家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

伊勢原市 台風の後BSが映らなくなった

2018-10-20 18:17:49 | アンテナ工事 厚木・伊勢原

去年BS110CSが映らなくなったお客様より、台風の後再びBS110CSが映らなくなってしまったとご連絡頂き
お伺いしてきました。

 

ご連絡頂きありがとうございます。

 

前回は同軸の接触不良でしたが、それ以外のところには手を加えていません。

見た感じ特に問題があるようにも思えませんが・・・

 

BS110CSアンテナが台風の強烈な風を受けて、屋根馬がずれてしまったようです。

 

ずれた状態だと受信できていませんが・・・

 

元の位置に戻すと大丈夫そうです。

 

しっかり向きを直しました。

 

 

UHFアンテナの同軸がだいぶ垂れ下がってしまっているので、手が届く範囲でビニテを巻いておきます。

これ以上は、一旦倒すか脚立でも使わないと無理ですね。

 

支線を増やす方法もご提案しましたが、最低限の処置でとのことでしたので、足元にコーキング材を
乗せるところまでに留めておきました。

 

見た目的には特に変わっておりませんが、これで無事復旧となりました。

 

 湘南平が目視できる立地ですので、立て替えするならマストは半分の長さでよいと思います。

 

ご依頼ありがとうございました。

コメント

茅ヶ崎市にて 地デジが映らなくなった&BS追加工事

2018-10-19 23:06:44 | アンテナ工事:茅ヶ崎・寒川

数年前から地デジの映りがおかしくなることがあり、台風の後暫くしたら全く映らなくなってしまったそうです。

 

ホームページからご依頼いただきました。

 

ありがとうございます。

 

今回地デジの受信不調を直すついでに、BSアンテナの追加もご依頼いただきました。

リビングのみで見られれば良いとのお話ですが、単独配線すると露出配線が目立ってしまい見栄えが悪くなります。 

 

BSの配線方法も考えつつ、まずは地デジのほうを調べてみます。

 

テレビ端子のところとブースターの電源部には異常がなかったので、アンテナのほうに原因がありそうです。

今は全く映りませんが、風が吹くと映り具合が変わっていたそうです。

 

アンテナに近づいてみましたが、ブースターの出力に繋がっている同軸が固定されずに垂れ下がっています。

これだと接栓部分に負荷がかかっているだろうなと手をかけてみると・・・

 

何の抵抗も無く取れました。。。

防水キャップの中で接続が外れていたんですね。

試しに繋いだら地デジは復旧しました。

 

BSのほうは既存配線に混合させるということになりましたので、どうせここは手を入れなおす必要があります。

ということで今回はBS追加工事が主な作業となりました。

 

BSアンテナは屋根上の破風板に壁面金具を使って取り付けます。

いつか地デジのアンテナの更新のときが来たら、ここに抱かせられるように頑丈に取り付けておきます。

 

BSアンテナは当店の倉庫にあった中古品です。

仮設用にと思って取ってあったものですが、使わずに仕舞いっぱなしだったので使わせていただきました。

もちろんお客様ご承諾の上でです。。。

 

 

中古といってもちゃんと動作確認は済ませてあります。

 

塩害に備えて錆止めを塗布しておきました。

 

これで完成です。

 

引き込みの同軸の被覆の劣化が始まっていたので、ビニテを保護とお化粧を兼ねて巻いておきました。

 

壁と色味を合わせたので目立ちにくくなったかと思います。

 

BSは一部屋だけで映れば良いので、地デジと混合させるだけでBSブースターは入れませんでした。

UHFブースターの電源部からBSアンテナにも電源を供給させます。

 

浴室の天井裏にこのようなものを仕込みまして、5分配器を通さずにリビングにBSを伝送します。

 

テレビとレコーダーの配線も組み替えて、視聴確認を済ませて完了となりました。

 

今までよりも見られるチャンネル数が増えましたし、地デジの受信不調も無事に直りました。

 

今日から快適なテレビライフをお過ごしください。^^

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント

藤沢市大鋸にて 地デジアンテナ立て替え工事

2018-10-18 21:47:13 | アンテナ工事:藤沢市

台風の後、地デジの映りがおかしくなったとご連絡いただき、藤沢市大鋸にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

こちらもだいぶお待たせしてしまいました。

申し訳ありませんでした。

 

詳しくお聞きすると、以前から風が強い日などは映りが悪いことがあったそうです。

穏やかな日は大丈夫だったりするとの事で、それらを元に不具合箇所を探してみます。

 

アナログのVHFアンテナが付いているので、軽く10年以上は経過していますね。

同軸がだらりと垂れ下がっているのが気になります。

 

補助支線がきちんと張れていませんが、とりあえずそれはスルーします。

 

やっぱり同軸の付け根が気になります。。

混合器の出力で測ってみることにします。

 

それほど悪くない数値です。

テレビ端子までは15dBμ位の減衰があるようでした。

この状態のままUHFアンテナからの同軸を揺さぶってみると・・・

 

一気に悪くなりましたね。

強風時に映りが悪い原因が分かりました。

 

地デジのアンテナを交換するにあたり、できればデザインアンテナをとお聞きしておりましたが、
屋根よりも低い位置だと受信感度が非常に落ち込みます。

屋根裏は点検口がないので入ることが出来ず・・・。

 

色々ご相談させていただき、既存と同じように屋根上に立てさせていただく事になりました。

ただし高さは半分になり支線の数は倍に増やしますので、風に対する強さはかなり増えるんじゃないかなと思います。

 

潮風が届くとの事で、塩害で金具がかなり腐食しています。

 

キャップの隙間から潮風が入り込んで悪さをしたんでしょうか。。

 

