調べても、同盟のギタリストからの調査でも、洋楽同士とて、似ている曲
がある、ということは確認できました。そして、日本の他のバンドにも、元ネタはあります。

洋楽の場合は、日本に住む、私たちには、元ネタを見つけにくい、ということは言えるので
はないでしょうか?

邦楽・洋楽の似ている曲は、曲名を載せませんでした。仮にこのHPで、似ている場合の洋
楽の曲を乗せても、浜崎さんもは、「外人もパクリで同罪」という論陣を張るのは目に見え
ています。

「外人も同じで罪が重い」と彼らは言います。そして、「浜崎さんは相変わらず罪が重い。」
と言うのです。

私は、「浜崎さんはパクリ」と言う人たちを減らしたいのです。安易に似ている曲を載せても、
「外人も悪い」となり、これではだめだと思ったのです。

そのため、浜崎さんアンチのように、あげつらいたくありません。あげつらえば、苛めている
人と同じになってしまいます。

STING、ボブ・マーレー、イーグルス、ストーンズは有名で尊敬を集めているアーティス
トです。気になる方は、youtubeで聴いてみてください。どのバンドもわたしが大好きなバン
ドです。そして、今も尊敬しています。


so (sting139)
2011-09-12 20:45:09
レディー・ガガはquenn の名曲「レディオ・ガガ」に似ているのに、言われたくないです。マドンナにも元ネタがあるのに、言われたくないです。
マネは外人にもあります。 (sting139)
2011-09-13 15:37:30
アイデア、語句の真似は、洋楽や本にもありますよね。U2(世界的に人気がある、アイルランドのロックバンド)の世界的にヒットした曲「With or whiout you」という曲。ヒューマンリーグのこれもまた大ヒットした曲「Don't you want baby」という曲の詩に出てくるんですよね。「with or without you」ってそのまんま。でも、誰もパクリって言いませんよね。
このことはどう思いますか?

それから本。卒論や学界の論文以外、正確な引用元を書かない場合が多いですよね。アイデアのものまねは多いですよね。このことはどう思いますか?卒論、学会の論文レベルの本って、ほとんどないですよね。本の場合「参考文献」ですましている場合が多いですよね。

このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?

ベストセラーが生まれると、似たタイトルの本がどんどん出ますよね。でも、「真似」と言われても、パクリと言われることは少ないですよね。

このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?

それから、音楽の曲のタイトル。日本人は外人から引用している例がとても多いですよね。外人の曲のタイトルがカッコ良いから、そのままを使ってますよね。でも、リスナーは、パクリとは思わない場合が多いし、ネットであまり言われません。

このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?

外人の曲そのままではなく、似ている場合、ありますよね。

このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
このことをどう思いますか?
続き (sting139)
2011-09-17 04:58:20
ジョージ・マイケル「Faith」→マイケル・ジャクソン「Keep the faith」

ビリー・ホリデイ「yesterdays」→ポール・マッカートニー「yesterday」

フィル・コリンズ「One more chance」→ジョージ・マイケル「One more try」

POLICE「invisibele sun」→ジェネシス「invisible touch」

POLICE「見つめていたい」(邦題)→フィル・コリンズ「見つめて
欲しい」(邦題)

POLICE「ロクサーヌ」→「愛しのロクサーヌ」(映画の邦題)

シンディーローパー「True Colors」ーマドンナ「true blue」

トーキングヘッズ「rediohead」(曲名)→「rediohead」(イギリスのバンド名)

ニルヴァーナ「lithium」→STING「lithium snset」

ボン・ジョビ「Living on a prayer」→マドンナ「Like a prayer」





POLICE「Every breath you take」→フィル・コリンズ「When I sta
nding taking every breath with you」

どう思いますか?

