元気になあれ

治療終了後8年を経過、大学を卒業して社会人へ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10/17読売新聞[がん共生時代]小児がん(5)青年期でも同様の治療

2011-10-26 15:25:22 | 白血病・血液疾患 医療の情報
本日10月26日、書籍のことなど追記しましたのでUPします。

ブロ友chuさんより教えていただきました。ありがとうございます!
読売新聞に掲載されていた医療記事>医療ルネサンスからです。


一般に小児科で診る年齢(15歳未満)を超えても、小児患者向けの治療が適している場合がある。(以下記事は省略します)…リンクよりお読みください。
[がん共生時代]小児がん(5)青年期でも同様の治療

2000年代に入った頃から小児白血病(特にリンパ性)は青年期(高校生以上)患者さんの場合も小児プロトコルで治療をした方が効果が高いということがわかってきたようです。娘の治療を開始して、すぐには購入できませんでしたが、自分自身急性期の気持ちが落ち着いて向き合うことができるようになってきた3ヶ月くらいたった頃にいくつか本を購入しました。お医者さん達が読む治療ガイド(薄い冊子形式ですが、高いです)にも書かれていました。わたしが読んだ書名等は後で補記します。
*プロトコル 治療の薬投与の計画、スケジュールなどが決まっている手順のことです。


実際に娘より5ヶ月先輩患者さんにも高校生のお姉ちゃんが小児病棟に入院治療していて、病院生活の様々なノウハウも教えてもらいました。

(追記)2011年10月26日
この本に思春期後期(高校生以上)や大人でも25歳未満くらいまでは小児プロトコルが効果が高いということが書かれていました。近いうちにさらに改訂版が出てくるのではと思います。ロイナーゼが使えない場合の代替抗がん剤やネララビンの事などを2010年夏の「つばさ」講演会小児分科会で耳にしました。

「小児白血病・リンパ腫の診療ガイドライン〈2007年版〉」日本小児血液学会(編集)2,415円 金原出版

他、わたしが以前書いた記事に他 参考になった本を書いています。
この記事↓
参考になった本(白血病治療)


その他、小児白血病プロトコル情報が癌治療学会のサイトに掲載されています。
http://www.jsco-cpg.jp/item/08/index.html
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 10/24 明大が完全優勝 東京... | トップ | 10/26 飛び跳ねるひと、心配... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayo)
2011-10-19 16:55:47
リンク早速拝見しました。
目からうろこです~~
30歳までなら小児でできるなんて!
大人の治療と小児の治療では
やり方が違うこと、はじめて知りました。

1歳~の治療と
1歳前の治療が違うのは、病院でみてきましたが・・・

takayoさんへ (あっき)
2011-10-21 16:41:29
小児プロトコルの方が強い治療なんだそうです。

なかなか家でパソコンする時間がなくて…今日のブログも通勤電車にて。ちょっとゆっくりになりますが、わたしも読んだ本の事、補記しますね。

コメントを投稿

白血病・血液疾患 医療の情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事