元気になあれ

治療終了後8年を経過、大学を卒業して社会人へ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

跳び跳ねる女子高生と心配し過ぎな母

2013-03-15 16:48:14 | 徒然日記
2日間のハンドボール大会、上位には入れなかったらしいけれど、2日目のPK戦を熱く語っていました。シュート役だったかは、わからないけれど。



学年末試験の全貌はよくわからないけれど、よかった科目しか話さないから(^_^;) OC、英語の科目だそうで、おおおっクラストップな事をさらっと照れながら。夏から秋は全然話してくれなかったのですが、こちらも聞く事ができない状況だったので、娘も少しずつ落ち着いてきたのかもしれません。




今、心配しているのは、ときどき稀発月経になる事。外来では毎回女性ホルモンも検査しています。維持療法が終わってから定期的になり、まだ2年。大丈夫大丈夫。




たぶん、大きな病気をしていない女子高生の母ならば、娘の生理の事は気にしない、気にもとめない場合が多いのでしょうね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 花粉症か・ふ・ん(- -;) | トップ | 「人生のディナーを召し上が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然日記」カテゴリの最新記事