家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

カイト型アンテナ移設と分配配線工事

2016-10-11 00:16:12 | アンテナ工事

テレビが映らなくなってしまったとのご連絡でお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼有り難うございます。

 

鉄筋コンクリート造の建物で、テレビ端子がないお部屋用にカイト型のアンテナをお使いでした。 

 

ブースター内蔵のモデルで、お部屋に引き込むときに使ってある隙間ケーブルの断線が映らない原因でした。

今回のご依頼はこの映らなくなってしまったことの修理のほかに、もう一部屋でもテレビを見られるようにという
ご希望も頂いています。

 

詳細は割愛しますが、受信状況や配線経路などを含めて色々と考えた結果、アンテナ移設&2部屋配線工事と
なりました。

アンテナは移設しなくても在京キー局は安定して受信できていますが、MXが偶々映っている程度のレベルしかありません。

もしかしたら2分配することで映らなくなってしまうことも考えられました。

MXの視聴を重視なさっていると言うことですので、安定して受信できる位置への移設を提案させて頂いた次第です。

 

移設するといっても取付けできるところはかなり限定されます。 

 

軽いアンテナなのでこの金具を使おうと思います。

 

既存のベランダ金具を流用したら横向きになってしまいました。

当然このままじゃアンテナを付けることは出来ませんが・・・

 

持ってて良かったクロスマウント。

色々と持っているといろんなことができます。

 

アンテナを付けて向きを合わせておきます。

ブースター内蔵なので強めのレベルが出てくれています。

これだけ入れば2分配しても問題ないでしょう。

 

カイト型なので積雪時のレベル低下が心配ですが、その旨もご説明させて頂きました。

 

これでアンテナは完成です。

同軸は防水処理されている屋上では固定できないので、要所要所で変性シリコンでくっつけておくだけにしました。

 

玄関の真上はできるだけ目立ちにくいようにして・・・

 

ビスを打てない鉄骨のところはこんな風に固定しました。

2階の屋上から1階の部屋まで2系統の配線なので、それなりに時間が掛かっています。

 

昼食までご用意いただいてしまいまして、お気遣い頂き有り難うございました。^^

 

 

そんなこんなで配線も終わり、MXもTVKもキー局も無事に映るようになりました。

 

テレビ的にもOKのようです。

同軸ケーブルはエアコンの穴を使ってお部屋に引き込みましたので、もう断線してしまうことは無いと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地デジアンテナ壁面取付け工事 | トップ | 藤沢市辻堂新町  地デジア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事」カテゴリの最新記事