見ても良く分かりませんが。^^

 

 

新しいアンテナを立て始めます。

アンテナの金具のところには亜鉛メッキ系の錆止めを塗っておいたので、腐食が始まるまでの時間は
数年くらいは稼げているかなと。

 

湘南平波受信です。

大体65dBμ程の入力があり、減衰が15dBということを考えるとブースターは不要です。

 

引き込みの同軸の表面が劣化し始めていたので、黒色のビニテを巻いておきます。

 

雨樋の外側から立ち上がっているのが気になったので・・・

 

内側に通しなおしました。

ただの自己満足です。

 

つなぎ目にはしっかりと防水処理をしておきます。

 

 

これで完成です。

支線が1本切れたとしても倒れないです。

 

 

 1階のテレビ端子で問題なく安定受信できていることを確認して完了となりました。

 

これで今日からストレス無くテレビをお楽しみいただけるようになりました。

 

このほか照明器具用の引掛けシーリングの取り付けも承り、エアコン用のコンセントの増設工事をするなら
こうしたらどうでしょう的なアドバイスもさせて頂きました。

洗面所の天井に点検口を作るのが一番現実的と思いました。

屋外は配管に入れて露出で2階に立ち上げる感じですね。

 

 

また何かお役に立てるようなことがありましたらよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

コメント

横浜市青葉区 台風で倒壊したアンテナを撤去して 地デジアンテナ工事

2018-10-16 19:55:43 | アンテナ工事 青葉区 緑区

ホームページからご依頼頂き、横浜市青葉区にアンテナ工事にお伺いしてきました。

ご依頼ありがとうございます。

 

10月1日の台風でアンテナが倒れてしまったとご連絡いただいておりましたが、
スケジュールが混乱していたために今日までお待ちいただいておりました。

お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

 

ご挨拶の後、ベランダから屋根上に上がって現状を確認します。

 

大き目のアンテナが倒れていました。

パラスタックアンテナは、地デジ化のときにお客様が取り付けされたそうです。

1階のリビングまで単独配線されていました。

 

全体的に傷んでいますし、ロケーションを考えるとパラスタックアンテナはちょっと大きすぎです。

その旨をご説明し、全て交換させて頂く事になりました。

 

支線は新たに取り直します。

鏡を見ながら下穴を空けて、ステンのビスを打ってステーを取ります。

 

 4方向からの支線をとって、アンテナを準備して今から立てていきます。

 

スカイツリー波受信にします。

単独配線なのでこれ位の入力があれば大丈夫でしょう。

 

キー局も良好受信です。

 

鶴川局も受信可で、スカイツリー波よりも強めに入ってきます。

キー局とMXの事だけ考えれば鶴川局波受信のほうがいいのですが、そうするとTVKが受信不可に・・・。

スカイツリー波が不安定なわけではないので、鶴川局波は受信障害が出たときに選択すればいいと思います。

そのときにTVKもということでしたら、ブースターを付けてUU混合となるかと思います。

 

 

これで完成です。

今までに比べたらかなりスッキリさせられたので、風には強くなったでしょう。

 

白色系の同軸は屋根上の部分が劣化していたので、傷んでいない軒下のところまで取り替えました。

現在は単独配線ですが、もし他の部屋でも見ることになった際はここで分配すればいいでしょう。

 

テレビ裏の配線が複雑でしたが、10dB弱の減衰でテレビの入力端子に入りました。

受信チェックを済ませて作業完了です。

 

 

倒壊していたアンテナを細かく分解して、コストコの袋につめて持ち帰りました。

この袋、丈夫なので重宝しています。^^

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

ご新居のアンテナ工事にお伺いしてきました。 海老名市

2018-10-15 21:15:35 | アンテナ工事 座間 海老名 綾瀬

ご新居のアンテナ工事をご依頼頂き、海老名市にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

デザインアンテナの設置をご希望いただいておりましたが、立地的に隣家の陰になるので難しく、

屋根裏での受信具合を見てみたものの、「現在はなんとか受信できるけれど・・・」という微妙な数値でした。。

 

受信不調に陥るリスクのことなど、メリットとデメリットについてお話させていただき、
ご検討頂いた結果通常の屋根上への設置を承りました。

 

屋根馬と支線を使って立てていきます。

現在魚の骨型のアンテナと屋根馬が不足しているようで、発注してもなかなか入荷してこない状況です。

 

 

スカイツリー波ではフジテレビの受信具合が一番良く、日テレが一番弱い感度でした。

 

ランドマークタワー波も入ります。

電波がスカイツリー波よりも弱いので、こちらは受信不調時の保険として取っておきます。^^

 

屋根材が柔らかいアスファルトシングル材なので、足元にはゴムを敷いておきます。

ゴムを敷かなくても不具合が起きることはないでしょうし、受信具合にも影響はありません。

 

同軸はクリップとコーキング材を使って板金部分に留めておきました。

 

 

引き込みのところまでの同軸も、目立たないように壁と同じ色味のビニテを巻いておきます。

 

こんな感じです。

離れて見ると結構目立たなくなり、お客様にも喜んでいただけたようです。^^

 

これでアンテナが完成しました。

 

お部屋に入ってテレビ端子で確認してみます。

ブースター無しでもとりあえず映りますが・・・

レコーダーを繋ぐと映らなくなるかもしれませんし、接続する同軸ケーブルの接触がちょっと悪くても
映らなくなるかもしれません。

 

「映らなくなってからバタバタするのは面倒」とのことで、分配器手前にブースターを付けさせていただきました。

 

これで十分余裕が作れました。

受信不調時にランドマークタワー波に乗り換えても大丈夫です。

 

これでお引越し後すぐにテレビをお楽しみいただけるようになりました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント