家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。アンテナ工事 エアコン工事 電気工事                     

BS受信不調の直しからアンテナ立て替えへ

2016-07-31 21:15:28 | アンテナ工事:茅ヶ崎・寒川

 BSが受信できなくなってしまったとのことで、改善をご希望頂きお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼有り難うございます。

 

こちらは茅ヶ崎の海に近いエリアですので、同軸の接続部に潮風が悪さをしたのでしょうか。。。

 

テレビ端子で確認するとBSのレベルがゼロ。

ブースターが雑音製造器になってしまったとしても、雑音のレベルが出てくるはず。

なのでBSアンテナからブースターまでの間の同軸ケーブルが、接触不良しているだろうと仮説を立てました。

 

2階のベランダに5mの梯子を持ち込んで屋根上に上がります。

 

みたところ異常は感じらせません。

 

コンバーター部のキャップも外れていませんが、中はどうでしょう。

 

異常はありませんでした。。。

 

ここも気になりますが、ここが駄目なら地デジも映らなくなるので除外します。

 

 となると同軸の途中が断線しているとか?

 

断線していませんでした。

BSが受信できなくなった理由は、「ブースターのBS系統の故障」という事ですね。

 

さてBSが映るようにするにはブースターを交換すればOKですが・・・

 

マストが腐食しています。。。><

 

 ここも同じように。

一見するとステンレス管なのですが、スチール管の表面にステンの板を巻き付けたタイプなんですね。

 

このアンテナを立てた業者さんが気を使ってこのポールをチョイスしたんだろうと思いますが、
先端に蓋をしておかないと中から腐食してしまうんです。。。

 

今回BSの受信不調のみの改善に留めるか、それともBSアンテナ以外を交換してしまうかをお考え頂き、
いずれ交換しなければならず普段点検もできないということで、立て替えということで進めさせていただくこととなりました。 

 

 

 まずは既存のアンテナを降ろします。

UHFアンテナを外すときの少しの衝撃で、腐食しているところが完全に穴が開いてしまいました。。。

 

新しいアンテナを組んで屋根上に上がります。

MXが受信できるならスカイツリーに向けようと思ったのですが・・・

残念ながらMXは受信できず。

ほかのキー局も湘南平波との混信でエラーが出始めます。

 

湘南平波に受信障害が出ているのなら向ける価値がある程度なので、綺麗に受信できる湘南平波を狙ったほうが
正解でしょう。 

 

マストの先端はエフコテープ1号で蓋をして、金具類には亜鉛メッキ系の塗料を塗布しておきました。

マストの内部からの腐食はかなり遅らせられると思います。

 

 

上段の支線だけで立てたら向きを合わせておきます。

 

先ほど外しておいたBSアンテナを取りに降ります。

青空が広がったり灰色の雲が現れたり・・・

 

雨の予感がしますが急がず進めていきます。

 

コンバーターの接続部は、念のため防水タイプの接栓を使用しました。

 

引き込みから来ている同軸の接続も同じ接栓で。

ここはブチルテープとエフコ2号でしっかり防水処理をしてあります。

 

ジョイント部が引っ張られないようにループを作っておきました。

 

BSアンテナの金具には錆ひとつないのが素敵です。^^

 

これで完成です。

 

 電源器を交換し、分配器の空き端子でチェックしました。

地デジ・BS110CS共に安定受信にて完了です。

 

宅内での確認作業中、外は土砂降りの雨が降り出していました。

片付けが出来なくてちょっと困ってしまいましたが、屋根上の作業が終わっていたのは幸運でした。^^

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 藤沢市にてUBSアンテナ工事 | トップ | 中古の家を購入したらテレビ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事:茅ヶ崎・寒川」カテゴリの最新記事