たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

おばおばおばちゃん

2019年01月09日 | 日記
69歳の新しい職員は、結局一日で辞めたそうだ。

確かに70近い年齢には厳しい仕事かもしれない。

悩みながらズルズル続けるよりは、たとえたった一日でも、スパッと辞めた方が良いと思う。


しかし、今日からまた新しい人が来た。

朝、出勤したら社長が言ってきた。

「今日、お試しの職場体験で、二時間だけ来る人がいますので、たかぽんさん、いろいろ仕事を教えてください」

新しい人?

まさか、ヒロキの望む若い女では!?

「おいくつぐらいの方ですか?」

「61歳だそうです」

YES!

頭の中で軽くガッツポーズ。

「わかりました」


そうして61歳のおばちゃんはやって来た。

とても感じの良い優しそうなおばちゃんだった。

社長がそのおばちゃんに私を紹介した。

「こちらベテランさんですから、何でも聞いて下さい」

ベテランさん…

そんな風に紹介してもらうなんて、何だかありがたい。

でもベテランさんは今度こそ本当にここを去るのです。

その代わりにアナタ様が来たのです。

なんて余計な話を言うわけはなく、いろいろとできるだけ丁寧にここでの仕事を説明させていただいた。

子ども達と早く仲良く打ち解けてもらうために、今日来てる子達に自己紹介をさせた。

新しいおばちゃん職員は、一生懸命名前を覚えていた。

真面目そうな方だ。

きっと大丈夫だ。


ま、大丈夫じゃないのはヒロキのガッカリした気持ちだろう。

オホホホ。若い女じゃなくて残念でしたー。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« らんらんランチ | トップ | 指導員も人間 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事