たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

少し休もう

2018年06月11日 | 日記
「辞めます」と言うんだ。今日言うんだ。じゃなきゃそろそろ7月のシフトができてしまう。

と思って職場に着いて事務所に向かった。

中に入ると相変わらず副社長はごろ寝。

給料泥棒とはこの男のことを言うんだな。

それはそうと今日このタイミングで、社長は電話中。

社長、副社長、の次の位置付けに居るもう一人の上司Mさんはパソコンに向かって仕事中。

なんかまた言いそびれそうな雰囲気。

早く電話終われ社長。


するとMさんが私に言った。

「たかぽんさん、今日は4時半になったら、いったん私の車でトモちゃんの送迎の添乗お願いします」

「あ、はい、わかりました」

それはいいんだけど電話はまだか社長。

ああ!そのうち玄関の方から物音がして、利用者の子供達が帰ってきてしまった。

(また言えなかった…)

しょうがないので事務所を出て子供達を出迎えた。

そしていつものように仕事。
そしていつものようにダラけたヒロキ。

いいよねヒロキ。そんな適当な仕事態度で正職員なんだから。

ユウさんもユウさんだ。

前はそんなじゃなかったよ。ヒロキの影響かな。

ユウさんの方がヒロキよりずっと先輩なのに、いつもヒロキに威張られイジられ、

ユウさんはユウさんなりに気苦労はしてるんだろうけど、

なんだか少し似てきたよね。

まあいい。

私は夏のうちにここを去るから。

みんな適当にやればいいんだ。

私は知らない。

言わなきゃ言わなきゃ。

辞めますって言わなきゃ。


そして、上司Mさんと一緒に重度の身体障害があるトモちゃんを家に送った帰り、車の中でついに言った!

社長になかなか言うタイミングがなかったのでMさんに言った!

辞めます!…じゃなく、「少し休みたい」と。

あれ?

自分でも予定外のニュアンスで言ってしまった。

「辞める」という言葉を言う勇気が急に無くなって、「少し休みたいです」と、言ってしまった。

Mさんは私にこう言った。

「なんかたかぽんさん、最近疲れてる顔してましたものね」

さすがMさん。気づいてくれてたんだ。

ごろ寝男とはぜんぜん違う。

「しばらくの間、たかぽんさんとセキトリさんと森村さんの3人で出勤日を均等にしましょう。社長には言っておきますね」


はい。

なんとなく微妙だけど。


帰ってからそのことを知ったヒロキが言った。

「セキトリさんが来る日が増えるんだ。俺らが大変だな」


ああそうさヒロキよ、少しは大変な思いをしろ。


来月から当分、私の勤務日が少しだけになる。

なんか微妙だな。

これで良かったんだろうか。


いや、良かったんだ。

あまり考えないようにしよう。


その分、もっと姑のことができる。

何より少し自分がゆっくり休める。

あっちもこっちも痛いし、気持ちもいろいろストレスでいっぱいだった。

夏は少し休もう。

リフレッシュしてこれからのことを考えよう。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ほぉ、青春やないか | トップ | うちの社長 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事