家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

大和市中央にて 地デジが映らなくなった原因探しから立て替え工事

2018-11-26 19:30:33 | アンテナ工事:大和市

アンテナ工事のご依頼を頂き大和市にお伺いしてきました。

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

屋根上にアンテナが立っていますが、現在は映らなくなってしまっているそうです。

アンテナ自体もだいぶ古くなっているので、この際立替もご希望いただいています。

 

ただいきなり古いアンテナを撤去してしまうと、映らなくなっている原因が不明なままになりますね。

もし配線系統の不具合だったとすると、アンテナを交換しただけでは直ってくれません。

 

なのでまずは問題がある箇所を探すことにしました。

 

お部屋に置いてあるブースターの電源部の電源出力は問題ないようです。

 

屋根上のブースターまでは電気がきています。

アンテナ本体も受信していました。

 

ということで映らない原因はブースター(増幅部)の故障と見て間違いないでしょう。

最近ブロックノイズがたまに発生していたそうですが、それもブースターの不調に起因するものと思われます。

 

では長い間頑張ってくれたアンテナを降ろしていきます。

 

手が滑って落としたらバックドアのガラスが粉々になる案件です。。。

 

支線をとるステーアンカーを打っていきます。

既存のも状態が良かったのですが、それは下段用に使うことにして、肝になる上段用は新たに打ちます。

 

アンテナ本体と支線の準備が整いました。

 

上下2段、8本支線仕様です。

 

ブースターを付けて調整します。

屋内は3C2Vで配線されているので、減衰が多いと予想して強めに出しています。

 

 

地上からだと良く見えませんが、雑な感じにならないようにまとめておきます。

 

ブースターの蓋を閉めたかどうか後で不安になることが多いです。

こうして写真を撮っておけば安心^^

 

同軸を伝って雨水が落ちないように、雨樋の上でトラップを。

支線に伝った雨水が落ちるのはある意味仕方ないです。

 

引き込みの3C2Vの同軸ケーブルとは雨が当たらない軒下で繋ぎました。

もし2階の屋根裏に分配器があるのなら、そこまで引き換えるのが理想です。

今回はそこまでしなくても良いとのお話でしたので、交換するとしたら屋内配線に不具合が出てからで良いでしょう。

 

これで完成です。

支線のバランスの関係で、立てる位置は少しずらしました。

 

最後にテレビ端子で確認しています。

ブースターの出力からはおおよそ25dBほど弱くなっていましたが、マージンが十分取れているので問題ありません。

これで今日からまたテレビがお楽しみいただけるようにナ路ました。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ご新居にデザインアンテナ取... | トップ | トイレの換気扇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事:大和市」カテゴリの最新記事