訂正 (sting139)
2011-09-17 05:00:31
POLICE「invisibele sun」

→「invisible sun」
増やしました。 (sting139)
2011-09-17 22:42:11
①トーキングヘッズ「radiohead」(曲名)→「radiohead」(イギリスのバンド名)
②ニルヴァーナ「lithium」→STING「lithium sunset」
④ビリー・ホリデイ「yesterdays」→ポール・マッカートニー「yesterday」
④ガーシュイン「someone to watch over me」の詩「Love is blind」→
デビッド・カバーデイル→Alicia keys→Eve→その他多数
※Youtubeで「Love is blind」を検索して調べてください。
④グレートフルデッド「tennessee jed」→アレスティッドデベロップメント
「tennessee」
④doors「Rock is dead」→レニー・クラヴィッツ「Rock and roll is dead」
doors「Rock is dead」→マリリンマンソン「Rock is dead」
※Youtube で「Rock and roll is dead」を調べてみてください。他にも
あります。
④フォリナー「I don't want to live without you」→マイケル・ボルトン「how am
I suppose to 「live with out you」」→マライア・キャリー「Without you」
※「without you」は他にもあります。Youtubeで検索してください。
④モトリー・クルー「Girls girls girls」→ビースティーボーイズ「Girls」
⑤ジョージ・マイケル「Faith」→マイケル・ジャクソン「Keep the faith」
⑥フィル・コリンズ「One more night」→ジョージ・マイケル「One more try」
⑦POLICE「invisible sun」→ジェネシス「invisible touch」
⑧POLICE「見つめていたい」(邦題)→フィル・コリンズ「見つめて
欲しい」(邦題)
⑨POLICE「ロクサーヌ」→「愛しのロクサーヌ」(映画の邦題)
⑩シンディーローパー「True Colors」ーマドンナ「true blue」
⑫ボン・ジョビ「Living on a prayer」→マドンナ「Like a prayer」
⑬ポール・ボールズ(作家)「shelteling sky」(小説のタイトル)→
POLICE「Tea in the sahara」の詩に「beneath shelterling sky」
⑭スティング→ガム(お菓子)の商品名
⑮スティング→プロレスラーのリングネーム
⑮クイーン「Crazy little thing called love」の詩「she drives me carazy」
→ファインヤングカーニバルズ「She drives me crazy」(曲のタイトル及び詩)
⑮チップ・ テイラー「wild thing」→トーン・ロック「wild thing」(曲のタイト
ル及び詩)→「wild things」アメリカのサスペンス映画のタイトル
⑮STING「Sooner or later」→マドンナの「Sooner or later」
⑮POLICE「Every breath you take」→フィル・コリンズ「When I sta
nding taking every breath with you」(「見つめて欲しい」の詩の一節)
⑮メタリカ「One」→U2「One」
⑮フィル・コリンズの「don't lose my number」→ミリ・バニリ「Baby Don't
Forget My Number 」・・・「ぼくの電話番号を忘れるな」
⑮ボブ・ディラン「Like a rolling stone」→バート・バカラック「something big」
の詩に登場。ローリング・ストーンズという偉大なバンドからでしょうか。
④スティーブ・ウィンウッド「roll with it」→オアシスの「roll with it」
(間違いなく著作権をスティーブ・ウィンウッドにオアシスは支払っています。
法律の問題をオアシスはクリアしています。故にパクリではありません。許可
を得ています。)
お手数をおかけします。 (sting19)
2014-05-01 10:23:20
sting139です。あゆさんのファンですが、力不足でした。そうであるため、投稿を削除してください。お手数をおかけします。もう来ません。m(___)m
謝罪をします。 (sting139)
2015-06-10 03:14:22
管理人様。わたしの投稿をなぜ削除してくださらないのでしょうか?あゆさんを応援するには、私では力不足です。イギリス、アメリカ合衆国の歌詞の類似を載せましたが、いくつかは、こじつけでした。また、いくつかは、明らかに類似しています。いずれにしろ、あゆさんを応援するには、力不足でした。管理人様。ダブルで貰おうとせずに、私の投稿を削除してください。音楽の類似を指摘する作文も削除してください。お願いですから、ダブルで持っていかないでください。お暇な折で結構です。お返事を待っていますね。
削除のお願い。 (sting139)
2015-06-10 05:31:17
管理人様。sting139 です。なぜ、お返事を頂けないのですか?管理人様は、アーティストのパクリを許さない立場ですね。わたしの場合は、芸術家の作品は、真似、類似にどうしてもなってしまう、という立場です。日米英のポップスでは、そのことは顕著です。私の立場はともかく、私の投稿を削除してくださらないのはなぜですか?

あゆさんを、管理人さんは、批判したい。ついでに、わたしの投稿で、外国人を笑いものにしたい・・・。そんなダブルの効果を狙っているのではないですか?

音楽の詩の類似、真似は当たっているものがいくつかあります。一方で、少し無理があるものもあります。ただ、当たっているものは、やはりあって、とにかく、削除をお願いします。

おい、隠れていないで、出てきてください。そして、私の投稿を削除してください。

コメントを投稿

浜崎あゆみ」カテゴリの最新記事