家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

藤沢市辻堂にて 屋根裏アンテナ工事

2017-02-12 22:48:26 | 地デジアンテナ屋根裏設置

ホームページからのご依頼で、藤沢市辻堂にアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼ありがとうございます。

 

数ヶ月前にCATVを解約されて、それ以降テレビが映らない環境だったそうです。

 

デザインアンテナならベランダに設置可能で、配線接続も非常に簡単だったのですが・・・

このエリアではよくあるケースですが、辻堂駅周辺の高層の建物に湘南平波が遮断されているため、
ベランダには設置不可でした。

 

スカイツリー波なら受信できるのですが、屋外でそちらの面に取り付けるのは現実的に無理があるため、
屋根裏に設置することになりました。

 

さてアンテナを屋根裏に付けるのは技術的には何の障害も無いのですが・・・

 

どうやって屋外の引込み線、または分配器の入力に繫ぐかが一番の課題となりました。

 

建物の構造と立地環境により、屋外の引き込みに繫ぐことはほぼ不可能。

 

なので3階のお部屋にあるテレビ端子に来ている同軸を使って分配器まで送る方法にしました。

 

お部屋の中を同軸が転がりますが、ベットの下になるのでOKを頂きました。

 

立ち上がりの部分だけ壁裏を通します。

 

 屋根裏から壁の間に落とすのに、電線が通っている穴を使うことにしましたが・・・

 

この穴から鎖を落としてみても、どうしても壁の裏に落ちていってくれず・・・

 

通線用の穴をあける必要があるんですが、梁があってドリルが真っ直ぐに入ってくれないので、
錐の長さを段階的に長くしたり、アダプターを使ったりして・・・ 

 

 ようやく壁裏に鎖が落ちてくれて・・・

 

同軸を通すのに成功しました。

いやぁ、ここまで長かったです。^^

 

 

 室内側はこんな風にプレートで処理しました。

 

このお部屋のテレビ端子は使用しないということなので、直接同軸と結びました。

(順番としては、この作業は実際はアンテナが付いた後です)

 

さて配線の目処が立ったのでアンテナを付ける準備をします。

 

 マストは曲げ加工して使います。

このほうが位置決めのときに融通が利くからです。

 

マストの長さは現場あわせで短くして・・・

 

 

このように取り付けました。

 

先端をここに突っ込まないと感度が落ちます。

外壁が電波を遮断するのかもしれないですね。

 

少しだけ仰角を付けてあります。

 

 ブースターは浴室の天井裏に有ったCATV用を移設して使います。

 

3分配器もCATV会社が残していったものを流用しました。

テレビ端子は4箇所ですが、3階の1箇所を潰したので3分配器でOKとなりました。

 

今回のメインの作業は壁裏配線だったような気がします。^^

 

無事にテレビを映すことができてほっとしました。

 

レコーダーのコンセントを抜くと。地デジの信号が遮断されてテレビが映らなくなるのでお気をつけくださいね。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 相模原市緑区 地デジアンテ... | トップ | 町田市にて UBS110CSアンテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地デジアンテナ屋根裏設置」カテゴリの最新記事