たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

15の春

2018年03月15日 | 日記
私の息子は大学入試に合格し、今日は私の弟の息子が高校入試に合格した。

しかも私の息子が先日卒業した高校。

弟は私の実家を継いでいて、同じ県内とはいえ車で二時間。

地元にも高校はいくつかあるのだが、今日受かった高校へ進学する道を選んだ甥。

4月からは親元を離れての生活になる。

パンションに住むようだが、まあ寮同然の所らしい。

にしても親元を巣立つ15歳の春。

15歳で、すごいなあ。

と、思ったが私だってその昔、高校は地元を離れて寮に入った。

入学式の日、寮の玄関で母と涙の別れをした。

知らない所で知らない人達ばかりで、心細くて寂しくて、寮は4人部屋だったから、ベッドで布団をかぶって声をころして泣いた。

そんな純粋な私の15歳の春。

ま、一週間ぐらいですぐ慣れちゃって、アハハアハハと笑ってばかりいる楽しい寮生活だったけど。

そう思うと子供は大人が考えてるよりずっとたくましいんだな。

きっと甥にとって、成長する充実した3年間になるだろう。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あこがれのロシア | トップ | ラクな仕事? »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事