たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

ソレは暑い部屋に残っていた

2018年07月30日 | 日記
姑は今ショートステイに入っている。

予想を上回る猛暑のこの夏、やはりショートステイに入れて良かった。

姑がショートステイに居るのは、7月20日から8月20日までの一ヶ月間の予定。

その間、介護保険認定と介護保険負担限度額認定が更新の時期になるので、今日は朝から姑が居る街に行ってきた。

市役所に行って限度額認定の更新の手続きをしたり、ショートステイで介護保険認定の審査に立ち会い、そのあと姑を病院に連れ出し認定のための診察を受けた。

こういうのって面倒なのだが、介護を受けるためには必ず毎年やらなければならないこと。

離れて暮らしていても姑には私がついているからいいが、身寄りがない年寄りは、こういう何かと面倒ないろいろは、どうやっているんだろう。


さて、今日は10日間留守になっている姑の家の様子も、私ひとりで見に入ってきた。

誰も居なかった姑の家、

なんか開けるのが怖い…

何か出てきたりして…

合鍵で開けて中に入る。

開けたとたん、モワ~ッと熱気。

姑の家は、築60年近い。

暑くて古くて汚いこの家から、何が出てきても不思議ではない。ましてや10日間も人が居ない状態なのだ。

おそるおそる中を歩いて行くと…

ギョッ…!

何かデカイ虫が5匹ほど床を跳び跳ねていた!

こ、これは…カマドウマ!別名、便○コオロギではないかっ!

人の気配に驚いたようでピョンピョン跳ねて逃げようとしていた。

えええい!逃がしてたまるかぁ!

シューーーー

と殺虫剤。

しかしなかなか効かない。

薬にというより、液体でベチャベチャに濡れて伸びた。

そのあと掃除機でいっきに吸い取ってやった!

よし!

あとは何か敵は居ないか!?

周りを見渡す嫁たかぽん。

・・・!

み、見たくない物を見てしまった嫁。

それは普段とっている宅配弁当。

宅配弁当は、ちゃんと食器に入って来る。

部屋にその宅配弁当が残されていた。

茶碗、お椀、おかず二種、いつも一つ一つに蓋がされてくる。

今、この嫁はその蓋を取るのが恐ろしいと思ったのであった。

どうぞ中身が空っぽでありますように…

まずは一個、蓋を取る…

シェーッ!!

カビカビがカピカピ!

次の一個、蓋を取る…!

ムハァ~←ニオイ

クサイーッ!クサイクサイクサイ!

次の一個も次の一個も姑が半分ぐらいしか食べてなく、どの器の中も得体の知れない物体と化して、悪臭を放っていた。

オエーッ!オエーッ

何度も吐きそうになりながら宅配弁当の器を洗う嫁。しかもゴム手袋がなかったので素手で。


そして戦いは終わった。


便○コオロギと、得体の知れない状況になった器との戦いは終わったのであった。



















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« そのとおりなんだよモリムラさん | トップ | 愛と誠 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事